Int64.ToString メソッド

定義

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

オーバーロード

ToString(IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(String, IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(String)

指定した書式を使用して、このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString()

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 virtual System::String ^ ToString(IFormatProvider ^ provider);
public:
 System::String ^ ToString(IFormatProvider ^ provider);
public string ToString (IFormatProvider provider);
public string ToString (IFormatProvider? provider);
override this.ToString : IFormatProvider -> string
Public Function ToString (provider As IFormatProvider) As String

パラメーター

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供する IFormatProvider

戻り値

String

provider で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

実装

次の例では、 Int64 複数の異なるカルチャを表すオブジェクトを使用して、値の文字列形式を表示し CultureInfo ます。

long value = -16325901;
// Display value using the invariant culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.InvariantCulture));
// Display value using the en-GB culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB")));
// Display value using the de-DE culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("de-DE")));
// This example displays the following output to the console:
//       -16325901
//       -16325901
//       -16325901
Dim value As Long = -16325801
' Display value using the invariant culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.InvariantCulture))
' Display value using the en-GB culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB")))
' Display value using the de-DE culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("de-DE")))
' This example displays the following output to the console:
'       -16325901
'       -16325901
'       -16325901

注釈

メソッドは、 ToString(IFormatProvider) Int64 NumberFormatInfo 指定されたカルチャのオブジェクトを使用して、既定の ("G" または "general") 形式の値を書式設定します。 別の形式または現在のカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定の (現在の) カルチャ ToString()
特定の形式 既定の (現在の) カルチャ ToString(String)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

パラメーターは、 provider インターフェイスを実装するオブジェクトです IFormatProvider 。 このメソッドは、 GetFormat NumberFormatInfo このメソッドによって返される文字列の書式に関するカルチャ固有の情報を提供するオブジェクトを返します。 を実装するオブジェクトは IFormatProvider 、次のいずれかになります。

  • CultureInfo書式設定規則を使用するカルチャを表すオブジェクト。

  • NumberFormatInfoこの値の特定の数値書式情報を格納しているオブジェクト。

  • IFormatProviderを実装し、 GetFormat NumberFormatInfo 書式設定情報を提供するオブジェクトを返すメソッドを持つカスタムオブジェクト。

がである provider null か、 NumberFormatInfo からオブジェクトを取得できない場合 provider 、戻り値は現在のカルチャのオブジェクトを使用して書式設定され NumberFormatInfo ます。

.NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

ToString(String, IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 virtual System::String ^ ToString(System::String ^ format, IFormatProvider ^ provider);
public string ToString (string format, IFormatProvider provider);
public string ToString (string? format, IFormatProvider? provider);
override this.ToString : string * IFormatProvider -> string
Public Function ToString (format As String, provider As IFormatProvider) As String

パラメーター

format
String

数値書式指定文字列。

provider
IFormatProvider

このインスタンスに関するカルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

String

format および provider で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

実装

例外

format は使用できないか、またはサポートされていません。

次の例では、3 つの異なるカルチャでサポートされている各標準数値書式指定子を使用して、正の値と負の値を表示します。

// Define cultures whose formatting conventions are to be used.
CultureInfo[] cultures = {CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US"),
                          CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-FR"),
                          CultureInfo.CreateSpecificCulture("es-ES") };
long positiveNumber = 1679;
long negativeNumber = -3045;
string[] specifiers = {"G", "C", "D8", "E2", "F", "N", "N0", "P", "X8"};

foreach (string specifier in specifiers)
{
   foreach (CultureInfo culture in cultures)
   {
      // Display values with "G" format specifier.
      Console.WriteLine("{0} format using {1} culture: {2, 16} {3, 16}",
                        specifier, culture.Name,
                        positiveNumber.ToString(specifier, culture),
                        negativeNumber.ToString(specifier, culture));
   }
   Console.WriteLine();
}
// The example displays the following output to the console:
//    G format using en-US culture:             1679            -3045
//    G format using fr-FR culture:             1679            -3045
//    G format using es-ES culture:             1679            -3045
//
//    C format using en-US culture:        $1,679.00      ($3,045.00)
//    C format using fr-FR culture:       1 679,00 €      -3 045,00 €
//    C format using es-ES culture:       1.679,00 €      -3.045,00 €
//
//    D8 format using en-US culture:         00001679        -00003045
//    D8 format using fr-FR culture:         00001679        -00003045
//    D8 format using es-ES culture:         00001679        -00003045
//
//    E2 format using en-US culture:        1.68E+003       -3.05E+003
//    E2 format using fr-FR culture:        1,68E+003       -3,05E+003
//    E2 format using es-ES culture:        1,68E+003       -3,05E+003
//
//    F format using en-US culture:          1679.00         -3045.00
//    F format using fr-FR culture:          1679,00         -3045,00
//    F format using es-ES culture:          1679,00         -3045,00
//
//    N format using en-US culture:         1,679.00        -3,045.00
//    N format using fr-FR culture:         1 679,00        -3 045,00
//    N format using es-ES culture:         1.679,00        -3.045,00
//
//    N0 format using en-US culture:         1,679           -3,045
//    N0 format using fr-FR culture:         1 679           -3 045
//    N0 format using es-ES culture:         1.679           -3.045
//
//    P format using en-US culture:      167,900.00%     -304,500.00%
//    P format using fr-FR culture:     167 900,00 %    -304 500,00 %
//    P format using es-ES culture:     167.900,00 %    -304.500,00 %
//
//    X8 format using en-US culture:         0000068F FFFFFFFFFFFFF41B
//    X8 format using fr-FR culture:         0000068F FFFFFFFFFFFFF41B
//    X8 format using es-ES culture:         0000068F FFFFFFFFFFFFF41B
' Define cultures whose formatting conventions are to be used.
Dim cultures() As CultureInfo = {CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US"), _
                                 CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-FR"), _
                                 CultureInfo.CreateSpecificCulture("es-ES") }
Dim positiveNumber As Long = 1679
Dim negativeNumber As Long = -3045
Dim specifiers() As String = {"G", "C", "D8", "E2", "F", "N", "P", "X8"} 

