DigitShapes DigitShapes DigitShapes DigitShapes Enum

定義

カルチャ固有の数字の表示を指定します。Specifies the culture-specific display of digits.

public enum class DigitShapes
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public enum DigitShapes
type DigitShapes = 
Public Enum DigitShapes
継承
属性

フィールド

Context Context Context Context 0

数字形状は、同じ出力の以前のテキストに依存します。The digit shape depends on the previous text in the same output. ラテン語 (ヨーロッパ言語) のスクリプトの後はヨーロッパ言語の数字、アラビア語のテキストの後はアラブ インド数字、タイ語のテキストの後はタイ数字に置き換えられます。European digits follow Latin scripts; Arabic-Indic digits follow Arabic text; and Thai digits follow Thai text.

NativeNational NativeNational NativeNational NativeNational 2

数字形状は、0 ~ 9 の数字に相当するネイティブの数字です。The digit shape is the native equivalent of the digits from 0 through 9. 0 ~ 9 の ASCII 数字は同等のネイティブな国別の数字に置き換えられます。ASCII digits from 0 through 9 are replaced by equivalent native national digits.

None None None None 1

数字形状は変更されません。The digit shape is not changed. Unicode との完全な互換性が保持されます。Full Unicode compatibility is maintained.

注釈

DigitShapesを指定すると、数字の形状を Unicode 入力の代わりに使用したり、コンテキストに基づいて数字の形状を置き換えたり、ネイティブの national 数字の形状を入力に置き換えたりすることができます。A DigitShapes value specifies that no digit shape is substituted for the Unicode input, a digit shape is substituted based on context, or a native national digit shape is substituted for the input.

アラビア語、インド諸語、およびタイ語には、0 ~ 9 の数字 (Unicode U + 0030 ~ ~ U + 0039) とは異なる数値の古典の図形があります。これは、コンピューターで最も頻繁に使用されます。The Arabic, Indic, and Thai languages have classical shapes for numbers that are different from the digits 0 through 9 (Unicode U+0030 through U+0039), which are most often used on computers. アプリケーションでは、 DigitShapes DigitSubstitutionプロパティと共に列挙体を使用して、他の書式情報がない場合に u + 0030 ~ から u + 0039 までの数字を表示する方法を指定します。The application uses the DigitShapes enumeration with the DigitSubstitution property to specify how to display digits U+0030 through U+0039 in the absence of other formatting information.

列挙DigitShapes体は、主に双方向スクリプトを使用するカルチャを対象とするアプリケーションで使用されます。The DigitShapes enumeration is primarily used by applications intended for cultures that use bidirectional scripts. たとえば、アラビア語とインド語のスクリプトの読み取り順序は双方向です。For example, the reading order of Arabic and Indic scripts is bidirectional.

適用対象

こちらもご覧ください