MemoryStream クラス

定義

バッキング ストアとしてメモリを使用するストリームを作成します。Creates a stream whose backing store is memory.

public ref class MemoryStream : System::IO::Stream
public class MemoryStream : System.IO.Stream
[System.Serializable]
public class MemoryStream : System.IO.Stream
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class MemoryStream : System.IO.Stream
type MemoryStream = class
    inherit Stream
[<System.Serializable>]
type MemoryStream = class
    inherit Stream
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type MemoryStream = class
    inherit Stream
Public Class MemoryStream
Inherits Stream
継承
MemoryStream
継承
属性

次のコード例は、バッキングストアとしてメモリを使用してデータの読み取りと書き込みを行う方法を示しています。The following code example shows how to read and write data using memory as a backing store.

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Text;

int main()
{
   int count;
   array<Byte>^byteArray;
   array<Char>^charArray;
   UnicodeEncoding^ uniEncoding = gcnew UnicodeEncoding;

   // Create the data to write to the stream.
   array<Byte>^firstString = uniEncoding->GetBytes( "Invalid file path characters are: " );
   array<Byte>^secondString = uniEncoding->GetBytes( Path::InvalidPathChars );

   MemoryStream^ memStream = gcnew MemoryStream( 100 );
   try
   {
      // Write the first string to the stream.
      memStream->Write( firstString, 0, firstString->Length );

      // Write the second string to the stream, byte by byte.
      count = 0;
      while ( count < secondString->Length )
      {
         memStream->WriteByte( secondString[ count++ ] );
      }

      
      // Write the stream properties to the console.
      Console::WriteLine( "Capacity = {0}, Length = {1}, "
      "Position = {2}\n", memStream->Capacity.ToString(), memStream->Length.ToString(), memStream->Position.ToString() );

      // Set the stream position to the beginning of the stream.
      memStream->Seek( 0, SeekOrigin::Begin );

      // Read the first 20 bytes from the stream.
      byteArray = gcnew array<Byte>(memStream->Length);
      count = memStream->Read( byteArray, 0, 20 );

      // Read the remaining bytes, byte by byte.
      while ( count < memStream->Length )
      {
         byteArray[ count++ ] = Convert::ToByte( memStream->ReadByte() );
      }
      
      // Decode the Byte array into a Char array 
      // and write it to the console.
      charArray = gcnew array<Char>(uniEncoding->GetCharCount( byteArray, 0, count ));
      uniEncoding->GetDecoder()->GetChars( byteArray, 0, count, charArray, 0 );
      Console::WriteLine( charArray );
   }
   finally
   {
      memStream->Close();
   }
}
using System;
using System.IO;
using System.Text;

class MemStream
{
    static void Main()
    {
        int count;
        byte[] byteArray;
        char[] charArray;
        UnicodeEncoding uniEncoding = new UnicodeEncoding();

        // Create the data to write to the stream.
        byte[] firstString = uniEncoding.GetBytes(
            "Invalid file path characters are: ");
        byte[] secondString = uniEncoding.GetBytes(
            Path.GetInvalidPathChars());

        using(MemoryStream memStream = new MemoryStream(100))
        {
            // Write the first string to the stream.
            memStream.Write(firstString, 0 , firstString.Length);

            // Write the second string to the stream, byte by byte.
            count = 0;
            while(count < secondString.Length)
            {
                memStream.WriteByte(secondString[count++]);
            }

            // Write the stream properties to the console.
            Console.WriteLine(
                "Capacity = {0}, Length = {1}, Position = {2}\n",
                memStream.Capacity.ToString(),
                memStream.Length.ToString(),
                memStream.Position.ToString());

            // Set the position to the beginning of the stream.
            memStream.Seek(0, SeekOrigin.Begin);

            // Read the first 20 bytes from the stream.
            byteArray = new byte[memStream.Length];
            count = memStream.Read(byteArray, 0, 20);

            // Read the remaining bytes, byte by byte.
            while(count < memStream.Length)
            {
                byteArray[count++] =
                    Convert.ToByte(memStream.ReadByte());
            }

            // Decode the byte array into a char array
            // and write it to the console.
            charArray = new char[uniEncoding.GetCharCount(
                byteArray, 0, count)];
            uniEncoding.GetDecoder().GetChars(
                byteArray, 0, count, charArray, 0);
            Console.WriteLine(charArray);
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Text

Module MemStream

    Sub Main()
    
        Dim count As Integer
        Dim byteArray As Byte()
        Dim charArray As Char()
        Dim uniEncoding As New UnicodeEncoding()

