File.Exists(String) File.Exists(String) File.Exists(String) File.Exists(String) Method

定義

指定したファイルが存在するかどうかを確認します。Determines whether the specified file exists.

public:
 static bool Exists(System::String ^ path);
public static bool Exists (string path);
static member Exists : string -> bool
Public Shared Function Exists (path As String) As Boolean

パラメーター

path
String String String String

確認するファイル。The file to check.

戻り値

呼び出し元が必要なアクセス許可を持ち、true に既存のファイル名が格納されている場合は path。それ以外の場合は falsetrue if the caller has the required permissions and path contains the name of an existing file; otherwise, false. falsepath、正しくないパス、または長さ 0 の文字列の場合にも、このメソッドは null を返します。This method also returns false if path is null, an invalid path, or a zero-length string. 呼び出し元が指定したファイルを読み取るための十分なアクセス許可を持たない場合、例外はスローされず、このメソッドは、false の有無にかかわらず path を返します。If the caller does not have sufficient permissions to read the specified file, no exception is thrown and the method returns false regardless of the existence of path.

次の例では、ファイルが存在するかどうかを確認します。The following example determines if a file exists.

string curFile = @"c:\temp\test.txt";
Console.WriteLine(File.Exists(curFile) ? "File exists." : "File does not exist.");
Dim curFile As String = "c:\temp\test.txt"
Console.WriteLine(If(File.Exists(curFile), "File exists.", "File does not exist."))

注釈

メソッドをパスの検証に使用することはできません。このメソッドは、にpath指定されたファイルが存在するかどうかを確認するだけです。 ExistsThe Exists method should not be used for path validation, this method merely checks if the file specified in path exists. Exists無効なパスを渡すfalseと、が返されます。Passing an invalid path to Exists returns false. パスに無効な文字が含まれているかどうかをGetInvalidPathChars確認するには、メソッドを呼び出して、ファイルシステムに対して無効な文字を取得します。To check whether the path contains any invalid characters, you can call the GetInvalidPathChars method to retrieve the characters that are invalid for the file system. また、パスが環境に対して有効かどうかをテストするための正規表現を作成することもできます。You can also create a regular expression to test the whether the path is valid for your environment. 許容されるパスの例にFileついては、「」を参照してください。For examples of acceptable paths, see File.

ディレクトリが存在するかどうかをDirectory.Exists確認するには、「」を参照してください。To check if a directory exists, see Directory.Exists.

別のプロセスでは、メソッドをExists呼び出してから、ファイルに対して別の操作を実行するまでの間に、ファイルを使用して何らかの処理を行う可能性があることに注意してDeleteください。Be aware that another process can potentially do something with the file in between the time you call the Exists method and perform another operation on the file, such as Delete.

パラメーター pathで相対パスまたは絶対パス情報を指定できます。The path parameter is permitted to specify relative or absolute path information. 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリを基準として解釈されます。Relative path information is interpreted as relative to the current working directory. 現在の作業ディレクトリを取得するにGetCurrentDirectoryは、「」を参照してください。To obtain the current working directory, see GetCurrentDirectory.

pathディレクトリを記述する場合、このfalseメソッドはを返します。If path describes a directory, this method returns false. ファイルが存在するかどうpathかを判断する前に、パラメーターから末尾のスペースを削除します。Trailing spaces are removed from the path parameter before determining if the file exists.

指定Existsしたfalseファイルが存在するかどうかを判断しようとしているときにエラーが発生した場合、メソッドはを返します。The Exists method returns false if any error occurs while trying to determine if the specified file exists. これは、無効な文字を含むファイル名の受け渡し、文字の数が多すぎる、ディスクの障害が発生した、または呼び出し元にファイルの読み取りアクセス許可がないなどの例外が発生する可能性があります。This can occur in situations that raise exceptions such as passing a file name with invalid characters or too many characters, a failing or missing disk, or if the caller does not have permission to read the file.

セキュリティ

FileIOPermission
指定されたファイルから読み取りを行う場合。for reading from the specified file. 関連付けられた列挙型:ReadAssociated enumeration: Read

適用対象

こちらもご覧ください