InvalidOperationException クラス

定義

オブジェクトの現在の状態に対して無効なメソッド呼び出しが行われた場合にスローされる例外。

public ref class InvalidOperationException : Exception
public ref class InvalidOperationException : SystemException
public class InvalidOperationException : Exception
public class InvalidOperationException : SystemException
[System.Serializable]
public class InvalidOperationException : SystemException
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class InvalidOperationException : SystemException
type InvalidOperationException = class
    inherit Exception
type InvalidOperationException = class
    inherit SystemException
[<System.Serializable>]
type InvalidOperationException = class
    inherit SystemException
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type InvalidOperationException = class
    inherit SystemException
Public Class InvalidOperationException
Inherits Exception
Public Class InvalidOperationException
Inherits SystemException
継承
InvalidOperationException
継承
InvalidOperationException
派生
属性

注釈

InvalidOperationException は、無効な引数以外の理由によってメソッドの呼び出しに失敗した場合に使用されます。 通常、オブジェクトの状態がメソッド呼び出しをサポートできない場合にスローされます。 たとえば、次 InvalidOperationException のようなメソッドによって例外がスローされます。

  • IEnumerator.MoveNext 列挙子の作成後にコレクションのオブジェクトが変更される場合は 。 詳細については、「コレクションを 反復中に変更する」を参照してください

  • ResourceSet.GetString メソッド呼び出しが行う前にリソース セットが閉じている場合は 。

  • XContainer.Add追加するオブジェクトが正しく構造化されていない XML ドキュメントになる場合は 。

  • メイン スレッドまたは UI スレッドではないスレッドから UI の操作を試みるメソッド。

重要

例外はさまざまな状況でスローされる可能性があるから、 プロパティによって返される例外メッセージを読 InvalidOperationException み取る必要 Message があります。

このセクションの内容は次のとおりです。

InvalidOperationException 例外の一般的な原因
UI 以外のスレッドからの UI スレッドの更新
反復中のコレクションの変更
オブジェクトを比較できない配列またはコレクションの並べ替え
null である Null 許容 < T > を基になる型にキャストする
空のコレクションでの System.Linq.Enumerable メソッドの呼び出し
1 つの要素のないシーケンスで Enumerable.Single または Enumerable.SingleOrDefault を呼び出す
動的なクロスアプリケーション ドメイン フィールド アクセス
InvalidOperationException 例外のスロー
その他の情報

InvalidOperationException 例外の一般的な原因

次のセクションでは、アプリで 例外がスローされる一 InvalidOperationException 般的なケースについて説明します。 問題の処理方法は、特定の状況によって異なります。 ただし、最も一般的に、例外は開発者エラーの結果であり、例外 InvalidOperationException は予想され、回避される可能性があります。

UI 以外のスレッドからの UI スレッドの更新

多くの場合、ワーカー スレッドは、アプリケーションのユーザー インターフェイスに表示されるデータの収集を含むバックグラウンド作業を実行するために使用されます。 ただし、 Windows Forms や Windows Presentation Foundation (WPF) など、.NET Framework のほとんどの GUI (グラフィカル ユーザー インターフェイス) アプリケーション フレームワークでは、UI (Main スレッドまたは UI スレッド) を作成および管理するスレッドからのみ GUI オブジェクトにアクセスできます。 は InvalidOperationException 、UI スレッド以外のスレッドから UI 要素にアクセスしようとするときにスローされます。 例外メッセージのテキストを次の表に示します。

アプリケーションの種類 メッセージ
WPF アプリ 呼び出し元のスレッドは、別のスレッドがオブジェクトを所有しているから、このオブジェクトにアクセスできません。
UWP アプリ アプリケーションは、別のスレッドに対してマーシャリングされたインターフェイスを呼び出しました。
Windowsフォーム アプリ スレッド間操作が無効: 作成されたスレッド以外のスレッドからアクセスされる 'TextBox1' を制御します。

.NET Framework の UI フレームワークは、UIスレッドで UI 要素のメンバーへの呼び出しが実行されているかどうかを確認するメソッドと、UI スレッドでの呼び出しをスケジュールする他のメソッドを含むディスパッチャー パターンを実装します。

  • WPF アプリで、 メソッドを呼び出して、メソッドが UI 以外のスレッドで実行 Dispatcher.CheckAccess されているかどうかを確認します。 メソッドが true UI スレッドで実行されている場合は を返し、それ以外の false 場合は を返します。 メソッドのオーバーロードの 1 つを呼 Dispatcher.Invoke び出して、UI スレッドでの呼び出しをスケジュールします。

  • UWP アプリで、 プロパティを確認して、UI 以外のスレッドでメソッドが実行 CoreDispatcher.HasThreadAccess されていないかどうかを確認します。 メソッドを CoreDispatcher.RunAsync 呼び出して、UI スレッドを更新するデリゲートを実行します。

  • フォーム Windowsでは、 プロパティを使用して、UI 以外のスレッドでメソッドが実行 Control.InvokeRequired されているかどうかを判断します。 メソッドのオーバーロードの 1 つを呼び Control.Invoke 出して、UI スレッドを更新するデリゲートを実行します。

次の例は、UI 要素を作成したスレッド以外のスレッドから UI 要素を更新しようとするときにスローされる例外 InvalidOperationException を示しています。 各例では、次の 2 つのコントロールを作成する必要があります。

  • という名前のテキスト ボックス コントロール textBox1 。 Windows フォーム アプリでは、その プロパティを に Multiline 設定する必要があります true

  • という名前のボタン コントロール threadExampleBtn 。 この例では、ボタンの イベント ThreadsExampleBtn_Click のハンドラー を提供 Click します。

それぞれの場合、イベント ハンドラーは threadExampleBtn_Click メソッドを 2 回 DoSomeWork 呼び出します。 最初の呼び出しは同期的に実行され、成功します。 ただし、2 回目の呼び出しでは、スレッド プール スレッドで非同期的に実行され、UI 以外のスレッドからの UI の更新が試行されます。 これにより、例外が発生 InvalidOperationException します。

