Int32.Parse メソッド

定義

数値の文字列形式を、それと等価な 32 ビット符号付き整数に変換します。

オーバーロード

Parse(String, NumberStyles, IFormatProvider)

指定したスタイルおよびカルチャに固有の書式による数値の文字列形式を、それと等価の 32 ビット符号付き整数に変換します。

Parse(ReadOnlySpan<Char>, NumberStyles, IFormatProvider)

指定したスタイルおよびカルチャに固有の書式による数値のスパン表現を、等価の 32 ビット符号付き整数に変換します。

Parse(String, NumberStyles)

指定したスタイルの数値の文字列形式を、それと等しい 32 ビット符号付き整数に変換します。

Parse(String)

数値の文字列形式を、それと等価な 32 ビット符号付き整数に変換します。

Parse(String, IFormatProvider)

指定したカルチャに固有の書式による数値の文字列形式を、それと等価な 32 ビット符号付き整数に変換します。

Parse(String, NumberStyles, IFormatProvider)

指定したスタイルおよびカルチャに固有の書式による数値の文字列形式を、それと等価の 32 ビット符号付き整数に変換します。

public:
 static int Parse(System::String ^ s, System::Globalization::NumberStyles style, IFormatProvider ^ provider);
public static int Parse (string s, System.Globalization.NumberStyles style, IFormatProvider provider);
public static int Parse (string s, System.Globalization.NumberStyles style, IFormatProvider? provider);
static member Parse : string * System.Globalization.NumberStyles * IFormatProvider -> int
Public Shared Function Parse (s As String, style As NumberStyles, provider As IFormatProvider) As Integer

パラメーター

s
String

変換する数値を含む文字列。

style
NumberStyles

s で存在する可能性を持つスタイル要素を示す、列挙値のビットごとの組み合わせ。 通常指定する値は、Integer です。

provider
IFormatProvider

s の書式設定に関するカルチャ固有の情報を提供するオブジェクト。

戻り値

Int32

s で指定した数値と等しい 32 ビット符号付き整数。

例外

snullです。

styleNumberStyles 値ではありません。

s の形式が style に準拠していません。

s は、MinValue 未満の数値か、MaxValue より大きい数値を表します。

  • または - s に 0 以外の小数部の桁が含まれています。

次の例では、さまざまなパラメーターを使用して、 style provider 値の文字列形式を解析し Int32 ます。 また、解析操作で書式情報が使用されているカルチャに応じて、同じ文字列を解釈できるいくつかの方法についても説明します。

using namespace System;
using namespace System::Globalization;

public ref class ParseInt32
{
public:
   static void Main()
   {
      Convert("12,000", NumberStyles::Float | NumberStyles::AllowThousands, 
              gcnew CultureInfo("en-GB"));
      Convert("12,000", NumberStyles::Float | NumberStyles::AllowThousands,
              gcnew CultureInfo("fr-FR"));
      Convert("12,000", NumberStyles::Float, gcnew CultureInfo("en-US"));

      Convert("12 425,00", NumberStyles::Float | NumberStyles::AllowThousands,
              gcnew CultureInfo("sv-SE"));
      Convert("12,425.00", NumberStyles::Float | NumberStyles::AllowThousands,
              NumberFormatInfo::InvariantInfo);
      Convert("631,900", NumberStyles::Integer | NumberStyles::AllowDecimalPoint, 
              gcnew CultureInfo("fr-FR"));
      Convert("631,900", NumberStyles::Integer | NumberStyles::AllowDecimalPoint,
              gcnew CultureInfo("en-US"));
      Convert("631,900", NumberStyles::Integer | NumberStyles::AllowThousands,
              gcnew CultureInfo("en-US"));
   }

private:
   static void Convert(String^ value, NumberStyles style,
                               IFormatProvider^ provider)
   {
      try
      {
         int number = Int32::Parse(value, style, provider);
         Console::WriteLine("Converted '{0}' to {1}.", value, number);
      }
      catch (FormatException^)
      {
         Console::WriteLine("Unable to convert '{0}'.", value);
      }
      catch (OverflowException^)
      {
         Console::WriteLine("'{0}' is out of range of the Int32 type.", value);   
      }
   }                               
};

int main()
{
    ParseInt32::Main();
}
// This example displays the following output to the console:
//       Converted '12,000' to 12000.
//       Converted '12,000' to 12.
//       Unable to convert '12,000'.
//       Converted '12 425,00' to 12425.
//       Converted '12,425.00' to 12425.
//       '631,900' is out of range of the Int32 type.
//       Unable to convert '631,900'.
//       Converted '631,900' to 631900.
using System;
using System.Globalization;

public class ParseInt32
{
   public static void Main()
   {
      Convert("12,000", NumberStyles.Float | NumberStyles.AllowThousands,
              new CultureInfo("en-GB"));
      Convert("12,000", NumberStyles.Float | NumberStyles.AllowThousands,
              new CultureInfo("fr-FR"));
      Convert("12,000", NumberStyles.Float, new CultureInfo("en-US"));

      Convert("12 425,00", NumberStyles.Float | NumberStyles.AllowThousands,
              new CultureInfo("sv-SE"));
      Convert("12,425.00", NumberStyles.Float | NumberStyles.AllowThousands,
              NumberFormatInfo.InvariantInfo);
      Convert("631,900", NumberStyles.Integer | NumberStyles.AllowDecimalPoint,
              new CultureInfo("fr-FR"));
      Convert("631,900", NumberStyles.Integer | NumberStyles.AllowDecimalPoint,
              new CultureInfo("en-US"));
      Convert("631,900", NumberStyles.Integer | NumberStyles.AllowThousands,
              new CultureInfo("en-US"));
   }

   private static void Convert(string value, NumberStyles style,
                               IFormatProvider provider)
   {
      try
      {
         int number = Int32.Parse(value, style, provider);
         Console.WriteLine("Converted '{0}' to {1}.", value, number);
      }
      catch (FormatException)
      {
         Console.WriteLine("Unable to convert '{0}'.", value);
      }
      catch (OverflowException)
      {
         Console.WriteLine("'{0}' is out of range of the Int32 type.", value);
      }
   }
}
// This example displays the following output to the console:
//       Converted '12,000' to 12000.
//       Converted '12,000' to 12.
//       Unable to convert '12,000'.
//       Converted '12 425,00' to 12425.
//       Converted '12,425.00' to 12425.
//       '631,900' is out of range of the Int32 type.
//       Unable to convert '631,900'.
//       Converted '631,900' to 631900.
Imports System.Globalization

Module ParseInt32
   Public Sub Main()
      Convert("12,000", NumberStyles.Float Or NumberStyles.AllowThousands, _
              New CultureInfo("en-GB"))      
      Convert("12,000", NumberStyles.Float Or NumberStyles.AllowThousands, _
              New CultureInfo("fr-FR"))
      Convert("12,000", NumberStyles.Float, New CultureInfo("en-US"))
      
      Convert("12 425,00", NumberStyles.Float Or NumberStyles.AllowThousands, _
              New CultureInfo("sv-SE")) 
      Convert("12,425.00", NumberStyles.Float Or NumberStyles.AllowThousands, _
              NumberFormatInfo.InvariantInfo) 
      Convert("631,900", NumberStyles.Integer Or NumberStyles.AllowDecimalPoint, _ 
              New CultureInfo("fr-FR"))
      Convert("631,900", NumberStyles.Integer Or NumberStyles.AllowDecimalPoint, _
              New CultureInfo("en-US"))
      Convert("631,900", NumberStyles.Integer Or NumberStyles.AllowThousands, _
              New CultureInfo("en-US"))
   End Sub

   Private Sub Convert(value As String, style As NumberStyles, _
                       provider As IFormatProvider)
      Try
         Dim number As Integer = Int32.Parse(value, style, provider)
         Console.WriteLine("Converted '{0}' to {1}.", value, number)
      Catch e As FormatException
         Console.WriteLine("Unable to convert '{0}'.", value)
      Catch e As OverflowException
         Console.WriteLine("'{0}' is out of range of the Int32 type.", value)   
      End Try
   End Sub                       
End Module
' This example displays the following output to the console:
'       Converted '12,000' to 12000.
'       Converted '12,000' to 12.
'       Unable to convert '12,000'.
'       Converted '12 425,00' to 12425.
'       Converted '12,425.00' to 12425.
'       '631,900' is out of range of the Int32 type.
'       Unable to convert '631,900'.
'       Converted '631,900' to 631900.

注釈

パラメーターは、解析操作が成功するために パラメーターで許可されるスタイル要素 (空白や正符号 style など) s を定義します。 列挙型のビット フラグの組み合わせである必要 NumberStyles があります。 の値によっては、 パラメーターに style s 次の要素が含まれる場合があります。

[ws][$][sign][digits,]digits[.fractional_digist][e[sign]exponential_digits][ws]

または、 に が含 style まれる AllowHexSpecifier 場合は 。

[ws]hexdigits[ws]

角かっこ内の項目 ([ と ]) は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。

要素 説明
ws 省略可能な空白。 フラグが含まれる場合、空白は の先頭に表示され、 フラグが含まれる場合は の末尾 s style NumberStyles.AllowLeadingWhite s style に表示 NumberStyles.AllowTrailingWhite できます。
$ カルチャ固有の通貨記号。 文字列内の位置は、 パラメーターの メソッドによって返される オブジェクトの NumberFormatInfo.CurrencyPositivePattern NumberFormatInfo GetFormat プロパティによって定義 provider されます。 フラグが含まれる場合は、 s 通貨 style 記号を に表示 NumberStyles.AllowCurrencySymbol できます。
sign 省略可能な記号。 フラグが含まれる場合は の先頭に、フラグが含まれる場合は s style の末尾 NumberStyles.AllowLeadingSign sstyle 記号を表示 NumberStyles.AllowTrailingSign できます。 に フラグが含まれている場合 s は、かっこを使用して負の style 値を示 NumberStyles.AllowParentheses します。
数値

fractional_digits

exponential_digits
0 ~ 9 の数字のシーケンス。 この fractional_digits、 数字 0 だけが有効です。
, カルチャ固有の桁区切り記号。 フラグが含まれる場合、 で指定されたカルチャの桁区切 provider sstyle 記号が に表示 NumberStyles.AllowThousands されます。
. カルチャ固有の小数点記号。 フラグが含まれる場合、 で指定されたカルチャの provider s 小数点 style 記号が に表示 NumberStyles.AllowDecimalPoint されます。

解析操作を成功するためには、桁 0 のみを小数部として表示できます。他 fractional_digits 数字が含まれる場合は OverflowException 、 がスローされます。
e 値が指数表記で表される 'e' または 'E' 文字。 フラグ s が含まれる場合、 パラメーターは指数表記で style 数値を表 NumberStyles.AllowExponent します。
hexdigits 0から f、または0から F までの16進数のシーケンス。

注意

の終端の NUL (U + 0000) 文字 s は、引数の値に関係なく、解析操作によって無視され style ます。

小数点以下の数字のみを含む文字列 (スタイルに対応) は、 NumberStyles.None 型の範囲内にある場合は、常に正常に解析され Int32 ます。 残りのメンバーのほとんどは、 NumberStyles この入力文字列に存在する必要があるが必須ではない要素を制御します。 次の表は、の各メンバーが、に存在する可能性のある要素にどのように影響するかを示して NumberStyles s います。

非複合 NumberStyles 値 数字に加えてで許可される要素
NumberStyles.None 10進数のみ。
NumberStyles.AllowDecimalPoint 小数点 ( . ) と 小数部の数字 の要素。 ただし、 小数点以下 の桁数は1桁以上の0桁で構成する必要があります。それ以外の場合は、 OverflowException がスローされます。
NumberStyles.AllowExponent パラメーターでは、 s 指数表記を使用することもできます。 が s 指数表記の数値を表す場合は、 Int32 0 以外の小数部分を含まないデータ型の範囲内の整数を表す必要があります。
NumberStyles.AllowLeadingWhite の先頭にある ws 要素 s
NumberStyles.AllowTrailingWhite の末尾の ws 要素 s
NumberStyles.AllowLeadingSign 正の符号は、 数字 の前に表示できます。
NumberStyles.AllowTrailingSign 正の記号は、 数字 の後に表示されます。
NumberStyles.AllowParentheses 数値を囲むかっこ形式の sign 要素。
NumberStyles.AllowThousands 桁区切り記号 ( , ) 要素。
NumberStyles.AllowCurrencySymbol $ 要素。

NumberStyles.AllowHexSpecifierフラグが使用されている場合、は s プレフィックスのない16進数の値である必要があります。 たとえば、"C9AF3" は正常に解析されますが、"0xC9AF3" は正常に解析されません。 内に存在できるフラグは、とだけ style です NumberStyles.AllowLeadingWhite NumberStyles.AllowTrailingWhite 。 ( NumberStyles 列挙体には、両方の空白フラグを含む複合数値スタイルがあり NumberStyles.HexNumber ます)。

