TextInfo クラス

定義

大文字と小文字を区別するかどうかなど、書記体系に固有のテキストのプロパティと動作を定義します。Defines text properties and behaviors, such as casing, that are specific to a writing system.

public ref class TextInfo : ICloneable, System::Runtime::Serialization::IDeserializationCallback
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public class TextInfo : ICloneable, System.Runtime.Serialization.IDeserializationCallback
type TextInfo = class
    interface ICloneable
    interface IDeserializationCallback
Public Class TextInfo
Implements ICloneable, IDeserializationCallback
継承
TextInfo
属性
実装

注釈

書記体系とは、言語をテキストとして表すために必要なスクリプトと正の規則のコレクションです。A writing system is the collection of scripts and orthographic rules required to represent a language as text. クラスTextInfoは書記体系を表します。The TextInfo class represents a writing system.

アプリケーションでは、 CultureInfo.TextInfoプロパティを使用して、特定CultureInfoのオブジェクトのTextInfoオブジェクトを取得する必要があります。The application should use the CultureInfo.TextInfo property to obtain the TextInfo object for a particular CultureInfo object. セキュリティの決定が文字列比較または大文字と小文字の変更操作に依存する場合、 CultureInfo.TextInfoアプリケーションでは、 CultureInfo.InvariantCultureプロパティによって返されるオブジェクトのプロパティを使用して、操作の動作がに関係なく一貫していることを確認する必要があります。オペレーティングシステムのカルチャ設定。If a security decision depends on a string comparison or a case-change operation, the application should use the CultureInfo.TextInfo property of the object returned by the CultureInfo.InvariantCulture property to ensure that the behavior of the operation is consistent regardless of the operating system culture settings.

オーバーライドOverrides

ユーザーは、コントロールパネルの [地域と言語のオプション] の部分を使用して、Windows の現在のカルチャに関連付けられている値を上書きすることがあります。The user might use the regional and language options portion of Control Panel to override the values associated with the current culture of Windows. たとえば、ユーザーは、日付を別の形式で表示したり、カルチャに既定以外の通貨を使用したりすることができます。For example, the user might choose to display the date in a different format or to use a currency other than the default for the culture. true CultureInfo.DateTimeFormat CultureInfo.NumberFormatプロパティがに設定されている場合は、、、およびCultureInfo.TextInfoの各プロパティによって返されるオブジェクトのプロパティ値もユーザー設定から取得されます。 CultureInfo.UseUserOverrideIf the CultureInfo.UseUserOverride property is set to true, the property values of the objects returned by the CultureInfo.DateTimeFormat, CultureInfo.NumberFormat, and CultureInfo.TextInfo properties are also retrieved from the user settings. ユーザー設定がに関連付けらCultureInfoれているカルチャと互換性がない場合、たとえば、選択した暦がのいずれOptionalCalendarsでもない場合、メソッドの結果とプロパティの値は定義されません。If the user settings are incompatible with the culture associated with the CultureInfo, for example, if the selected calendar is not one of the OptionalCalendars, the results of the methods and the values of the properties are undefined.

プロパティ

ANSICodePage

現在の TextInfo が表す書記体系で使用する米国規格協会 (ANSI) コード ページを取得します。Gets the American National Standards Institute (ANSI) code page used by the writing system represented by the current TextInfo.

CultureName

現在の TextInfo オブジェクトに関連付けられたカルチャの名前を取得します。Gets the name of the culture associated with the current TextInfo object.

EBCDICCodePage

現在の TextInfo が表す書記体系で使用する EBCDIC (Extended Binary Coded Decimal Interchange Code) コード ページを取得します。Gets the Extended Binary Coded Decimal Interchange Code (EBCDIC) code page used by the writing system represented by the current TextInfo.

IsReadOnly

現在の TextInfo オブジェクトが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current TextInfo object is read-only.

IsRightToLeft

現在の TextInfo オブジェクトがテキストを右から左に記述する書記体系を表すかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current TextInfo object represents a writing system where text flows from right to left.

LCID

現在の TextInfo オブジェクトに関連付けられたカルチャのカルチャ識別子を取得します。Gets the culture identifier for the culture associated with the current TextInfo object.

ListSeparator

リスト内の項目を区切る文字列を取得または設定します。Gets or sets the string that separates items in a list.

MacCodePage

現在の TextInfo が表す書記体系で使用する Macintosh コード ページを取得します。Gets the Macintosh code page used by the writing system represented by the current TextInfo.

OEMCodePage

現在の TextInfo が表す書記体系で使用する OEM (original equipment manufacturer) コード ページを取得します。Gets the original equipment manufacturer (OEM) code page used by the writing system represented by the current TextInfo.

メソッド

Clone()

現在の TextInfo オブジェクトのコピーである新しいオブジェクトを作成します。Creates a new object that is a copy of the current TextInfo object.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが現在の TextInfo オブジェクトと同じ書記体系を表しているかどうかを確認します。Determines whether the specified object represents the same writing system as the current TextInfo object.

GetHashCode()

現在の TextInfo のハッシュ関数として機能します。ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。Serves as a hash function for the current TextInfo, suitable for hashing algorithms and data structures, such as a hash table.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ReadOnly(TextInfo)

指定された TextInfo オブジェクトの読み取り専用バージョンを返します。Returns a read-only version of the specified TextInfo object.

ToLower(Char)

指定した文字を小文字に変換します。Converts the specified character to lowercase.

ToLower(String)

指定した文字列を小文字に変換します。Converts the specified string to lowercase.

ToString()

現在の TextInfo を表す文字列を返します。Returns a string that represents the current TextInfo.

ToTitleCase(String)

指定した文字列を (頭字語と見なされる、すべてが大文字で記載された単語を除き)、英語見出しと同じ大文字/小文字の組み合わせに変換します。Converts the specified string to title case (except for words that are entirely in uppercase, which are considered to be acronyms).

ToUpper(Char)

指定した文字を大文字に変換します。Converts the specified character to uppercase.

ToUpper(String)

指定した文字列を大文字に変換します。Converts the specified string to uppercase.

明示的なインターフェイスの実装

IDeserializationCallback.OnDeserialization(Object)

逆シリアル化が完了したときに逆シリアル化イベントを発生させます。Raises the deserialization event when deserialization is complete.

適用対象

こちらもご覧ください