WPF アプリと UWP アプリ

private async void threadExampleBtn_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    textBox1.Text = String.Empty;

    textBox1.Text = "Simulating work on UI thread.\n";
    DoSomeWork(20);
    textBox1.Text += "Work completed...\n";

    textBox1.Text += "Simulating work on non-UI thread.\n";
    await Task.Run( () => DoSomeWork(1000));
    textBox1.Text += "Work completed...\n";
}

private async void DoSomeWork(int milliseconds)
{
    // Simulate work.
    await Task.Delay(milliseconds);

    // Report completion.
    var msg = String.Format("Some work completed in {0} ms.\n", milliseconds);
    textBox1.Text += msg;
}
Private Async Sub threadExampleBtn_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs) Handles threadExampleBtn.Click
    textBox1.Text = String.Empty

    textBox1.Text = "Simulating work on UI thread." + vbCrLf
    DoSomeWork(20)
    textBox1.Text += "Work completed..." + vbCrLf

    textBox1.Text += "Simulating work on non-UI thread." + vbCrLf
    Await Task.Factory.StartNew(Sub()
                                    DoSomeWork(1000)
                                End Sub)
    textBox1.Text += "Work completed..." + vbCrLf
End Sub

Private Async Sub DoSomeWork(milliseconds As Integer)
    ' Simulate work.
    Await Task.Delay(milliseconds)

    ' Report completion.
    Dim msg = String.Format("Some work completed in {0} ms.", milliseconds) + vbCrLf
    textBox1.Text += msg
End Sub

次のバージョンの DoSomeWork メソッドでは、WPF アプリの例外が排除されます。

private async void DoSomeWork(int milliseconds)
{
    // Simulate work.
    await Task.Delay(milliseconds);

    // Report completion.
    bool uiAccess = textBox1.Dispatcher.CheckAccess();
    String msg = String.Format("Some work completed in {0} ms. on {1}UI thread\n",
                               milliseconds, uiAccess ? String.Empty : "non-");
    if (uiAccess)
        textBox1.Text += msg;
    else
        textBox1.Dispatcher.Invoke(() => { textBox1.Text += msg; });
}
Private Async Sub DoSomeWork(milliseconds As Integer)
    ' Simulate work.
    Await Task.Delay(milliseconds)

    ' Report completion.
    Dim uiAccess As Boolean = textBox1.Dispatcher.CheckAccess()
    Dim msg As String = String.Format("Some work completed in {0} ms. on {1}UI thread",
                                      milliseconds, If(uiAccess, String.Empty, "non-")) + 
                                      vbCrLf 
    If uiAccess Then
        textBox1.Text += msg
    Else
        textBox1.Dispatcher.Invoke( Sub() textBox1.Text += msg)
    End If
End Sub

次のバージョンの DoSomeWork メソッドでは、UWP アプリの例外が排除されます。

private async void DoSomeWork(int milliseconds)
{
    // Simulate work.
    await Task.Delay(milliseconds);

    // Report completion.
    bool uiAccess = textBox1.Dispatcher.HasThreadAccess;
    String msg = String.Format("Some work completed in {0} ms. on {1}UI thread\n",
                               milliseconds, uiAccess ? String.Empty : "non-");
    if (uiAccess)
        textBox1.Text += msg;
    else
        await textBox1.Dispatcher.RunAsync(CoreDispatcherPriority.Normal, () => { textBox1.Text += msg; });
}
Private Async Sub DoSomeWork(milliseconds As Integer)
    ' Simulate work.
    Await Task.Delay(milliseconds)

    ' Report completion.
    Dim uiAccess As Boolean = textBox1.Dispatcher.HasThreadAccess
    Dim msg As String = String.Format("Some work completed in {0} ms. on {1}UI thread" + vbCrLf,
                                      milliseconds, If(uiAccess, String.Empty, "non-"))
    If (uiAccess) Then
        textBox1.Text += msg
    Else
        Await textBox1.Dispatcher.RunAsync(CoreDispatcherPriority.Normal, Sub() textBox1.Text += msg)
    End If
End Sub

Windows フォーム アプリ

List<String> lines = new List<String>();

private async void threadExampleBtn_Click(object sender, EventArgs e)
{
    textBox1.Text = String.Empty;
    lines.Clear();

    lines.Add("Simulating work on UI thread.");
    textBox1.Lines = lines.ToArray();
    DoSomeWork(20);

    lines.Add("Simulating work on non-UI thread.");
    textBox1.Lines = lines.ToArray();
    await Task.Run(() => DoSomeWork(1000));

    lines.Add("ThreadsExampleBtn_Click completes. ");
    textBox1.Lines = lines.ToArray();
}

private async void DoSomeWork(int milliseconds)
{
    // simulate work
    await Task.Delay(milliseconds);

    // report completion
    lines.Add(String.Format("Some work completed in {0} ms on UI thread.", milliseconds));
    textBox1.Lines = lines.ToArray();
}
Dim lines As New List(Of String)()
Private Async Sub threadExampleBtn_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles threadExampleBtn.Click
    textBox1.Text = String.Empty
    lines.Clear()

    lines.Add("Simulating work on UI thread.")
    textBox1.Lines = lines.ToArray()
    DoSomeWork(20)

    lines.Add("Simulating work on non-UI thread.")
    textBox1.Lines = lines.ToArray()
    Await Task.Run(Sub() DoSomeWork(1000))

    lines.Add("ThreadsExampleBtn_Click completes. ")
    textBox1.Lines = lines.ToArray()
End Sub

Private Async Sub DoSomeWork(milliseconds As Integer)
    ' Simulate work.
    Await Task.Delay(milliseconds)