パラメーターは、 provider IFormatProvider NumberFormatInfo オブジェクトやオブジェクトなどの実装です CultureInfo 。 パラメーターは、 provider 解析に使用されるカルチャ固有の情報を提供します。 がの場合は provider nullNumberFormatInfo 現在のカルチャのオブジェクトが使用されます。

こちらもご覧ください

適用対象

Parse(ReadOnlySpan<Char>, NumberStyles, IFormatProvider)

指定したスタイルおよびカルチャに固有の書式による数値のスパン表現を、等価の 32 ビット符号付き整数に変換します。

public static int Parse (ReadOnlySpan<char> s, System.Globalization.NumberStyles style = System.Globalization.NumberStyles.Integer, IFormatProvider? provider = default);
public static int Parse (ReadOnlySpan<char> s, System.Globalization.NumberStyles style = System.Globalization.NumberStyles.Integer, IFormatProvider provider = default);
static member Parse : ReadOnlySpan<char> * System.Globalization.NumberStyles * IFormatProvider -> int
Public Shared Function Parse (s As ReadOnlySpan(Of Char), Optional style As NumberStyles = System.Globalization.NumberStyles.Integer, Optional provider As IFormatProvider = Nothing) As Integer

パラメーター

s
ReadOnlySpan<Char>

変換する数値を表す文字を格納しているスパン。

style
NumberStyles

s で存在する可能性を持つスタイル要素を示す、列挙値のビットごとの組み合わせ。 通常指定する値は、Integer です。

provider
IFormatProvider

s の書式設定に関するカルチャ固有の情報を提供するオブジェクト。

戻り値

Int32

s で指定した数値と等しい 32 ビット符号付き整数。

適用対象

Parse(String, NumberStyles)

指定したスタイルの数値の文字列形式を、それと等しい 32 ビット符号付き整数に変換します。

public:
 static int Parse(System::String ^ s, System::Globalization::NumberStyles style);
public static int Parse (string s, System.Globalization.NumberStyles style);
static member Parse : string * System.Globalization.NumberStyles -> int
Public Shared Function Parse (s As String, style As NumberStyles) As Integer

パラメーター

s
String

変換する数値を含む文字列。

style
NumberStyles

s で使用可能なスタイル要素を示す、列挙値のビットごとの組み合わせ。 通常指定する値は、Integer です。

戻り値

Int32

s で指定した数値と等しい 32 ビット符号付き整数。

例外

snullです。

styleNumberStyles 値ではありません。

s の形式が style に準拠していません。

s は、MinValue 未満の数値か、MaxValue より大きい数値を表します。

  • または - s に 0 以外の小数部の桁が含まれています。

次の例では、 Int32.Parse(String, NumberStyles) メソッドを使用して、複数の値の文字列形式を解析 Int32 します。 この例の現在のカルチャは en-US です。

using namespace System;
using namespace System::Globalization;

public ref class ParseInt32
{
public:
   static void Main()
   {
      Convert("104.0", NumberStyles::AllowDecimalPoint);
      Convert("104.9", NumberStyles::AllowDecimalPoint);
      Convert(" $17,198,064.42", NumberStyles::AllowCurrencySymbol |
                                 NumberStyles::Number);
      Convert("103E06", NumberStyles::AllowExponent);
      Convert("-1,345,791", NumberStyles::AllowThousands);
      Convert("(1,345,791)", NumberStyles::AllowThousands |
                             NumberStyles::AllowParentheses);
   }

private:
   static void Convert(String^ value, NumberStyles style)
   {
      try
      {
         int number = Int32::Parse(value, style);
         Console::WriteLine("Converted '{0}' to {1}.", value, number);
      }
      catch (FormatException^)
      {
         Console::WriteLine("Unable to convert '{0}'.", value);
      }
      catch (OverflowException^)
      {
         Console::WriteLine("'{0}' is out of range of the Int32 type.", value);
      }
   }
};

int main()
{
    ParseInt32::Main();
}
// The example displays the following output to the console:
//       Converted '104.0' to 104.
//       '104.9' is out of range of the Int32 type.
//       ' $17,198,064.42' is out of range of the Int32 type.
//       Converted '103E06' to 103000000.
//       Unable to convert '-1,345,791'.
//       Converted '(1,345,791)' to -1345791.
using System;
using System.Globalization;

public class ParseInt32
{
   public static void Main()
   {
      Convert("104.0", NumberStyles.AllowDecimalPoint);
      Convert("104.9", NumberStyles.AllowDecimalPoint);
      Convert(" $17,198,064.42", NumberStyles.AllowCurrencySymbol |
                                 NumberStyles.Number);
      Convert("103E06", NumberStyles.AllowExponent);
      Convert("-1,345,791", NumberStyles.AllowThousands);
      Convert("(1,345,791)", NumberStyles.AllowThousands |
                             NumberStyles.AllowParentheses);
   }

   private static void Convert(string value, NumberStyles style)
   {
      try
      {
         int number = Int32.Parse(value, style);
         Console.WriteLine("Converted '{0}' to {1}.", value, number);
      }
      catch (FormatException)
      {
         Console.WriteLine("Unable to convert '{0}'.", value);
      }
      catch (OverflowException)
      {
         Console.WriteLine("'{0}' is out of range of the Int32 type.", value);
      }
   }
}
// The example displays the following output to the console:
//       Converted '104.0' to 104.
//       '104.9' is out of range of the Int32 type.
//       ' $17,198,064.42' is out of range of the Int32 type.
//       Converted '103E06' to 103000000.
//       Unable to convert '-1,345,791'.
//       Converted '(1,345,791)' to -1345791.
Imports System.Globalization

Module ParseInt32
   Public Sub Main()
      Convert("104.0", NumberStyles.AllowDecimalPoint)    
      Convert("104.9", NumberStyles.AllowDecimalPoint)
      Convert(" $17,198,064.42", NumberStyles.AllowCurrencySymbol Or _
                                 NumberStyles.Number)
      Convert("103E06", NumberStyles.AllowExponent)  
      Convert("-1,345,791", NumberStyles.AllowThousands)
      Convert("(1,345,791)", NumberStyles.AllowThousands Or _
                             NumberStyles.AllowParentheses)
   End Sub
   
   Private Sub Convert(value As String, style As NumberStyles)
      Try
         Dim number As Integer = Int32.Parse(value, style)
         Console.WriteLine("Converted '{0}' to {1}.", value, number)
      Catch e As FormatException
         Console.WriteLine("Unable to convert '{0}'.", value)
      Catch e As OverflowException
         Console.WriteLine("'{0}' is out of range of the Int32 type.", value)   
      End Try
   End Sub
End Module
' The example displays the following output to the console:
'       Converted '104.0' to 104.
'       '104.9' is out of range of the Int32 type.
'       ' $17,198,064.42' is out of range of the Int32 type.
'       Converted '103E06' to 103000000.
'       Unable to convert '-1,345,791'.
'       Converted '(1,345,791)' to -1345791.

注釈

styleパラメーターでは、解析操作を成功させるためにパラメーターで使用できるスタイル要素 (空白、正または負の記号、または桁区切り記号など) を定義し s ます。 列挙体のビットフラグの組み合わせである必要があり NumberStyles ます。 の値に応じて style 、パラメーターには s 次の要素を含めることができます。

jax-ws[$]シャープ[数字,] 数字 [.fractional_digits] [e [sign] exponential_digits] [ws]

または、に style が含まれている場合 AllowHexSpecifier :

[ws] hexdigits [ws]

角かっこ ([および]) 内の項目は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。

要素 説明
ws 省略可能な空白。 がフラグを含む場合は、の先頭に空白が表示され s style ます。また、にフラグが含まれている場合は、 NumberStyles.AllowLeadingWhite の末尾に空白文字を含めることができ s style NumberStyles.AllowTrailingWhite ます。
$ カルチャ固有の通貨記号。 文字列内での位置は、現在の NumberFormatInfo.CurrencyNegativePattern カルチャのプロパティとプロパティによって定義され NumberFormatInfo.CurrencyPositivePattern ます。 に s フラグが含まれている場合は、現在のカルチャの通貨記号がに表示され style NumberStyles.AllowCurrencySymbol ます。
sign 省略可能な符号。 にフラグが含まれている場合は、の先頭に符号が表示され s style ます。また、にフラグが含まれている場合は、 NumberStyles.AllowLeadingSign の末尾にも表示され s style NumberStyles.AllowTrailingSign ます。 に s フラグが含まれている場合は、かっこを使用して負の値を示すことができ style NumberStyles.AllowParentheses ます。
数値

