DateTimeFormatInfo.AbbreviatedDayNames プロパティ

定義

曜日を表すカルチャ固有の省略名を格納している型 String の 1 次元配列を取得または設定します。

public:
 property cli::array <System::String ^> ^ AbbreviatedDayNames { cli::array <System::String ^> ^ get(); void set(cli::array <System::String ^> ^ value); };
public string[] AbbreviatedDayNames { get; set; }
member this.AbbreviatedDayNames : string[] with get, set
Public Property AbbreviatedDayNames As String()

プロパティ値

String[]

曜日を表すカルチャ固有の省略名を格納している型 String の 1 次元配列。 InvariantInfo の配列は、"Sun"、"Mon"、"Tue"、"Wed"、"Thu"、"Fri"、および "Sat" を格納します。

例外

プロパティが null に設定されています。

プロパティが、多次元配列または配列長が厳密に 7 ではない配列に設定されています。

このプロパティが設定されていますが、DateTimeFormatInfo オブジェクトは読み取り専用です。

次の例では、英語 (米国) カルチャを表す読み取り/書き込CultureInfoみオブジェクトを作成し、省略された日の名前をそのAbbreviatedDayNamesプロパティに割り当てます。 次に、 カスタム日時書式指定文字列 の "ddd" 書式指定子を使用して、2014 年 5 月 28 日から 1 週間の日付の文字列表現を表示します。

using System;
using System.Globalization;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      CultureInfo ci = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US");
      DateTimeFormatInfo dtfi = ci.DateTimeFormat;
      dtfi.AbbreviatedDayNames = new String[] { "Su", "M", "Tu", "W",
                                                "Th", "F", "Sa" };
      DateTime dat = new DateTime(2014, 5, 28);

      for (int ctr = 0; ctr <= 6; ctr++) {
         String output = String.Format(ci, "{0:ddd MMM dd, yyyy}", dat.AddDays(ctr));
         Console.WriteLine(output);
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       W May 28, 2014
//       Th May 29, 2014
//       F May 30, 2014
//       Sa May 31, 2014
//       Su Jun 01, 2014
//       M Jun 02, 2014
//       Tu Jun 03, 2014
Imports System.Globalization

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim ci As CultureInfo = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US")
      Dim dtfi As DateTimeFormatInfo = ci.DateTimeFormat
      dtfi.AbbreviatedDayNames = { "Su", "M", "Tu", "W", "Th",  
                                   "F", "Sa" }  
      Dim dat As Date = #05/28/2014#

      For ctr As Integer = 0 To 6 
         Dim output As String = String.Format(ci, "{0:ddd MMM dd, yyyy}", dat.AddDays(ctr))
         Console.WriteLine(output)
      Next 
   End Sub 
End Module 
' The example displays the following output:
'       W May 28, 2014
'       Th May 29, 2014
'       F May 30, 2014
'       Sa May 31, 2014
'       Su Jun 01, 2014
'       M Jun 02, 2014
'       Tu Jun 03, 2014

注釈

このプロパティを設定する場合、配列は 1 次元で、正確に 7 つの要素を持つ必要があります。 最初の要素 (インデックス 0 の要素) は、プロパティによって定義されたカレンダーの週の最初の曜日を Calendar 表します。

カスタム書式指定文字列に "ddd" 書式指定子が含まれている場合、 DateTime.ToString or ToString メソッドには、結果文字列の AbbreviatedDayNames "ddd" の代わりに配列の適切なメンバーが含まれます。

このプロパティは、プロパティの値が変更された場合に影響を Calendar 受けます。 選択した日 Calendar の省略名がサポートされていない場合、配列には完全な日の名前が含まれます。

適用対象

こちらもご覧ください