    ' Report completion.
    lines.Add(String.Format("Some work completed in {0} ms on UI thread.", milliseconds))
    textBox1.Lines = lines.ToArray()
End Sub

次のバージョンの DoSomeWork メソッドを使用すると、Windowsフォーム アプリで例外が除去されます。

private async void DoSomeWork(int milliseconds)
{
    // simulate work
    await Task.Delay(milliseconds);

    // Report completion.
    bool uiMarshal = textBox1.InvokeRequired;
    String msg = String.Format("Some work completed in {0} ms. on {1}UI thread\n",
                               milliseconds, uiMarshal ? String.Empty : "non-");
    lines.Add(msg);

    if (uiMarshal) {
        textBox1.Invoke(new Action(() => { textBox1.Lines = lines.ToArray(); }));
    }
    else {
        textBox1.Lines = lines.ToArray();
    }
}
Private Async Sub DoSomeWork(milliseconds As Integer)
    ' Simulate work.
    Await Task.Delay(milliseconds)

    ' Report completion.
    Dim uiMarshal As Boolean = textBox1.InvokeRequired
    Dim msg As String = String.Format("Some work completed in {0} ms. on {1}UI thread" + vbCrLf,
                                      milliseconds, If(uiMarshal, String.Empty, "non-"))
    lines.Add(msg)

    If uiMarshal Then
        textBox1.Invoke(New Action(Sub() textBox1.Lines = lines.ToArray()))
    Else
        textBox1.Lines = lines.ToArray()
    End If
End Sub

反復中のコレクションの変更

C# の ステートメントまたは Visual Basic ステートメントは、コレクションのメンバーを反復処理したり、個々の要素を読み取りまたは変更したりするために foreach For Each 使用されます。 ただし、コレクションに対する項目の追加や削除には使用できません。 これにより、次のようなメッセージで例外がスロー InvalidOperationException されます。 "コレクションが変更されました。列挙操作を実行できない場合があります。"

次の例では、整数のコレクションを反復処理し、各整数の 2 乗をコレクションに追加します。 この例では、 メソッドの最初 InvalidOperationException の呼び出しで をスロー List<T>.Add します。

using System;
using System.Collections.Generic;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      var numbers = new List<int>() { 1, 2, 3, 4, 5 };
      foreach (var number in numbers) {
         int square = (int) Math.Pow(number, 2);
         Console.WriteLine("{0}^{1}", number, square);
         Console.WriteLine("Adding {0} to the collection...\n", square);
         numbers.Add(square);
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//    1^1
//    Adding 1 to the collection...
//
//
//    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Collection was modified;
//       enumeration operation may not execute.
//       at System.ThrowHelper.ThrowInvalidOperationException(ExceptionResource resource)
//       at System.Collections.Generic.List`1.Enumerator.MoveNextRare()
//       at Example.Main()
Imports System.Collections.Generic

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim numbers As New List(Of Integer)( { 1, 2, 3, 4, 5 } )
      For Each number In numbers
         Dim square As Integer = CInt(Math.Pow(number, 2))
         Console.WriteLine("{0}^{1}", number, square)
         Console.WriteLine("Adding {0} to the collection..." + vbCrLf, 
                           square)
         numbers.Add(square)
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'    1^1
'    Adding 1 to the collection...
'    
'    
'    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Collection was modified; 
'       enumeration operation may not execute.
'       at System.ThrowHelper.ThrowInvalidOperationException(ExceptionResource resource)
'       at System.Collections.Generic.List`1.Enumerator.MoveNextRare()
'       at Example.Main()

アプリケーション ロジックに応じて、次の 2 つの方法のいずれかを使用して例外を排除できます。

  • 反復処理中に要素をコレクションに追加する必要がある場合は、 または ではなく ステートメントを使用して、インデックスを使用して反復 for 処理 foreach できます For Each 。 次の例では、 for ステートメントを使用して、コレクション内の数値の 2 乗をコレクションに追加します。

    using System;
    using System.Collections.Generic;
    
    public class Example
    {
       public static void Main()
       {
          var numbers = new List<int>() { 1, 2, 3, 4, 5 };
    
          int upperBound = numbers.Count - 1;
          for (int ctr = 0; ctr <= upperBound; ctr++) {
             int square = (int) Math.Pow(numbers[ctr], 2);
             Console.WriteLine("{0}^{1}", numbers[ctr], square);
             Console.WriteLine("Adding {0} to the collection...\n", square);
             numbers.Add(square);
          }
    
          Console.WriteLine("Elements now in the collection: ");
          foreach (var number in numbers)
             Console.Write("{0}    ", number);
       }
    }
    // The example displays the following output:
    //    1^1
    //    Adding 1 to the collection...
    //
    //    2^4
    //    Adding 4 to the collection...
    //
    //    3^9
    //    Adding 9 to the collection...
    //
    //    4^16
    //    Adding 16 to the collection...
    //
    //    5^25
    //    Adding 25 to the collection...
    //
    //    Elements now in the collection:
    //    1    2    3    4    5    1    4    9    16    25
    
    Imports System.Collections.Generic
    
    Module Example
       Public Sub Main()
          Dim numbers As New List(Of Integer)( { 1, 2, 3, 4, 5 } )
          Dim upperBound = numbers.Count - 1
    
          For ctr As Integer = 0 To upperBound
             Dim square As Integer = CInt(Math.Pow(numbers(ctr), 2))
             Console.WriteLine("{0}^{1}", numbers(ctr), square)
             Console.WriteLine("Adding {0} to the collection..." + vbCrLf, 
                               square)
             numbers.Add(square)
          Next
       
          Console.WriteLine("Elements now in the collection: ")
          For Each number In numbers
             Console.Write("{0}    ", number)
          Next   
       End Sub
    End Module
    ' The example displays the following output:
    '    1^1
    '    Adding 1 to the collection...
    '    
    '    2^4
    '    Adding 4 to the collection...
    '    
    '    3^9
    '    Adding 9 to the collection...
    '    
    '    4^16
    '    Adding 16 to the collection...
    '    
    '    5^25
    '    Adding 25 to the collection...
    '    
    '    Elements now in the collection:
    '    1    2    3    4    5    1    4    9    16    25
    