fractional_digits

exponential_digits
0から9までの一連の数字。 Fractional_digits の場合は、数字0のみが有効です。
, カルチャ固有の桁区切り記号。 に s フラグが含まれている場合、現在のカルチャの桁区切り記号がに表示され style NumberStyles.AllowThousands ます。
. カルチャ固有の小数点の記号。 に s フラグが含まれている場合、現在のカルチャの小数点の記号がに表示され style NumberStyles.AllowDecimalPoint ます。 解析操作が成功するためには、数字0のみが小数点の数字として表示されます。 fractional_digits に他の数字が含まれている場合 OverflowException は、がスローされます。
e "E" または "E" 文字。値が指数表記で表されることを示します。 に s フラグが含まれている場合、パラメーターは指数表記で数値を表すことができ style NumberStyles.AllowExponent ます。
hexdigits 0から f、または0から F までの16進数のシーケンス。

注意

の終端の NUL (U + 0000) 文字 s は、引数の値に関係なく、解析操作によって無視され style ます。

数字のみを含む文字列 (スタイルに対応する NumberStyles.None ) は、型の範囲内にある場合は、常に成功し Int32 ます。 残りのメンバーのほとんどは、 NumberStyles 入力文字列内に存在する必要があるが必須ではない要素を制御します。 次の表は、の各メンバーが、に存在する可能性のある要素にどのように影響するかを示して NumberStyles s います。

NumberStyles 値 数字に加えてで許可される要素
None Digits 要素のみ。
AllowDecimalPoint 小数点 ( . ) と 小数部の数字 の要素。
AllowExponent パラメーターでは、 s 指数表記を使用することもできます。
AllowLeadingWhite の先頭にある ws 要素 s
AllowTrailingWhite の末尾の ws 要素 s
AllowLeadingSign の先頭にある sign 要素 s
AllowTrailingSign の末尾の sign 要素 s
AllowParentheses 数値を囲むかっこ形式の sign 要素。
AllowThousands 桁区切り記号 ( , ) 要素。
AllowCurrencySymbol $ 要素。
Currency すべて。 パラメーターは、 s 16 進数または指数表記の数値を表すことはできません。
Float 先頭 または末尾にある ws 要素は、 の先頭に符号を付け、小数点 s s ( )。 ) 記号。 パラメーター s では、指数表記を使用することもできます。
Number ws、、 sign 桁区切り記号 ( 、、 および小数点 ( )。 ) 要素。
Any を除くすべてのスタイルは s 、16 進数を表す必要があります。

フラグを NumberStyles.AllowHexSpecifier 使用する場合、 s はプレフィックスのない 16 進数の値である必要があります。 たとえば、"C9AF3" は正常に解析されますが、"0xC9AF3" は解析に成功します。 パラメーターと組み合わせ可能な他の s フラグは、 と NumberStyles.AllowLeadingWhite のみです NumberStyles.AllowTrailingWhite 。 (列挙 NumberStyles には、両方の空白フラグを含 NumberStyles.HexNumber む複合数値スタイル が含まれます)。

パラメーターは、現在のシステム カルチャ用に初期化された オブジェクトの書式設定情報 s NumberFormatInfo を使用して解析されます。 解析操作に書式設定情報を使用するカルチャを指定するには、 オーバーロードを呼び出 Int32.Parse(String, NumberStyles, IFormatProvider) します。

こちらもご覧ください

適用対象

Parse(String)

数値の文字列形式を、それと等価な 32 ビット符号付き整数に変換します。

public:
 static int Parse(System::String ^ s);
public static int Parse (string s);
static member Parse : string -> int
Public Shared Function Parse (s As String) As Integer

