FileAttributes 列挙型

定義

ファイルとディレクトリに属性を提供します。Provides attributes for files and directories.

この列挙型には FlagsAttribute 属性があり、メンバー値ではビットごとの組み合わせを使用できます。

public enum class FileAttributes
[System.Flags]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public enum FileAttributes
type FileAttributes = 
Public Enum FileAttributes
継承
FileAttributes
属性

フィールド

Archive 32

このファイルは増分バックアップ操作対象としてマークされています。This file is marked to be included in incremental backup operation. この属性はファイルが変更されるたびに Windows によって設定されます。バックアップ ソフトウェアは、増分バックアップの間このファイルを処理するときに、これをクリアする必要があります。Windows sets this attribute whenever the file is modified, and backup software should clear it when processing the file during incremental backup.

Compressed 2048

ファイルは圧縮ファイルです。The file is compressed.

Device 64

将来使用するために予約されています。Reserved for future use.

Directory 16

ファイルはディレクトリです。The file is a directory. Directory は、Windows、Linux、macOS でサポートされています。Directory is supported on Windows, Linux, and macOS.

Encrypted 16384

ファイルまたはディレクトリは暗号化されています。The file or directory is encrypted. ファイルの場合は、ファイルのすべてのデータが暗号化されています。For a file, this means that all data in the file is encrypted. ディレクトリの場合は、新規作成されるファイルおよびディレクトリが既定で暗号化されます。For a directory, this means that encryption is the default for newly created files and directories.

Hidden 2

ファイルは隠しファイルです。したがって通常のディレクトリ リストには表示されません。The file is hidden, and thus is not included in an ordinary directory listing. Hidden は、Windows、Linux、macOS でサポートされています。Hidden is supported on Windows, Linux, and macOS.

IntegrityStream 32768

ファイルまたはディレクトリには、データ整合性のサポートが含まれます。The file or directory includes data integrity support. この値がファイルに適用されると、ファイルのすべてのデータ ストリームは整合性サポートを持ちます。When this value is applied to a file, all data streams in the file have integrity support. この値がディレクトリに適用されると、そのディレクトリ内のすべての新しいファイルとサブディレクトリは、既定で一貫性サポートを含みます。When this value is applied to a directory, all new files and subdirectories within that directory, by default, include integrity support.

Normal 128

ファイルは、特別な属性を持たない標準ファイルです。The file is a standard file that has no special attributes. この属性は、単独で使用された場合のみ有効です。This attribute is valid only if it is used alone. Normal は、Windows、Linux、macOS でサポートされています。Normal is supported on Windows, Linux, and macOS.

NoScrubData 131072

ファイルまたはディレクトリは、データ整合性のスキャン対象から除外されます。The file or directory is excluded from the data integrity scan. この値がディレクトリに適用されると、そのディレクトリ内のすべての新しいファイルとサブディレクトリが既定でデータ一貫性から除外されます。When this value is applied to a directory, by default, all new files and subdirectories within that directory are excluded from data integrity.

NotContentIndexed 8192

ファイルは、オペレーティング システムによるコンテンツ インデックス サービスでインデックスされません。The file will not be indexed by the operating system's content indexing service.

Offline 4096

ファイルはオフラインです。The file is offline. オフラインのファイルのデータは、即時には使用できません。The data of the file is not immediately available.

ReadOnly 1

ファイルは読み取り専用です。The file is read-only. ReadOnly は、Windows、Linux、macOS でサポートされています。ReadOnly is supported on Windows, Linux, and macOS. Linux と macOS では、ReadOnly フラグの変更はアクセス許可の操作です。On Linux and macOS, changing the ReadOnly flag is a permissions operation.

ReparsePoint 1024

ファイルには、ファイルまたはディレクトリに関連付けられたユーザー定義のデータ ブロックである、リパース ポイントが含まれています。The file contains a reparse point, which is a block of user-defined data associated with a file or a directory. ReparsePoint は、Windows、Linux、macOS でサポートされています。ReparsePoint is supported on Windows, Linux, and macOS.

SparseFile 512

ファイルはスパース ファイルです。The file is a sparse file. スパース ファイルは、通常、データの大部分が 0 である大きなファイルです。Sparse files are typically large files whose data consists of mostly zeros.

System 4

ファイルはシステム ファイルです。The file is a system file. つまり、このファイルはオペレーティング システムの一部であるか、オペレーティング システムによって排他的に使用されます。That is, the file is part of the operating system or is used exclusively by the operating system.

Temporary 256

一時ファイルです。The file is temporary. 一時ファイルには、アプリケーションを実行中は必要で、アプリケーションを終了すると不要になるデータが含まれています。A temporary file contains data that is needed while an application is executing but is not needed after the application is finished. ファイル システムは、データを大容量ストレージにフラッシュするのではなく、すべてのデータをメモリに保持するよう試みて、すばやくアクセスできるようにします。File systems try to keep all the data in memory for quicker access rather than flushing the data back to mass storage. 一時ファイルが不要になったら、アプリケーションが直ちに削除する必要があります。A temporary file should be deleted by the application as soon as it is no longer needed.

次の例では、ファイルの属性を取得し、ファイルが読み取り専用かどうかを確認する方法を示します。The following example shows how to retrieve the attributes for a file and check if the file is read-only.

using System;
using System.IO;

namespace ConsoleApplication
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            FileAttributes attributes = File.GetAttributes("c:/Temp/testfile.txt");
            if ((attributes & FileAttributes.ReadOnly) == FileAttributes.ReadOnly)
            {
                Console.WriteLine("read-only file");
            }
            else
            {
                Console.WriteLine("not read-only file");
            }
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Text

Module Module1
    Sub Main()
        Dim attributes = File.GetAttributes("c:/Temp/testfile.txt")
        If ((attributes And FileAttributes.ReadOnly) = FileAttributes.ReadOnly) Then
            Console.WriteLine("read-only file")
        Else
            Console.WriteLine("not read-only file")
        End If
    End Sub
End Module

注釈

ファイルとディレクトリの属性は、 File.GetAttributesメソッドを呼び出すことによって取得できます。また、 File.SetAttributesメソッドを呼び出すことによって設定できます。You can get attributes for files and directories by calling the File.GetAttributes method, and you can set them by calling the File.SetAttributes method.

メソッドを使用して、 Fileオブジェクトの圧縮状態を変更することはできません。 File.SetAttributesIt is not possible to change the compression status of a File object by using the File.SetAttributes method. 代わりに、圧縮ツールまたはSystem.IO.Compression名前空間のいずれかのクラスを使用して、実際にファイルを圧縮する必要があります。Instead, you must actually compress the file using either a compression tool or one of the classes in the System.IO.Compression namespace.

次の属性は、Linux および macOS の .NET Core ではサポートされていません。The following attributes are not supported by .NET Core on Linux and macOS:

Unix システムでは、によってFile.GetAttributes返さHiddenれる値に、名前がピリオド (".") で始まるファイルのが含まれます。On Unix systems, the value returned by File.GetAttributes includes Hidden for a file whose name begins with a period ("."). MacOS では、hidden フラグを取得または設定できます。On macOS, you can get or set the hidden flag.

適用対象

こちらもご覧ください