        ' Create the data to write to the stream.
        Dim firstString As Byte() = _
            uniEncoding.GetBytes("Invalid file path characters are: ")
        Dim secondString As Byte() = _
            uniEncoding.GetBytes(Path.GetInvalidPathChars())

        Dim memStream As New MemoryStream(100)
        Try
            ' Write the first string to the stream.
            memStream.Write(firstString, 0 , firstString.Length)

            ' Write the second string to the stream, byte by byte.
            count = 0
            While(count < secondString.Length)
                memStream.WriteByte(secondString(count))
                count += 1
            End While
            
            ' Write the stream properties to the console.
            Console.WriteLine( _
                "Capacity = {0}, Length = {1}, Position = {2}", _
                memStream.Capacity.ToString(), _
                memStream.Length.ToString(), _
                memStream.Position.ToString())

            ' Set the stream position to the beginning of the stream.
            memStream.Seek(0, SeekOrigin.Begin)

            ' Read the first 20 bytes from the stream.
            byteArray = _
                New Byte(CType(memStream.Length, Integer)){}
            count = memStream.Read(byteArray, 0, 20)

            ' Read the remaining Bytes, Byte by Byte.
            While(count < memStream.Length)
                byteArray(count) = _
                    Convert.ToByte(memStream.ReadByte())
                count += 1
            End While

            ' Decode the Byte array into a Char array 
            ' and write it to the console.
            charArray = _
                New Char(uniEncoding.GetCharCount( _
                byteArray, 0, count)){}
            uniEncoding.GetDecoder().GetChars( _
                byteArray, 0, count, charArray, 0)
            Console.WriteLine(charArray)
        Finally
            memStream.Close()
        End Try

    End Sub
End Module

注釈

ストリームの現在位置は、次の読み取りまたは書き込み操作が行われる位置です。The current position of a stream is the position at which the next read or write operation could take place. 現在の位置は、メソッドを使用して取得または設定でき Seek ます。The current position can be retrieved or set through the Seek method. の新しいインスタンス MemoryStream が作成されると、現在の位置は0に設定されます。When a new instance of MemoryStream is created, the current position is set to zero.

注意

この型は IDisposable インターフェイスを実装しますが、実際に破棄するリソースはありません。This type implements the IDisposable interface, but does not actually have any resources to dispose. つまり、Dispose() を直接呼び出したり、using (C# の場合) または Using (Visual Basic の場合) といった言語構築を行ってリソースを破棄する必要はありません。This means that disposing it by directly calling Dispose() or by using a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic) is not necessary.

符号なしバイト配列を使用して作成されたメモリストリームは、データのサイズを変更できないストリームを提供します。Memory streams created with an unsigned byte array provide a non-resizable stream of the data. バイト配列を使用する場合は、を追加したり、ストリームを圧縮したりすることはできませんが、コンストラクターに渡されるパラメーターに応じて既存の内容を変更できる場合もあります。When using a byte array, you can neither append to nor shrink the stream, although you might be able to modify the existing contents depending on the parameters passed into the constructor. 空のメモリストリームはサイズ変更可能で、書き込みと読み取りが可能です。Empty memory streams are resizable, and can be written to and read from.

MemoryStreamオブジェクトが ResX ファイルまたは .resources ファイルに追加された場合は、 GetStream 実行時にメソッドを呼び出して取得します。If a MemoryStream object is added to a ResX file or a .resources file, call the GetStream method at runtime to retrieve it.

オブジェクトを MemoryStream リソースファイルにシリアル化する場合、実際にはとしてシリアル化され UnmanagedMemoryStream ます。If a MemoryStream object is serialized to a resource file it will actually be serialized as an UnmanagedMemoryStream. この動作により、パフォーマンスが向上し、メソッドを経由せずにデータへのポインターを直接取得できるように Stream なります。This behavior provides better performance, as well as the ability to get a pointer to the data directly, without having to go through Stream methods.

コンストラクター

MemoryStream()

MemoryStream クラスの新しいインスタンスを、0 に初期化される拡張可能な容量を使用して 初期化します。Initializes a new instance of the MemoryStream class with an expandable capacity initialized to zero.

MemoryStream(Byte[])

指定したバイト配列に基づいて、サイズを変更できない MemoryStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new non-resizable instance of the MemoryStream class based on the specified byte array.

MemoryStream(Byte[], Boolean)

MemoryStream プロパティを指定どおりに設定し、指定したバイト配列に基づいて、サイズを変更できない CanWrite クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new non-resizable instance of the MemoryStream class based on the specified byte array with the CanWrite property set as specified.

MemoryStream(Byte[], Int32, Int32)

バイト配列の指定した領域 (インデックス) に基づいて、サイズを変更できない MemoryStream クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new non-resizable instance of the MemoryStream class based on the specified region (index) of a byte array.

MemoryStream(Byte[], Int32, Int32, Boolean)

MemoryStream プロパティを指定どおりに設定し、バイト配列の指定した領域に基づいて、サイズを変更できない CanWrite クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new non-resizable instance of the MemoryStream class based on the specified region of a byte array, with the CanWrite property set as specified.

MemoryStream(Byte[], Int32, Int32, Boolean, Boolean)

MemoryStream プロパティを指定どおりに設定し、CanWrite を呼び出す機能を指定どおりに設定して、バイト配列の指定した領域に基づき、GetBuffer() クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the MemoryStream class based on the specified region of a byte array, with the CanWrite property set as specified, and the ability to call GetBuffer() set as specified.

MemoryStream(Int32)

MemoryStream クラスの新しいインスタンスを、指定に従って初期化される拡張可能な容量を使用して初期化します。Initializes a new instance of the MemoryStream class with an expandable capacity initialized as specified.

プロパティ

CanRead

現在のストリームが読み取りをサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current stream supports reading.

CanSeek

現在のストリームがシークをサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current stream supports seeking.

CanTimeout

現在のストリームがタイムアウトできるかどうかを決定する値を取得します。Gets a value that determines whether the current stream can time out.

(継承元 Stream)
CanWrite

現在のストリームが書き込みをサポートしているかどうかを示す値を取得します。Gets a value indicating whether the current stream supports writing.

Capacity

ストリームに割り当てられたバイト数を取得または設定します。Gets or sets the number of bytes allocated for this stream.

Length

バイト単位のストリーム長を取得します。Gets the length of the stream in bytes.

Position

ストリームの現在位置を取得または設定します。Gets or sets the current position within the stream.

ReadTimeout

ストリームがタイムアウト前に読み取りを試みる期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets a value, in milliseconds, that determines how long the stream will attempt to read before timing out.

(継承元 Stream)
WriteTimeout

ストリームがタイムアウト前に書き込みを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets a value, in milliseconds, that determines how long the stream will attempt to write before timing out.

(継承元 Stream)

メソッド

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。Begins an asynchronous read operation. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) の使用を検討してください。)(Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) instead.)

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。Begins an asynchronous read operation. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。Begins an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) の使用を検討してください。)(Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) instead.)

BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。Begins an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
Close()

読み取りと書き込み用のストリームを閉じます。Closes the stream for reading and writing.

Close()

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。Closes the current stream and releases any resources (such as sockets and file handles) associated with the current stream. このメソッドを呼び出す代わりに、ストリームが適切に破棄されていることを確認します。Instead of calling this method, ensure that the stream is properly disposed.

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream)

現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

(継承元 Stream)
CopyTo(Stream, Int32)

指定したバッファー サイズを使用して、現在のメモリ ストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。Reads the bytes from the current memory stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

CopyTo(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream)

現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified cancellation token.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

(継承元 Stream)
CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads all the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size and cancellation token.

CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size and cancellation token.

(継承元 Stream)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
CreateWaitHandle()
互換性のために残されています。

WaitHandle オブジェクトを割り当てます。Allocates a WaitHandle object.

(継承元 Stream)
Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

(継承元 Stream)
Dispose(Boolean)

MemoryStream クラスによって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the MemoryStream class and optionally releases the managed resources.

Dispose(Boolean)

Stream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the Stream and optionally releases the managed resources.

(継承元 Stream)
DisposeAsync()

Stream によって使用されているアンマネージ リソースを非同期に解放します。Asynchronously releases the unmanaged resources used by the Stream.

(継承元 Stream)
EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。Waits for the pending asynchronous read to complete. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) の使用を検討してください。)(Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) instead.)

EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。Waits for the pending asynchronous read to complete. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。Ends an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) の使用を検討してください。)(Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) instead.)

EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。Ends an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。)(Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

(継承元 Stream)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Flush()

アクションが実行されないように、Flush() メソッドをオーバーライドします。Overrides the Flush() method so that no action is performed.

FlushAsync()

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。Asynchronously clears all buffers for this stream and causes any buffered data to be written to the underlying device.

(継承元 Stream)
FlushAsync(CancellationToken)

このストリームのすべてのバッファーを非同期的にクリアし、キャンセル要求を監視します。Asynchronously clears all buffers for this stream, and monitors cancellation requests.