    ループ内でループを適切に終了するカウンターを使用して、コレクションを反復処理する前に反復回数を確立する必要があります。逆方向に反復処理を行い、 - 1 から 0 に反復処理するか、例のように、配列内の要素の数を変数に割り当て、それを使用してループの上限を確立します。 Count それ以外の場合、反復ごとに要素がコレクションに追加された場合、無限ループが発生します。

  • 反復中にコレクションに要素を追加する必要がない場合は、コレクションの反復を完了するときに追加する一時コレクションに追加する要素を格納できます。 次の例では、この方法を使用して、コレクション内の数値の 2 乗を一時コレクションに追加し、コレクションを 1 つの配列オブジェクトに結合します。

    using System;
    using System.Collections.Generic;
    
    public class Example
    {
       public static void Main()
       {
          var numbers = new List<int>() { 1, 2, 3, 4, 5 };
          var temp = new List<int>();
    
          // Square each number and store it in a temporary collection.
          foreach (var number in numbers) {
             int square = (int) Math.Pow(number, 2);
             temp.Add(square);
          }
    
          // Combine the numbers into a single array.
          int[] combined = new int[numbers.Count + temp.Count];
          Array.Copy(numbers.ToArray(), 0, combined, 0, numbers.Count);
          Array.Copy(temp.ToArray(), 0, combined, numbers.Count, temp.Count);
    
          // Iterate the array.
          foreach (var value in combined)
             Console.Write("{0}    ", value);
       }
    }
    // The example displays the following output:
    //       1    2    3    4    5    1    4    9    16    25
    
    Imports System.Collections.Generic
    
    Module Example
       Public Sub Main()
          Dim numbers As New List(Of Integer)( { 1, 2, 3, 4, 5 } )
          Dim temp As New List(Of Integer)()
          
          ' Square each number and store it in a temporary collection.
          For Each number In numbers
             Dim square As Integer = CInt(Math.Pow(number, 2))
             temp.Add(square)
          Next
        
          ' Combine the numbers into a single array.
          Dim combined(numbers.Count + temp.Count - 1) As Integer 
          Array.Copy(numbers.ToArray(), 0, combined, 0, numbers.Count)
          Array.Copy(temp.ToArray(), 0, combined, numbers.Count, temp.Count)
          
          ' Iterate the array.
          For Each value In combined
             Console.Write("{0}    ", value)
          Next
       End Sub
    End Module
    ' The example displays the following output:
    '       1    2    3    4    5    1    4    9    16    25
    

オブジェクトを比較できない配列またはコレクションの並べ替え

メソッドや メソッドなどの汎用の並べ替えメソッドでは、通常、少なくとも 1 つのオブジェクトを並べ替える必要があります。 または インターフェイス Array.Sort(Array) List<T>.Sort() IComparable<T> を実装 IComparable する必要があります。 ない場合、コレクションまたは配列を並べ替え、メソッドは例外をスロー InvalidOperationException します。 次の例では、 クラスを定義し、2 つの オブジェクトをジェネリック オブジェクトに格納し、それらを Person Person List<T> 並べ替えます。 例の出力に示すように、 メソッドの呼び出 List<T>.Sort() しは をスローします InvalidOperationException

using System;
using System.Collections.Generic;

public class Person
{
   public Person(String fName, String lName)
   {
      FirstName = fName;
      LastName = lName;
   }

   public String FirstName { get; set; }
   public String LastName { get; set; }
}

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      var people = new List<Person>();

      people.Add(new Person("John", "Doe"));
      people.Add(new Person("Jane", "Doe"));
      people.Sort();
      foreach (var person in people)
         Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Failed to compare two elements in the array. --->
//       System.ArgumentException: At least one object must implement IComparable.
//       at System.Collections.Comparer.Compare(Object a, Object b)
//       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.SwapIfGreater(T[] keys, IComparer`1 comparer, Int32 a, Int32 b)
//       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.DepthLimitedQuickSort(T[] keys, Int32 left, Int32 right, IComparer`1 comparer, Int32 depthLimit)
//       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.Sort(T[] keys, Int32 index, Int32 length, IComparer`1 comparer)
//       --- End of inner exception stack trace ---
//       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.Sort(T[] keys, Int32 index, Int32 length, IComparer`1 comparer)
//       at System.Array.Sort[T](T[] array, Int32 index, Int32 length, IComparer`1 comparer)
//       at System.Collections.Generic.List`1.Sort(Int32 index, Int32 count, IComparer`1 comparer)
//       at Example.Main()
Imports System.Collections.Generic

Public Class Person
   Public Sub New(fName As String, lName As String)
      FirstName = fName
      LastName = lName
   End Sub
   
   Public Property FirstName As String
   Public Property LastName As String
End Class

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim people As New List(Of Person)()
      
      people.Add(New Person("John", "Doe"))
      people.Add(New Person("Jane", "Doe"))
      people.Sort()
      For Each person In people
         Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName)
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Failed to compare two elements in the array. ---> 
'       System.ArgumentException: At least one object must implement IComparable.
'       at System.Collections.Comparer.Compare(Object a, Object b)
'       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.SwapIfGreater(T[] keys, IComparer`1 comparer, Int32 a, Int32 b)
'       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.DepthLimitedQuickSort(T[] keys, Int32 left, Int32 right, IComparer`1 comparer, Int32 depthLimit)
'       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.Sort(T[] keys, Int32 index, Int32 length, IComparer`1 comparer)
'       --- End of inner exception stack trace ---
'       at System.Collections.Generic.ArraySortHelper`1.Sort(T[] keys, Int32 index, Int32 length, IComparer`1 comparer)
'       at System.Array.Sort[T](T[] array, Int32 index, Int32 length, IComparer`1 comparer)
'       at System.Collections.Generic.List`1.Sort(Int32 index, Int32 count, IComparer`1 comparer)
'       at Example.Main()