パラメーター

s
String

変換する数値を含む文字列。

戻り値

Int32

s に格納されている数値と等しい 32 ビット符号付き整数。

例外

snullです。

s が正しい形式ではありません。

s は、MinValue 未満の数値か、MaxValue より大きい数値を表します。

次の例は、メソッドを使用して、文字列値を32ビット符号付き整数値に変換する方法を示して Int32.Parse(String) います。 結果の整数値がコンソールに表示されます。

using namespace System;

void main()
{
   array<String^>^ values = { "+13230", "-0", "1,390,146", "$190,235,421,127",
                              "0xFA1B", "163042", "-10", "007", "2147483647", 
                              "2147483648", "16e07", "134985.0", "-12034",
                              "-2147483648", "-2147483649" };
   for each (String^ value in values)
   {
      try {
         Int32 number = Int32::Parse(value); 
         Console::WriteLine("{0} --> {1}", value, number);
      }
      catch (FormatException^ e) {
         Console::WriteLine("{0}: Bad Format", value);
      }   
      catch (OverflowException^ e) {
         Console::WriteLine("{0}: Overflow", value);   
      }  
   }
}
// The example displays the following output:
//       +13230 --> 13230
//       -0 --> 0
//       1,390,146: Bad Format
//       $190,235,421,127: Bad Format
//       0xFA1B: Bad Format
//       163042 --> 163042
//       -10 --> -10
//       007 --> 7
//       2147483647 --> 2147483647
//       2147483648: Overflow
//       16e07: Bad Format
//       134985.0: Bad Format
//       -12034 --> -12034
//       -2147483648 --> -2147483648
//       -2147483649: Overflow
using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string[] values = { "+13230", "-0", "1,390,146", "$190,235,421,127",
                          "0xFA1B", "163042", "-10", "007", "2147483647",
                          "2147483648", "16e07", "134985.0", "-12034",
                          "-2147483648", "-2147483649" };
      foreach (string value in values)
      {
         try {
            int number = Int32.Parse(value);
            Console.WriteLine("{0} --> {1}", value, number);
         }
         catch (FormatException) {
            Console.WriteLine("{0}: Bad Format", value);
         }
         catch (OverflowException) {
            Console.WriteLine("{0}: Overflow", value);
         }
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       +13230 --> 13230
//       -0 --> 0
//       1,390,146: Bad Format
//       $190,235,421,127: Bad Format
//       0xFA1B: Bad Format
//       163042 --> 163042
//       -10 --> -10
//       007 --> 7
//       2147483647 --> 2147483647
//       2147483648: Overflow
//       16e07: Bad Format
//       134985.0: Bad Format
//       -12034 --> -12034
//       -2147483648 --> -2147483648
//       -2147483649: Overflow
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim values() As String = { "+13230", "-0", "1,390,146", "$190,235,421,127",
                                 "0xFA1B", "163042", "-10", "007", "2147483647", 
                                 "2147483648", "16e07", "134985.0", "-12034",
                                 "-2147483648", "-2147483649"  }
      For Each value As String In values
         Try
            Dim number As Integer = Int32.Parse(value) 
            Console.WriteLine("{0} --> {1}", value, number)
         Catch e As FormatException
            Console.WriteLine("{0}: Bad Format", value)
         Catch e As OverflowException
            Console.WriteLine("{0}: Overflow", value)   
         End Try  
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       +13230 --> 13230
'       -0 --> 0
'       1,390,146: Bad Format
'       $190,235,421,127: Bad Format
'       0xFA1B: Bad Format
'       163042 --> 163042
'       -10 --> -10
'       007 --> 7
'       2147483647 --> 2147483647
'       2147483648: Overflow
'       16e07: Bad Format
'       134985.0: Bad Format
'       -12034 --> -12034
'       -2147483648 --> -2147483648
'       -2147483649: Overflow

注釈

パラメーターには、 s 次のような形式の数値が含まれています。

jax-ws[sign] 数字 [ws]

角かっこ ([および]) 内の項目は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。

要素 説明
ws 省略可能な空白。
sign 省略可能な符号。
数値 0から9までの一連の数字。

sパラメーターは、スタイルを使用して解釈され NumberStyles.Integer ます。 10進数に加えて、先頭と末尾のスペースだけでなく先頭の記号も使用できます。 で使用できるスタイル要素を明示的に定義するに s は、メソッドまたはメソッドを使用し Int32.Parse(String, NumberStyles) Int32.Parse(String, NumberStyles, IFormatProvider) ます。

sパラメーターは、 NumberFormatInfo 現在のシステムカルチャに対して初期化されたオブジェクトの書式情報を使用して解析されます。 詳細については、「CurrentInfo」を参照してください。 他のカルチャの書式設定情報を使用して文字列を解析するには、メソッドを使用し Int32.Parse(String, NumberStyles, IFormatProvider) ます。

こちらもご覧ください

適用対象

Parse(String, IFormatProvider)