For Each specifier As String In specifiers
   For Each culture As CultureInfo In Cultures
      ' Display values with "G" format specifier.
      Console.WriteLine("{0} format using {1} culture: {2, 16} {3, 16}", _ 
                        specifier, culture.Name, _
                        positiveNumber.ToString(specifier, culture), _
                        negativeNumber.ToString(specifier, culture))

   Next
   Console.WriteLine()
Next
' The example displays the following output to the console:
'
'    G format using en-US culture:             1679            -3045
'    G format using fr-FR culture:             1679            -3045
'    G format using es-ES culture:             1679            -3045
'
'    C format using en-US culture:        $1,679.00      ($3,045.00)
'    C format using fr-FR culture:       1 679,00 €      -3 045,00 €
'    C format using es-ES culture:       1.679,00 €      -3.045,00 €
'
'    D8 format using en-US culture:         00001679        -00003045
'    D8 format using fr-FR culture:         00001679        -00003045
'    D8 format using es-ES culture:         00001679        -00003045
'
'    E2 format using en-US culture:        1.68E+003       -3.05E+003
'    E2 format using fr-FR culture:        1,68E+003       -3,05E+003
'    E2 format using es-ES culture:        1,68E+003       -3,05E+003
'
'    F format using en-US culture:          1679.00         -3045.00
'    F format using fr-FR culture:          1679,00         -3045,00
'    F format using es-ES culture:          1679,00         -3045,00
'
'    N format using en-US culture:         1,679.00        -3,045.00
'    N format using fr-FR culture:         1 679,00        -3 045,00
'    N format using es-ES culture:         1.679,00        -3.045,00
'
'    P format using en-US culture:      167,900.00%     -304,500.00%
'    P format using fr-FR culture:     167 900,00 %    -304 500,00 %
'    P format using es-ES culture:     167.900,00 %    -304.500,00 %
'
'    X8 format using en-US culture:         0000068F FFFFFFFFFFFFF41B
'    X8 format using fr-FR culture:         0000068F FFFFFFFFFFFFF41B
'    X8 format using es-ES culture:         0000068F FFFFFFFFFFFFF41B

注釈

メソッド ToString(String, IFormatProvider) は、指定した Int64 カルチャの オブジェクトを使用して、指定した NumberFormatInfo 形式で値を書式設定します。 既定の形式またはカルチャ設定を使用する場合は、次のように、 メソッドの他のオーバーロード ToString を使用します。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定 (現在の) カルチャ ToString()
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 既定 (現在の) カルチャ ToString(String)

パラメーター format には、標準またはカスタムの数値書式指定文字列を指定できます。 すべてのカスタム数値書式指定文字と同様に、"R" (または "r") 以外のすべての標準数値書式指定文字列がサポートされます。 が または空の文字列 ("") の場合、このインスタンスの戻り値は、一般的な数値書式指定子 format null ("G") で書式設定されます。

パラメーター provider は、 インターフェイスを実装するオブジェクト IFormatProvider です。 そのメソッドは、このメソッドによって返される文字列の形式に関するカルチャ固有の情報を提供 GetFormat NumberFormatInfo する オブジェクトを返します。 を実装する オブジェクト IFormatProvider は、次の任意のオブジェクトになります。

  • 書式設定 CultureInfo 規則を使用するカルチャを表す オブジェクト。

  • この NumberFormatInfo 値の特定の数値書式情報を格納している オブジェクト。

  • を実装し、そのメソッド IFormatProvider が書式設定情報を提供する GetFormat NumberFormatInfo オブジェクトを返すカスタム オブジェクト。

provider の場合、または からオブジェクトを取得できない場合、このインスタンスの戻り値は、現在のカルチャの で null NumberFormatInfo provider NumberFormatInfo 書式設定されます。

.NET には、次の書式設定に関するトピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

こちらもご覧ください

適用対象

ToString(String)

指定した書式を使用して、このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 System::String ^ ToString(System::String ^ format);
public string ToString (string format);
public string ToString (string? format);
override this.ToString : string -> string
Public Function ToString (format As String) As String