FlushAsync(CancellationToken)

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。Asynchronously clears all buffers for this stream, causes any buffered data to be written to the underlying device, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
GetBuffer()

このストリームの作成元の符号なしバイトの配列を返します。Returns the array of unsigned bytes from which this stream was created.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ObjectInvariant()

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

Contract のサポートを提供します。Provides support for a Contract.

ObjectInvariant()
互換性のために残されています。

Contract のサポートを提供します。Provides support for a Contract.

(継承元 Stream)
Read(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイトのブロックを読み取り、データをバッファーに書き込みます。Reads a block of bytes from the current stream and writes the data to a buffer.

Read(Span<Byte>)

現在のメモリ ストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数だけメモリ ストリーム内の位置を進めます。Reads a sequence of bytes from the current memory stream and advances the position within the memory stream by the number of bytes read.

Read(Span<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数の分だけストリームの位置を進めます。When overridden in a derived class, reads a sequence of bytes from the current stream and advances the position within the stream by the number of bytes read.

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream and advances the position within the stream by the number of bytes read.

(継承元 Stream)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のメモリ ストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、シーケンスを destination に書き込み、読み取ったバイト数だけメモリ ストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current memory stream, writes the sequence into destination, advances the position within the memory stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
ReadByte()

現在のストリームからバイトを読み取ります。Reads a byte from the current stream.

Seek(Int64, SeekOrigin)

現在のストリーム内の位置を指定した値に設定します。Sets the position within the current stream to the specified value.

SetLength(Int64)

現在のストリーム長を指定した値に設定します。Sets the length of the current stream to the specified value.

ToArray()

Position プロパティには関係なく、ストリームの内容をバイト配列に書き込みます。Writes the stream contents to a byte array, regardless of the Position property.

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TryGetBuffer(ArraySegment<Byte>)

このストリームの作成元の符号なしバイトの配列を返します。Returns the array of unsigned bytes from which this stream was created. 戻り値は、変換が成功したかどうかを示します。The return value indicates whether the conversion succeeded.

Write(Byte[], Int32, Int32)

バッファーから読み取ったデータを使用して、現在のストリームにバイトのブロックを書き込みます。Writes a block of bytes to the current stream using data read from a buffer.

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

source に含まれるバイト シーケンスを現在のメモリ ストリームに書き込み、書き込まれたバイト数だけ、このメモリ ストリーム内の現在の位置を進めます。Writes the sequence of bytes contained in source into the current memory stream and advances the current position within this memory stream by the number of bytes written.

Write(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。When overridden in a derived class, writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

(継承元 Stream)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

source に含まれるバイト シーケンスを現在のメモリ ストリームに非同期で書き込み、書き込まれたバイト数だけ、このメモリ ストリーム内の現在の位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes the sequence of bytes contained in source into the current memory stream, advances the current position within this memory stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

(継承元 Stream)
WriteByte(Byte)

現在のストリーム内の現在位置に 1 バイトを書き込みます。Writes a byte to the current stream at the current position.

WriteTo(Stream)

メモリ ストリームの内容全体を別のストリームに書き込みます。Writes the entire contents of this memory stream to another stream.

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

(継承元 Stream)

拡張メソッド

AsInputStream(Stream)

Windows ストア アプリ用 .NET のマネージド ストリームを Windows ランタイムの入力ストリームに変換します。Converts a managed stream in the .NET for Windows Store apps to an input stream in the Windows Runtime.

AsOutputStream(Stream)

Windows ストア アプリ用 .NET のマネージド ストリームを Windows ランタイムの出力ストリームに変換します。Converts a managed stream in the .NET for Windows Store apps to an output stream in the Windows Runtime.

AsRandomAccessStream(Stream)

特定のストリームをランダム アクセス ストリームに変換します。Converts the specified stream to a random access stream.

GetWindowsRuntimeBuffer(MemoryStream)

指定したメモリ ストリームと同じメモリを表す Windows.Storage.Streams.IBuffer インターフェイスを返します。Returns a Windows.Storage.Streams.IBuffer interface that represents the same memory as the specified memory stream.

GetWindowsRuntimeBuffer(MemoryStream, Int32, Int32)

指定したメモリ ストリームが示すメモリ内の領域を表す Windows.Storage.Streams.IBuffer インターフェイスを返します。Returns a Windows.Storage.Streams.IBuffer interface that represents a region within the memory that the specified memory stream represents.

ConfigureAwait(IAsyncDisposable, Boolean)

非同期の破棄可能から返されるタスク上での待機がどのように実行されるかを構成します。Configures how awaits on the tasks returned from an async disposable are performed.

適用対象

こちらもご覧ください