例外は、次の 3 つの方法で排除できます。

  • 並べ替えようとしている型 (つまり、ソース コードを制御する場合) を所有できる場合は、 または インターフェイスを実装するために変更 IComparable<T> IComparable できます。 これには、 メソッドまたは メソッドを実装 IComparable<T>.CompareTo する必要 CompareTo があります。 既存の型へのインターフェイス実装の追加は、大きな変更ではありません。

    次の例では、この方法を使用して、 IComparable<T> クラスの実装を提供 Person します。 コレクションまたは配列の一般的な並べ替えメソッドを呼び出し、例の出力に示すように、コレクションは正常に並べ替えを行います。

    using System;
    using System.Collections.Generic;
    
    public class Person : IComparable<Person>
    {
       public Person(String fName, String lName)
       {
          FirstName = fName;
          LastName = lName;
       }
    
       public String FirstName { get; set; }
       public String LastName { get; set; }
    
       public int CompareTo(Person other)
       {
          return String.Format("{0} {1}", LastName, FirstName).
                 CompareTo(String.Format("{0} {1}", other.LastName, other.FirstName));
       }
    }
    
    public class Example
    {
       public static void Main()
       {
          var people = new List<Person>();
    
          people.Add(new Person("John", "Doe"));
          people.Add(new Person("Jane", "Doe"));
          people.Sort();
          foreach (var person in people)
             Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName);
       }
    }
    // The example displays the following output:
    //       Jane Doe
    //       John Doe
    
    Imports System.Collections.Generic
    
    Public Class Person : Implements IComparable(Of Person)
       Public Sub New(fName As String, lName As String)
          FirstName = fName
          LastName = lName
       End Sub
       
       Public Property FirstName As String
       Public Property LastName As String
       
       Public Function CompareTo(other As Person) As Integer _
              Implements IComparable(Of Person).CompareTo
          Return String.Format("{0} {1}", LastName, FirstName).
                CompareTo(String.Format("{0} {1}", other.LastName, other.FirstName))    
       End Function
    End Class
    
    Module Example
       Public Sub Main()
          Dim people As New List(Of Person)()
          
          people.Add(New Person("John", "Doe"))
          people.Add(New Person("Jane", "Doe"))
          people.Sort()
          For Each person In people
             Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName)
          Next
       End Sub
    End Module
    ' The example displays the following output:
    '       Jane Doe
    '       John Doe
    
  • 並べ替えようとしている型のソース コードを変更できない場合は、 インターフェイスを実装する特殊な目的の並べ替えクラスを定義 IComparer<T> できます。 パラメーターを含む メソッドのオーバーロード Sort を呼び出 IComparer<T> します。 この方法は、複数の条件に基づいてオブジェクトを並べ替える特殊な並べ替えクラスを開発する場合に特に便利です。

    次の例では、コレクションの並べ替えに使用されるカスタム クラスを開発 PersonComparer することで、 アプローチを Person 使用します。 次に、このクラスのインスタンスを メソッドに渡 List<T>.Sort(IComparer<T>) します。

    using System;
    using System.Collections.Generic;
    
    public class Person
    {
       public Person(String fName, String lName)
       {
          FirstName = fName;
          LastName = lName;
       }
    
       public String FirstName { get; set; }
       public String LastName { get; set; }
    }
    
    public class PersonComparer : IComparer<Person>
    {
       public int Compare(Person x, Person y)
       {
          return String.Format("{0} {1}", x.LastName, x.FirstName).
                 CompareTo(String.Format("{0} {1}", y.LastName, y.FirstName));
       }
    }
    
    public class Example
    {
       public static void Main()
       {
          var people = new List<Person>();
    
          people.Add(new Person("John", "Doe"));
          people.Add(new Person("Jane", "Doe"));
          people.Sort(new PersonComparer());
          foreach (var person in people)
             Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName);
       }
    }
    // The example displays the following output:
    //       Jane Doe
    //       John Doe
    
    Imports System.Collections.Generic
    
    Public Class Person
       Public Sub New(fName As String, lName As String)
          FirstName = fName
          LastName = lName
       End Sub
       
       Public Property FirstName As String
       Public Property LastName As String
    End Class
    
    Public Class PersonComparer : Implements IComparer(Of Person)
       Public Function Compare(x As Person, y As Person) As Integer _
              Implements IComparer(Of Person).Compare
          Return String.Format("{0} {1}", x.LastName, x.FirstName).
                 CompareTo(String.Format("{0} {1}", y.LastName, y.FirstName))    
       End Function       
    End Class
    
    Module Example
       Public Sub Main()
          Dim people As New List(Of Person)()
          
          people.Add(New Person("John", "Doe"))
          people.Add(New Person("Jane", "Doe"))
          people.Sort(New PersonComparer())
          For Each person In people
             Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName)
          Next
       End Sub
    End Module
    ' The example displays the following output:
    '       Jane Doe
    '       John Doe
    
  • 並べ替えようとしている型のソース コードを変更できない場合は、並べ替えを実行するデリゲート Comparison<T> を作成できます。 デリゲートシグネチャは次の値です。

    Function Comparison(Of T)(x As T, y As T) As Integer  
    
    int Comparison<T>(T x, T y)  
    

