FileSystemWatcher.OnChanged(FileSystemEventArgs) FileSystemWatcher.OnChanged(FileSystemEventArgs) FileSystemWatcher.OnChanged(FileSystemEventArgs) FileSystemWatcher.OnChanged(FileSystemEventArgs) Method

定義

Changed イベントを発生させます。Raises the Changed event.

protected:
 void OnChanged(System::IO::FileSystemEventArgs ^ e);
protected void OnChanged (System.IO.FileSystemEventArgs e);
member this.OnChanged : System.IO.FileSystemEventArgs -> unit
Protected Sub OnChanged (e As FileSystemEventArgs)

パラメーター

e
FileSystemEventArgs FileSystemEventArgs FileSystemEventArgs FileSystemEventArgs

イベント データを格納している FileSystemEventArgsA FileSystemEventArgs that contains the event data.

注釈

OnChanged サイズ、システム属性、最終書き込み時刻、最終アクセス時刻、またはファイルまたはディレクトリの監視対象のディレクトリのセキュリティ アクセス許可に変更されたときに呼び出されます。OnChanged is called when changes are made to the size, system attributes, last write time, last access time, or security permissions of a file or directory in the directory being monitored.

使用、NotifyFilterイベントの数を制限するプロパティが発生したときに、Changedイベントを処理します。Use the NotifyFilter property to restrict the number of events raised when the Changed event is handled.

OnCreatedファイルを作成するとすぐにイベントが発生します。The OnCreated event is raised as soon as a file is created. ファイルの中の場合はコピーまたは監視対象のディレクトリに転送、OnCreatedイベントはすぐに、1 つまたは複数続くOnChangedイベント。If a file is being copied or transferred into a watched directory, the OnCreated event will be raised immediately, followed by one or more OnChanged events.

イベントを発生させると、イベント ハンドラーがデリゲートから呼び出されます。Raising an event invokes the event handler through a delegate. 詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information, see Handling and Raising Events.

注意 (継承者)

オーバーライドするときにOnChanged(FileSystemEventArgs)、派生クラスでは、基本クラスを呼び出す、OnChanged(FileSystemEventArgs)メソッド。When overriding OnChanged(FileSystemEventArgs) in a derived class, be sure to call the base class's OnChanged(FileSystemEventArgs) method.

適用対象

こちらもご覧ください