FileInfo.DirectoryName プロパティ

定義

ディレクトリの絶対パスを表す文字列を取得します。

public:
 property System::String ^ DirectoryName { System::String ^ get(); };
public string DirectoryName { get; }
public string? DirectoryName { get; }
member this.DirectoryName : string
Public ReadOnly Property DirectoryName As String

プロパティ値

String

ディレクトリの絶対パスを表す文字列。

例外

ディレクトリ名に null が渡されました。

完全修飾パス名がシステム定義の最大長を超えています。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

次の例では、指定されたファイルの完全なパスを取得します。

String^ fileName = "C:\\TMP\\log.txt";
FileInfo^ fileInfo = gcnew FileInfo( fileName );
if (  !fileInfo->Exists )
{
   return;
}

Console::WriteLine( " {0} has a directoryName of {1}",
   fileName, fileInfo->DirectoryName );
string   fileName = @"C:\TMP\log.txt";
FileInfo fileInfo = new FileInfo(fileName);
if (!fileInfo.Exists)
{
    return;
}

Console.WriteLine("{0} has a directoryName of {1}",
    fileName, fileInfo.DirectoryName);
/* This code produces output similar to the following,
 * though actual results may vary by machine:
 *
 * C:\TMP\log.txt has a directory name of C:\TMP
 */
Dim fileName As String = "C:\TMP\log.txt"
Dim fileInfo As New FileInfo(fileName)
If Not fileInfo.Exists Then
    Return
End If

Console.WriteLine("{0} has a directoryName of {1}", fileName, fileInfo.DirectoryName)
' This code produces output similar to the following,
' though actual results may vary by machine:
' 
' C:\TMP\log.txt has a directory name of C:\TMP

注釈

親ディレクトリをオブジェクトとして取得するには、 DirectoryInfo プロパティを使用し Directory ます。

最初にを呼び出すと、はを FileInfo 呼び出し、 Refresh ファイルに関する情報をキャッシュします。 その後の呼び出しでは、 Refresh を呼び出して情報の最新のコピーを取得する必要があります。

適用対象

こちらもご覧ください