    次の例では、デリゲートシグネチャに一致する PersonComparison メソッドを定義することで、 アプローチを Comparison<T> 使用します。 次に、このデリゲートを メソッドに渡 List<T>.Sort(Comparison<T>) します。

    using System;
    using System.Collections.Generic;
    
    public class Person
    {
       public Person(String fName, String lName)
       {
          FirstName = fName;
          LastName = lName;
       }
    
       public String FirstName { get; set; }
       public String LastName { get; set; }
    }
    
    public class Example
    {
       public static void Main()
       {
          var people = new List<Person>();
    
          people.Add(new Person("John", "Doe"));
          people.Add(new Person("Jane", "Doe"));
          people.Sort(PersonComparison);
          foreach (var person in people)
             Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName);
       }
    
       public static int PersonComparison(Person x, Person y)
       {
          return String.Format("{0} {1}", x.LastName, x.FirstName).
                 CompareTo(String.Format("{0} {1}", y.LastName, y.FirstName));
       }
    }
    // The example displays the following output:
    //       Jane Doe
    //       John Doe
    
    Imports System.Collections.Generic
    
    Public Class Person
       Public Sub New(fName As String, lName As String)
          FirstName = fName
          LastName = lName
       End Sub
       
       Public Property FirstName As String
       Public Property LastName As String
    End Class
    
    Module Example
       Public Sub Main()
          Dim people As New List(Of Person)()
          
          people.Add(New Person("John", "Doe"))
          people.Add(New Person("Jane", "Doe"))
          people.Sort(AddressOf PersonComparison)
          For Each person In people
             Console.WriteLine("{0} {1}", person.FirstName, person.LastName)
          Next
       End Sub
       
       Public Function PersonComparison(x As Person, y As Person) As Integer
          Return String.Format("{0} {1}", x.LastName, x.FirstName).
                 CompareTo(String.Format("{0} {1}", y.LastName, y.FirstName))    
       End Function
    End Module
    ' The example displays the following output:
    '       Jane Doe
    '       John Doe
    

null である Null 許容 <T> 型を基になる型にキャストする

基になる型に値をキャストしようとすると、例外がスローされ、"Null 許容オブジェクトには値が必要です" というエラー メッセージ Nullable<T> null InvalidOperationException が表示されます。

次の例では、値を含む配列を反復処理しようとするときに InvalidOperationException 例外をスロー Nullable(Of Integer) します。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      var queryResult = new int?[] { 1, 2, null, 4 };
      var map = queryResult.Select(nullableInt => (int)nullableInt);

      // Display list.
      foreach (var num in map)
         Console.Write("{0} ", num);
      Console.WriteLine();
   }
}
// The example displays the following output:
//    1 2
//    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Nullable object must have a value.
//       at System.ThrowHelper.ThrowInvalidOperationException(ExceptionResource resource)
//       at Example.<Main>b__0(Nullable`1 nullableInt)
//       at System.Linq.Enumerable.WhereSelectArrayIterator`2.MoveNext()
//       at Example.Main()
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim queryResult = New Integer?() { 1, 2, Nothing, 4 }
      Dim map = queryResult.Select(Function(nullableInt) CInt(nullableInt))
      
      ' Display list.
      For Each num In map
         Console.Write("{0} ", num)
      Next
      Console.WriteLine()   
   End Sub
End Module
' The example displays thIe following output:
'    1 2
'    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Nullable object must have a value.
'       at System.ThrowHelper.ThrowInvalidOperationException(ExceptionResource resource)
'       at Example.<Main>b__0(Nullable`1 nullableInt)
'       at System.Linq.Enumerable.WhereSelectArrayIterator`2.MoveNext()
'       at Example.Main()

例外を回避するには:

次の例では、両方とも例外を回避し InvalidOperationException ます。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      var queryResult = new int?[] { 1, 2, null, 4 };
      var numbers = queryResult.Select(nullableInt => (int)nullableInt.GetValueOrDefault());

      // Display list using Nullable<int>.HasValue.
      foreach (var number in numbers)
         Console.Write("{0} ", number);
      Console.WriteLine();

      numbers = queryResult.Select(nullableInt => (int) (nullableInt.HasValue ? nullableInt : -1));
      // Display list using Nullable<int>.GetValueOrDefault.
      foreach (var number in numbers)
         Console.Write("{0} ", number);
      Console.WriteLine();
   }
}
// The example displays the following output:
//       1 2 0 4
//       1 2 -1 4
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim queryResult = New Integer?() { 1, 2, Nothing, 4 }
      Dim numbers = queryResult.Select(Function(nullableInt) _ 
                                          CInt(nullableInt.GetValueOrDefault()))
      ' Display list.
      For Each number In numbers
         Console.Write("{0} ", number)
      Next
      Console.WriteLine()
      
      ' Use -1 to indicate a missing values.
      numbers = queryResult.Select(Function(nullableInt) _   
                                      CInt(If(nullableInt.HasValue, nullableInt, -1)))
      ' Display list.
      For Each number In numbers
         Console.Write("{0} ", number)
      Next
      Console.WriteLine()
                                      
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       1 2 0 4
'       1 2 -1 4

空のコレクションでの system.string メソッドの呼び出し

Enumerable.Aggregate、、 Enumerable.Average 、、、、 Enumerable.First Enumerable.Last Enumerable.Max Enumerable.Min Enumerable.Single 、およびの Enumerable.SingleOrDefault 各メソッドは、シーケンスに対して操作を実行し、1つの結果を返します。 これらのメソッドの一部のオーバーロード InvalidOperationException は、シーケンスが空の場合に例外をスローし、他のオーバーロードはを返し null ます。 また、このメソッドは、 Enumerable.SingleOrDefault InvalidOperationException シーケンスに複数の要素が含まれている場合にも例外をスローします。

注意

例外をスローするメソッドのほとんど InvalidOperationException はオーバーロードです。 選択したオーバーロードの動作を理解していることを確認してください。

次の表に、 InvalidOperationException いくつかのメソッドの呼び出しによってスローされる例外オブジェクトからの例外メッセージの一覧を示し System.Linq.Enumerable ます。

メソッド メッセージ
Aggregate
Average
Last
Max
Min
シーケンスに要素が含まれていません
First シーケンスに一致する要素が含まれていません
Single
SingleOrDefault
シーケンスに複数の一致する要素が含まれています