パラメーター

format
String

数値書式指定文字列。

戻り値

String

format で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

例外

format は使用できないか、またはサポートされていません。

次の例では、サポートされている各標準数値書式指定子と 2 つのカスタム数値書式指定文字列を使用して Int64 値を表示します。 数値を文字列に変換する場合、この例では en-US カルチャの書式設定規則を使用します。

long value = -16325;
string specifier;

// Use standard numeric format specifier.
specifier = "G";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    G: -16325
specifier = "C";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    C: ($16,325.00)
specifier = "D8";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    D8: -00016325
specifier = "E4";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    E4: -1.6325E+004
specifier = "e3";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    e3: -1.633e+004
specifier = "F";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    F: -16325.00
specifier = "N";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    N: -16,325.00
specifier = "P";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, (value/100000.0).ToString(specifier));
// Displays:    P: -16.33 %
specifier = "X";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    X: FFFFFFFFFFFFC03B

// Use custom numeric format specifiers.
specifier = "0,0.000";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier));
// Displays:    0,0.000: -16,325.000
specifier = "#,#.00#;(#,#.00#)";
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, (value*-1).ToString(specifier));
// Displays:    #,#.00#;(#,#.00#): 16,325.00
Dim value As Long = -16325
Dim specifier As String

' Use standard numeric format specifier.
specifier = "G"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    G: -16325
specifier = "C"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    C: ($16,325.00)
specifier = "D8"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    D8: -00016325
specifier = "E4"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    E4: -1.6325E+004
specifier = "e3"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    e3: -1.633e+004
specifier = "F"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    F: -16325.00
specifier = "N"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    N: -16,325.00
specifier = "P"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, (value/100000).ToString(specifier))
' Displays:    P: -16.33 %
specifier = "X"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    X: FFFFFFFFFFFFC03B

' Use custom numeric format specifiers.
specifier = "0,0.000"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, value.ToString(specifier))
' Displays:    0,0.000: -16,325.000
specifier = "#,#.00#;(#,#.00#)"
Console.WriteLine("{0}: {1}", specifier, (value*-1).ToString(specifier))
' Displays:    #,#.00#;(#,#.00#): 16,325.00

注釈

メソッドは、 ToString(String) Int64 現在の NumberFormatInfo カルチャの規則を表すオブジェクトを使用して、指定した書式で値の書式を設定します。 既定の形式 ("G" または一般) を使用する場合、または別のカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定の (現在の) カルチャ ToString()
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

パラメーターには、"R" を除く任意の有効な標準数値書式指定子と、カスタム数値書式指定子の任意の組み format 合わせを指定できます。 が または空の文字列 ("") の場合、このインスタンスの戻り値は一般的な数値書式指定子 format null ("G") で書式設定されます。

.NET には、次の書式設定に関するトピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

このインスタンスの戻り値は、現在のカルチャの NumberFormatInfo で書式設定されます。

こちらもご覧ください

適用対象

ToString()

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 override System::String ^ ToString();
public override string ToString ();
override this.ToString : unit -> string
Public Overrides Function ToString () As String

戻り値

String

値が負の場合はマイナス記号を伴い、先行ゼロを含まない 0 から 9 までの一連の数字から構成される、このインスタンスの値の文字列形式。

次の例では、 Int64 既定のメソッドを使用して値を表示し ToString() ます。 また、 Int64 多くの標準書式指定子を使用した結果として得られる値の文字列形式も表示されます。 これらの例は、en-us カルチャの書式指定規則を使用して表示されます。

long value = -16325091;
// Display value using default ToString method.
Console.WriteLine(value.ToString());            // Displays -16325091
// Display value using some standard format specifiers.
Console.WriteLine(value.ToString("G"));         // Displays -16325091
Console.WriteLine(value.ToString("C"));         // Displays ($16,325,091.00)
Console.WriteLine(value.ToString("D"));         // Displays -16325091
Console.WriteLine(value.ToString("F"));         // Displays -16325091.00
Console.WriteLine(value.ToString("N"));         // Displays -16,325,091.00
Console.WriteLine(value.ToString("N0"));         // Displays -16,325,091
Console.WriteLine(value.ToString("X"));         // Displays FFFFFFFFFF06E61D
Dim value As Long = -16325091
' Display value using default ToString method.
Console.WriteLine(value.ToString())            ' Displays -16325091
' Display value using some standard format specifiers.
Console.WriteLine(value.ToString("G"))         ' Displays -16325091
Console.WriteLine(value.ToString("C"))         ' Displays ($16,325,091.00)
Console.WriteLine(value.ToString("D"))         ' Displays -16325091
Console.WriteLine(value.ToString("F"))         ' Displays -16325091.00
Console.WriteLine(value.ToString("N"))         ' Displays -16,325091.00
Console.WriteLine(value.ToString("X"))         ' Displays FFFFFFFFFF06E61D

注釈

メソッドは、 ToString() Int64 現在のカルチャのオブジェクトを使用して、既定の ("G" または "general") 形式の値を書式設定し NumberFormatInfo ます。 別の形式またはカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 既定の (現在の) カルチャ ToString(String)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

.NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象