FileStreamOptions クラス

定義

のさまざまな構成オプションを定義 FileStream します。

public ref class FileStreamOptions sealed
public sealed class FileStreamOptions
type FileStreamOptions = class
Public NotInheritable Class FileStreamOptions
継承
FileStreamOptions

コンストラクター

FileStreamOptions()

FileStreamOptions既定値を使用してインスタンスを初期化します。

プロパティ

Access

FileStream オブジェクトがファイルにアクセスする方法を決定する列挙値のビットごとの組み合わせ。 これにより、FileStream オブジェクトの CanRead および CanWrite プロパティによって返される値も決まります。

BufferSize

によってバッファリングに使用されるバッファーのサイズ FileStream 。 既定のバッファー サイズは、4096 です。 0または1は、バッファリングを無効にする必要があることを示します。 負の値は使用できません。

Mode

ファイルを開く方法または作成する方法を決定する列挙値の 1 つ。

Options

その他のファイル オプションを指定する列挙値のビットごとの組み合わせ。 既定値は None で、同期 IO を示します。

PreallocationSize

ファイルの初期割り当てサイズ (バイト単位)。 正の値は、通常のファイルが作成または上書きされる ( Create または) 場合にのみ有効です CreateNew 。 負の値は使用できません。 それ以外の場合 (既定値は0を含む) は無視されます。 この値はヒントであり、強力な保証ではありません。 Web アセンブリ (WASM) と FreeBSD ではサポートされていません (値は無視されます)。 Windows、Linux、および macOS では、要求された割り当てサイズに合わせてディスク領域を事前に割り当てます。 これが不可能な場合は、例外がスローされます。 最終的なファイルの長さ (EOF) は、ファイルに書き込まれたバイト数によって決まります。

Share

ファイルがどのようにプロセスに共有されるかを決定する列挙値のビットごとの組み合わせ。 既定値は Read です。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象