例外を除去または処理する方法は、アプリケーションの前提条件と、呼び出す特定の方法によって異なります。

  • 空のシーケンスを確認せずにこれらのメソッドのいずれかを意図的に呼び出した場合は、シーケンスが空ではなく、空のシーケンスが予期しない状態になることを前提としています。 この場合、例外をキャッチまたは再スローするのが適切です。

  • 空のシーケンスのチェックに失敗した場合は、オーバーロードのいずれかのオーバーロードを呼び出して、 Enumerable.Any シーケンスに要素が含まれているかどうかを判断できます。

    ヒント

    Enumerable.Any<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)シーケンスを生成する前にメソッドを呼び出すと、処理されるデータに多数の要素が含まれている場合や、シーケンスを生成する操作の負荷が高い場合に、パフォーマンスが向上します。

  • 、、またはなどのメソッドを呼び出した場合は Enumerable.First Enumerable.Last Enumerable.Single Enumerable.FirstOrDefaultEnumerable.LastOrDefault シーケンスのメンバーではなく既定値を返す、、などの別のメソッドを置き換えることができ Enumerable.SingleOrDefault ます。

これらの例では、追加の詳細情報を提供します。

次の例では、メソッドを使用して、 Enumerable.Average 値が4より大きいシーケンスの平均を計算します。 元の配列の値が4を超えることはないため、シーケンスに値は含まれず、メソッドは例外をスローし InvalidOperationException ます。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int[] data = { 1, 2, 3, 4 };
      var average = data.Where(num => num > 4).Average();
      Console.Write("The average of numbers greater than 4 is {0}",
                    average);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Sequence contains no elements
//       at System.Linq.Enumerable.Average(IEnumerable`1 source)
//       at Example.Main()
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim data() As Integer = { 1, 2, 3, 4 }
      Dim average = data.Where(Function(num) num > 4).Average()
      Console.Write("The average of numbers greater than 4 is {0}",
                    average)
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: Sequence contains no elements
'       at System.Linq.Enumerable.Average(IEnumerable`1 source)
'       at Example.Main()

Any次の例に示すように、メソッドを呼び出して、シーケンスを処理するメソッドを呼び出す前に、シーケンスに要素が含まれているかどうかを判断することにより、例外を排除できます。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
       int[] dbQueryResults = { 1, 2, 3, 4 };
       var moreThan4 = dbQueryResults.Where(num => num > 4);

       if(moreThan4.Any())
           Console.WriteLine("Average value of numbers greater than 4: {0}:",
                             moreThan4.Average());
       else
           // handle empty collection
           Console.WriteLine("The dataset has no values greater than 4.");
   }
}
// The example displays the following output:
//       The dataset has no values greater than 4.
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
       Dim dbQueryResults() As Integer = { 1, 2, 3, 4 }
       Dim moreThan4 = dbQueryResults.Where(Function(num) num > 4)
   
       If moreThan4.Any() Then
           Console.WriteLine("Average value of numbers greater than 4: {0}:", 
                             moreThan4.Average())
       Else
           ' Handle empty collection. 
           Console.WriteLine("The dataset has no values greater than 4.")
       End If    
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       The dataset has no values greater than 4.

メソッドは、 Enumerable.First シーケンス内の最初の項目、または指定された条件を満たすシーケンス内の最初の要素を返します。 シーケンスが空であるために最初の要素がない場合は、例外がスローさ InvalidOperationException れます。

次の例では、 Enumerable.First<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>) InvalidOperationException dbQueryResults 配列に4より大きい要素が含まれていないため、メソッドは例外をスローします。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int[] dbQueryResults = { 1, 2, 3, 4 };

      var firstNum = dbQueryResults.First(n => n > 4);

      Console.WriteLine("The first value greater than 4 is {0}",
                        firstNum);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException:
//       Sequence contains no matching element
//       at System.Linq.Enumerable.First[TSource](IEnumerable`1 source, Func`2 predicate)
//       at Example.Main()
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim dbQueryResults() As Integer = { 1, 2, 3, 4 }

      Dim firstNum = dbQueryResults.First(Function(n) n > 4)

      Console.WriteLine("The first value greater than 4 is {0}", 
                        firstNum)
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: 
'       Sequence contains no matching element
'       at System.Linq.Enumerable.First[TSource](IEnumerable`1 source, Func`2 predicate)
'       at Example.Main()

Enumerable.FirstOrDefaultの代わりにメソッドを呼び出して、 Enumerable.First 指定された値または既定値を返すことができます。 メソッドがシーケンス内の最初の要素を見つけられない場合は、そのデータ型の既定値を返します。 既定値は、 null 参照型の場合は0、数値データ型の場合は0、型の場合はです DateTime.MinValue DateTime

注意

メソッドによって返される値を解釈すること Enumerable.FirstOrDefault は、多くの場合、型の既定値がシーケンス内の有効な値であるという事実によって複雑になります。 この場合は、メソッドを呼び出して、 Enumerable.Any メソッドを呼び出す前に、シーケンスに有効なメンバーがあるかどうかを確認し Enumerable.First ます。

次の例では、メソッドを呼び出して、 Enumerable.FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>) 前の例で例外がスローされないようにして InvalidOperationException います。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int[] dbQueryResults = { 1, 2, 3, 4 };

      var firstNum = dbQueryResults.FirstOrDefault(n => n > 4);

      if (firstNum == 0)
         Console.WriteLine("No value is greater than 4.");
      else
         Console.WriteLine("The first value greater than 4 is {0}",
                           firstNum);
   }
}
// The example displays the following output:
//       No value is greater than 4.
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim dbQueryResults() As Integer = { 1, 2, 3, 4 }

      Dim firstNum = dbQueryResults.FirstOrDefault(Function(n) n > 4)

      If firstNum = 0 Then
         Console.WriteLIne("No value is greater than 4.")
      Else   
         Console.WriteLine("The first value greater than 4 is {0}", 
                           firstNum)
      End If                     
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       No value is greater than 4.