指定したカルチャに固有の書式による数値の文字列形式を、それと等価な 32 ビット符号付き整数に変換します。

public:
 static int Parse(System::String ^ s, IFormatProvider ^ provider);
public static int Parse (string s, IFormatProvider provider);
public static int Parse (string s, IFormatProvider? provider);
static member Parse : string * IFormatProvider -> int
Public Shared Function Parse (s As String, provider As IFormatProvider) As Integer

パラメーター

s
String

変換する数値を含む文字列。

provider
IFormatProvider

s に関するカルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

Int32

s で指定した数値と等しい 32 ビット符号付き整数。

例外

snullです。

s が正しい形式ではありません。

s は、MinValue 未満の数値か、MaxValue より大きい数値を表します。

次の例は、Web フォームのボタン クリック イベント ハンドラーです。 プロパティによって返される配列を使用 HttpRequest.UserLanguages して、ユーザーのロケールを決定します。 その後、そのロケール CultureInfo に対応する オブジェクトをインスタンス化します。 そのオブジェクトに属する オブジェクトは、ユーザーの入力を値に変換するために メソッド NumberFormatInfo CultureInfo Parse(String, IFormatProvider) に渡 Int32 されます。

protected void OkToInteger_Click(object sender, EventArgs e)
{
   string locale;
   int number;
   CultureInfo culture;

   // Return if string is empty
   if (String.IsNullOrEmpty(this.inputNumber.Text))
      return;

   // Get locale of web request to determine possible format of number
   if (Request.UserLanguages.Length == 0)
      return;
   locale = Request.UserLanguages[0];
   if (String.IsNullOrEmpty(locale))
      return;

  // Instantiate CultureInfo object for the user's locale
   culture = new CultureInfo(locale);

   // Convert user input from a string to a number
   try
   {
      number = Int32.Parse(this.inputNumber.Text, culture.NumberFormat);
   }
   catch (FormatException)
   {
      return;
   }
   catch (Exception)
   {
      return;
   }
   // Output number to label on web form
   this.outputNumber.Text = "Number is " + number.ToString();
}
Protected Sub OkToInteger_Click(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles OkToInteger.Click
   Dim locale As String
   Dim culture As CultureInfo
   Dim number As Integer

   ' Return if string is empty
   If String.IsNullOrEmpty(Me.inputNumber.Text) Then Exit Sub

   ' Get locale of web request to determine possible format of number
   If Request.UserLanguages.Length = 0 Then Exit Sub
   locale = Request.UserLanguages(0)
   If String.IsNullOrEmpty(locale) Then Exit Sub

   ' Instantiate CultureInfo object for the user's locale
   culture = New CultureInfo(locale)

   ' Convert user input from a string to a number
   Try
      number = Int32.Parse(Me.inputNumber.Text, culture.NumberFormat)
   Catch ex As FormatException
      Exit Sub
   Catch ex As Exception
      Exit Sub
   End Try

   ' Output number to label on web form
   Me.outputNumber.Text = "Number is " & number.ToString()
End Sub

注釈

メソッドのこのオーバーロードは、通常、さまざまな方法で書式設定できるテキストを値に Parse(String, IFormatProvider) 変換するために使用 Int32 されます。 たとえば、ユーザーが入力したテキストを HTML テキスト ボックスに数値に変換するために使用できます。

パラメーター s には、次の形式の数が含まれている。

[ws][sign]digits[ws]

角かっこ内の項目 ([ と ]) は省略可能です。 次の表は、それぞれの要素の説明です。

要素 説明
ws 省略可能な空白。
sign 省略可能な記号。
数値 0 ~ 9 の範囲の数字のシーケンス。

パラメーター s は、 スタイルを使用して解釈 NumberStyles.Integer されます。 10 進数に加えて、先頭と末尾のスペースと先頭の符号のみを使用できます。 に存在できるスタイル要素を明示的に定義するには、 s メソッドを使用 Int32.Parse(String, NumberStyles, IFormatProvider) します。

パラメーター provider は、 IFormatProvider オブジェクトや オブジェクトなどの NumberFormatInfo 実装 CultureInfo です。 パラメーター provider は、 の形式に関するカルチャ固有の情報を提供します s 。 が providernull 場合、現在 NumberFormatInfo のカルチャの オブジェクトが使用されます。

こちらもご覧ください

適用対象