FileOptions 列挙型

定義

FileStream オブジェクトを作成するための高度なオプションを表します。

この列挙体には FlagsAttribute 属性があり、そのメンバー値のビットごとの組み合わせが可能になります。

public enum class FileOptions
[System.Flags]
public enum FileOptions
[System.Flags]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public enum FileOptions
[<System.Flags>]
type FileOptions = 
[<System.Flags>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
type FileOptions = 
Public Enum FileOptions
継承
FileOptions
属性

フィールド

Asynchronous 1073741824

ファイルを非同期の読み取り用および書き込み用に使用できることを示します。

DeleteOnClose 67108864

ファイルは使用しなくなった時点で自動的に削除されることを示します。

Encrypted 16384

ファイルは暗号化され、暗号化に使用したのと同じユーザー アカウントを使用する場合のみ復号化できることを示します。

None 0

FileStream オブジェクトを作成するときに追加のオプションを使用する必要がないことを示します。

RandomAccess 268435456

ファイルがランダムにアクセスされることを示します。 システムはこれをヒントとしてファイルのキャッシュを最適化します。

SequentialScan 134217728

ファイルは先頭から末尾まで順次アクセスされることを示します。 システムはこれをヒントとしてファイルのキャッシュを最適化します。 アプリケーションがランダム アクセスのファイル ポインターを移動させると、最適なキャッシングが行われない場合があります。ただし、操作は引き続き正常に実行されます。 このフラグを指定すると、パフォーマンスが向上する場合があります。

WriteThrough -2147483648

システムが中間キャッシュを使用して書き込みを行い、直接ディスクに移動することを示します。

ファイルストリームを作成するときに非同期値を使用する方法を次の例に示します。

using System;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.IO;

namespace ConsoleApplication
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            WriteToFile();
        }

        static async void WriteToFile()
        {
            byte[] bytesToWrite = Encoding.Unicode.GetBytes("example text to write");
            using (FileStream createdFile = File.Create("c:/Temp/testfile.txt", 4096, FileOptions.Asynchronous))
            {
                await createdFile.WriteAsync(bytesToWrite, 0, bytesToWrite.Length);
            }
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Text

Module Module1

    Sub Main()
        WriteToFile()
    End Sub

    Async Sub WriteToFile()
        Dim bytesToWrite = Encoding.Unicode.GetBytes("example text to write")
        Using createdFile As FileStream = File.Create("c:/Temp/testfile.txt", 4096, FileOptions.Asynchronous)
            Await createdFile.WriteAsync(bytesToWrite, 0, bytesToWrite.Length)
        End Using
    End Sub

End Module

注釈

フラグを指定すると、 FileOptions.SequentialScan シーケンシャルアクセスを使用して大きなファイルを読み取るアプリケーションのパフォーマンスを向上させることができます。 大規模なファイルを頻繁に読み取るアプリケーションでは、パフォーマンスがさらに向上することがありますが、サイズの小さいバイトをスキップすることがあります。

適用対象