System.IO.MemoryMappedFiles Namespace

System.IO.MemoryMappedFiles 名前空間には、ファイルの内容をアプリケーションの論理アドレス空間に対応付けるメモリ マップ済みファイルを使用するためのクラスが用意されています。 The System.IO.MemoryMappedFiles namespace provides classes for using a memory-mapped file, which maps the contents of a file to an application's logical address space.

クラス

MemoryMappedFile

メモリ マップト ファイルを表します。Represents a memory-mapped file.

MemoryMappedFileSecurity

メモリ マップト ファイルに対するファイル アクセスと操作に関して付与することのできるアクセス許可を表します。Represents the permissions that can be granted for file access and operations on memory-mapped files.

MemoryMappedViewAccessor

メモリ マップト ファイルのランダムにアクセスされるビューを表します。Represents a randomly accessed view of a memory-mapped file.

MemoryMappedViewStream

メモリ マップト ファイルのビューを順次アクセス ストリームとして表します。Represents a view of a memory-mapped file as a sequentially accessed stream.

列挙型

MemoryMappedFileAccess

メモリ マップト ファイルまたはビューのアクセス機能と制限を指定します。Specifies access capabilities and restrictions for a memory-mapped file or view.

MemoryMappedFileOptions

メモリ マップト ファイルのメモリ割り当てオプションを提供します。Provides memory allocation options for memory-mapped files.

MemoryMappedFileRights

ディスク上のファイルに関連付けられていないメモリ マップト ファイルへのアクセス権を指定します。Specifies access rights to a memory-mapped file that is not associated with a file on disk.