1つの要素を含まないシーケンスで列挙可能な単一または SingleOrDefault を呼び出す

メソッドは、 Enumerable.Single シーケンスの唯一の要素、または指定された条件を満たすシーケンスの唯一の要素を返します。 シーケンス内に要素が存在しない場合、または複数の要素が存在する場合、メソッドは InvalidOperationException 例外をスローします。

シーケンスに要素が Enumerable.SingleOrDefault 含まれていない場合に例外をスローする代わりに、メソッドを使用して既定値を返すことができます。 ただし、 Enumerable.SingleOrDefault InvalidOperationException シーケンスに複数の要素が含まれている場合、メソッドは依然として例外をスローします。

次の表は、 InvalidOperationException メソッドおよびメソッドの呼び出しによってスローされた例外オブジェクトからの例外メッセージの一覧 Enumerable.Single Enumerable.SingleOrDefault です。

メソッド メッセージ
Single シーケンスに一致する要素が含まれていません
Single
SingleOrDefault
シーケンスに複数の一致する要素が含まれています

次の例では、 Enumerable.Single InvalidOperationException シーケンスに4より大きい要素が含まれていないため、メソッドの呼び出しで例外がスローされます。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
       int[] dbQueryResults = { 1, 2, 3, 4 };

       var singleObject = dbQueryResults.Single(value => value > 4);

       // Display results.
       Console.WriteLine("{0} is the only value greater than 4", singleObject);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException:
//       Sequence contains no matching element
//       at System.Linq.Enumerable.Single[TSource](IEnumerable`1 source, Func`2 predicate)
//       at Example.Main()
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
       Dim dbQueryResults() As Integer = { 1, 2, 3, 4 }
   
       Dim singleObject = dbQueryResults.Single(Function(value) value > 4)
   
       ' Display results.
       Console.WriteLine("{0} is the only value greater than 4", 
                         singleObject)
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: 
'       Sequence contains no matching element
'       at System.Linq.Enumerable.Single[TSource](IEnumerable`1 source, Func`2 predicate)
'       at Example.Main()

次の例で InvalidOperationException は、メソッドを呼び出す代わりに、シーケンスが空の場合にスローされる例外を回避しようとして Enumerable.SingleOrDefault います。 ただし、このシーケンスは2より大きい値を持つ複数の要素を返すため、例外もスロー InvalidOperationException します。

using System;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
       int[] dbQueryResults = { 1, 2, 3, 4 };

       var singleObject = dbQueryResults.SingleOrDefault(value => value > 2);

       if (singleObject != 0)
           Console.WriteLine("{0} is the only value greater than 2",
                             singleObject);
       else
           // Handle an empty collection.
           Console.WriteLine("No value is greater than 2");
   }
}
// The example displays the following output:
//    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException:
//       Sequence contains more than one matching element
//       at System.Linq.Enumerable.SingleOrDefault[TSource](IEnumerable`1 source, Func`2 predicate)
//       at Example.Main()
Imports System.Linq

Module Example
   Public Sub Main()
       Dim dbQueryResults() As Integer = { 1, 2, 3, 4 }
   
       Dim singleObject = dbQueryResults.SingleOrDefault(Function(value) value > 2)
   
       If singleObject <> 0 Then
           Console.WriteLine("{0} is the only value greater than 2", 
                             singleObject)
       Else
           ' Handle an empty collection.
           Console.WriteLine("No value is greater than 2")
       End If    
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'    Unhandled Exception: System.InvalidOperationException: 
'       Sequence contains more than one matching element
'       at System.Linq.Enumerable.SingleOrDefault[TSource](IEnumerable`1 source, Func`2 predicate)
'       at Example.Main()

メソッドを呼び出す Enumerable.Single と、指定した条件を満たすシーケンスまたはシーケンスに含まれる要素が1つだけであることが前提となります。 Enumerable.SingleOrDefault 0個または1個の結果を持つシーケンスを想定していますが、これ以上はありません。 この想定が自分のパーツに意図的に作成されていて、これらの条件が満たされていない場合は、結果のを再スローまたはキャッチすることが InvalidOperationException 適切です。 それ以外の場合、または何らかの頻度で無効な条件が発生すると予想される場合は、やなどの他の方法を使用することを検討してください Enumerable FirstOrDefault Where

動的なクロスアプリケーションドメインフィールドアクセス

OpCodes.Ldflda InvalidOperationException 取得しようとしているアドレスがコードを実行しているアプリケーションドメイン内にない場合、Microsoft 中間言語 (MSIL) 命令は例外をスローします。 フィールドのアドレスには、そのフィールドが存在するアプリケーションドメインからのみアクセスできます。

InvalidOperationException 例外のスロー

InvalidOperationException何らかの理由でオブジェクトの状態が特定のメソッド呼び出しをサポートしていない場合にのみ、例外をスローする必要があります。 つまり、メソッドの呼び出しは、状況やコンテキストによっては有効ですが、他の方法では無効です。

メソッドの呼び出しエラーが無効な引数である場合、 ArgumentException またはその派生クラス (または) のいずれかを ArgumentNullException 代わりにスローする必要が ArgumentOutOfRangeException あります。

その他の情報

InvalidOperationException では、値 0x8013150 9 を持つ HRESULT COR_E_INVALIDOPERATION が使用されます。

インスタンスの初期プロパティ値の一覧についてはInvalidOperationExceptionを参照してください、InvalidOperationExceptionコンス トラクター。

コンストラクター

InvalidOperationException()

InvalidOperationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

InvalidOperationException(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化したデータを使用して、InvalidOperationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

InvalidOperationException(String)

指定したエラー メッセージを使用して、InvalidOperationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

InvalidOperationException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、InvalidOperationException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState
互換性のために残されています。

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください