DateTimeFormatInfo DateTimeFormatInfo DateTimeFormatInfo Constructor

定義

カルチャに依存しない (インバリアントな) DateTimeFormatInfo クラスの新しい書き込み可能インスタンスを初期化します。Initializes a new writable instance of the DateTimeFormatInfo class that is culture-independent (invariant).

public:
 DateTimeFormatInfo();
public DateTimeFormatInfo ();
Public Sub New ()

注釈

このコンス トラクターを作成、DateTimeFormatInfoインバリアント カルチャの日付と時刻の情報を表すオブジェクト。This constructor creates a DateTimeFormatInfo object that represents the date and time information of the invariant culture. 作成する、DateTimeFormatInfo特定カルチャのオブジェクトを作成、CultureInfoカルチャ オブジェクトを取得、DateTimeFormatInfoによって返されるオブジェクトのCultureInfo.DateTimeFormatプロパティ。To create a DateTimeFormatInfo object for a specific culture, create a CultureInfo object for that culture and retrieve the DateTimeFormatInfo object returned by its CultureInfo.DateTimeFormat property.

プロパティ、DateTimeFormatInfoこのコンス トラクターによって作成されたオブジェクトを変更できます。The properties of the DateTimeFormatInfo object created by this constructor can be modified. ただし、変更することはできません、Calendarプロパティ、インバリアント カルチャがグレゴリオ暦のローカライズされたバージョンのみをサポートしているためです。However, you cannot modify the Calendar property, because the invariant culture supports only a localized version of the Gregorian calendar. 作成する、DateTimeFormatInfo固有のカレンダーを使用するオブジェクトをインスタンス化する必要があります、CultureInfoをサポートするオブジェクトをカレンダーにカレンダーを割り当てる、Calendarのプロパティ、DateTimeFormatInfoによって返されるオブジェクト、CultureInfo.DateTimeFormatプロパティ.To create a DateTimeFormatInfo object that uses a specific calendar, you must instantiate a CultureInfo object that supports that calendar and assign the calendar to the Calendar property of the DateTimeFormatInfo object returned by the CultureInfo.DateTimeFormat property.

適用対象

こちらもご覧ください