FileSystemInfo.LastAccessTimeUtc プロパティ

定義

現在のファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした時刻を世界協定時刻 (UTC) で取得または設定します。

public:
 property DateTime LastAccessTimeUtc { DateTime get(); void set(DateTime value); };
public DateTime LastAccessTimeUtc { get; set; }
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public DateTime LastAccessTimeUtc { get; set; }
member this.LastAccessTimeUtc : DateTime with get, set
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
member this.LastAccessTimeUtc : DateTime with get, set
Public Property LastAccessTimeUtc As DateTime

プロパティ値

DateTime

現在のファイルまたはディレクトリに最後にアクセスした UTC 時刻。

属性

例外

Refresh() がデータを初期化できません。

現在のオペレーティング システムは Windows NT 以降ではありません。

呼び出し元が、無効なアクセス時間を設定しようとしています。

注釈

注意

このメソッドは、オペレーティング システムによって値が継続的に更新されない可能性があるネイティブ関数を使用するために、不正確な値を返す可能性があります。

オブジェクトの現在のインスタンスが次のメソッドから返された場合、プロパティの値は事前 LastAccessTimeUtc FileSystemInfoDirectoryInfo キャッシュされます。

最新の値を取得するには、 メソッドを呼び出 Refresh します。

オブジェクトに記述されているファイルが存在しない場合、このプロパティは FileSystemInfo 、1601 年 1 月 1 日午前 0 時 (1601 年 1 月 1 日) を返します。 年月日はキリスト紀元で、時刻は協定世界時 (UTC) です。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください