Path.ChangeExtension(String, String) メソッド

定義

パス文字列の拡張子を変更します。

public:
 static System::String ^ ChangeExtension(System::String ^ path, System::String ^ extension);
public static string ChangeExtension (string path, string extension);
public static string? ChangeExtension (string? path, string? extension);
static member ChangeExtension : string * string -> string
Public Shared Function ChangeExtension (path As String, extension As String) As String

パラメーター

path
String

変更するパス情報。

extension
String

新しい拡張子 (先行ピリオド付き、またはなし)。 null を指定して、path から既存の拡張子を削除します。

戻り値

String

変更されたパス情報。

Windows ベースのデスクトップ プラットフォームでは、pathnull または空の文字列 ("") の場合、パス情報は変更されずに返されます。 extensionnull の場合は、返される文字列に、削除した拡張子が付いた指定したパスが含まれます。 path に拡張子がなく、extensionnull でない場合は、返されるパス文字列に path の末尾に追加される extension が含まれます。

例外

2.1 より前の .NET Framework および .net Core バージョン: path に定義されている無効な文字が1つ以上含まれています GetInvalidPathChars()

次の例は、メソッドの使用方法を示して ChangeExtension います。

#using <system.dll>

using namespace System;
using namespace System::IO;
void ChangeExtension()
{
   String^ goodFileName = "C:\\mydir\\myfile.com.extension";
   String^ badFileName = "C:\\mydir\\";
   String^ result;
   result = Path::ChangeExtension( goodFileName,  ".old" );
   Console::WriteLine( "ChangeExtension({0}, '.old') returns '{1}'", goodFileName, result );
   result = Path::ChangeExtension( goodFileName,  "" );
   Console::WriteLine( "ChangeExtension({0}, '') returns '{1}'", goodFileName, result );
   result = Path::ChangeExtension( badFileName,  ".old" );
   Console::WriteLine( "ChangeExtension({0}, '.old') returns '{1}'", badFileName, result );
   
   // This code produces output similar to the following:
   //
   // ChangeExtension(C:\mydir\myfile.com.extension, '.old') returns 'C:\mydir\myfile.com.old'
   // ChangeExtension(C:\mydir\myfile.com.extension, '') returns 'C:\mydir\myfile.com.'
   // ChangeExtension(C:\mydir\, '.old') returns 'C:\mydir\.old'
using System;
using System.IO;

public class PathSnippets
{

    public void ChangeExtension()
    {
        string goodFileName = @"C:\mydir\myfile.com.extension";
        string badFileName = @"C:\mydir\";
        string result;

        result = Path.ChangeExtension(goodFileName, ".old");
        Console.WriteLine("ChangeExtension({0}, '.old') returns '{1}'",
            goodFileName, result);

        result = Path.ChangeExtension(goodFileName, "");
        Console.WriteLine("ChangeExtension({0}, '') returns '{1}'",
            goodFileName, result);

        result = Path.ChangeExtension(badFileName, ".old");
        Console.WriteLine("ChangeExtension({0}, '.old') returns '{1}'",
            badFileName, result);

        // This code produces output similar to the following:
        //
        // ChangeExtension(C:\mydir\myfile.com.extension, '.old') returns 'C:\mydir\myfile.com.old'
        // ChangeExtension(C:\mydir\myfile.com.extension, '') returns 'C:\mydir\myfile.com.'
        // ChangeExtension(C:\mydir\, '.old') returns 'C:\mydir\.old'
Imports System.IO

Public Class PathSnippets
    Public Sub ChangeExtension()
        Dim goodFileName As String = "C:\mydir\myfile.com.extension"
        Dim badFileName As String = "C:\mydir\"
        Dim result As String
        result = Path.ChangeExtension(goodFileName, ".old")
        Console.WriteLine("ChangeExtension({0}, '.old') returns '{1}'", goodFileName, result)
        result = Path.ChangeExtension(goodFileName, "")
        Console.WriteLine("ChangeExtension({0}, '') returns '{1}'", goodFileName, result)
        result = Path.ChangeExtension(badFileName, ".old")
        Console.WriteLine("ChangeExtension({0}, '.old') returns '{1}'", badFileName, result)

        ' This code produces output similar to the following:
        '
        ' ChangeExtension(C:\mydir\myfile.com.extension, '.old') returns 'C:\mydir\myfile.com.old'
        ' ChangeExtension(C:\mydir\myfile.com.extension, '') returns 'C:\mydir\myfile.com.'
        ' ChangeExtension(C:\mydir\, '.old') returns 'C:\mydir\.old'

注釈

との path どちら extension にもピリオド (.) が含まれていない場合は、 ChangeExtension 期間が追加されます。

パラメーターには、 extension 複数のピリオドと有効なパス文字を含めることができ、任意の長さを指定できます。 がの場合 extension null 、返される文字列には、 path 最後の期間に続くの内容と、その後のすべての文字が含まれます。

extensionが空の文字列の場合、返されるパス文字列には、 path 最後の期間が削除された後の文字を含むの内容が含まれます。

path 拡張子がなく extension 、がでない場合 null 、返される文字列にはが path 続き extension ます。

がではなく、先頭のピリオドが含まれていない場合は、 extension null 期間が追加されます。

path 複数のピリオドで区切られた複数の拡張機能が含まれている場合、返される文字列には、 path 最後のピリオドとそれに続くすべての文字がで置き換えられたの内容が含まれ extension ます。 たとえば、 path が "Dir1 example \ \pathtests.csx.txt" で、 \ が "cs" の場合、変更され extension たパスは " \ Dir1 example \ \ pathtests" になります。

返された結果がすべてのシナリオで有効であることを確認することはできません。 たとえば、 path が空の場合、 extension が追加されます。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください