Path.GetFileName メソッド

定義

オーバーロード

GetFileName(ReadOnlySpan<Char>)

読み取り専用の文字範囲で表されたファイル パスのファイル名と拡張子を返します。

GetFileName(String)

指定したパス文字列のファイル名と拡張子を返します。

GetFileName(ReadOnlySpan<Char>)

読み取り専用の文字範囲で表されたファイル パスのファイル名と拡張子を返します。

public:
 static ReadOnlySpan<char> GetFileName(ReadOnlySpan<char> path);
public static ReadOnlySpan<char> GetFileName (ReadOnlySpan<char> path);
static member GetFileName : ReadOnlySpan<char> -> ReadOnlySpan<char>
Public Shared Function GetFileName (path As ReadOnlySpan(Of Char)) As ReadOnlySpan(Of Char)

パラメーター

path
ReadOnlySpan<Char>

ファイル名と拡張子の取得元のパスを含む読み取り専用の範囲。

戻り値

ReadOnlySpan<Char>

path の最後のディレクトリ区切り文字の後の文字。

注釈

返される読み取り専用スパンには、最後の区切り記号 pathの後に続くパスの文字が含まれています。 最後の文字 path がボリュームまたはディレクトリの区切り文字である場合、メソッド ReadOnlySpan<T>.Emptyは . 区切り文字が含まれている場合 path 、メソッド pathは .

こちらもご覧ください

適用対象

GetFileName(String)

指定したパス文字列のファイル名と拡張子を返します。

public:
 static System::String ^ GetFileName(System::String ^ path);
public static string GetFileName (string path);
public static string? GetFileName (string? path);
static member GetFileName : string -> string
Public Shared Function GetFileName (path As String) As String

パラメーター

path
String

ファイル名と拡張子の取得元のパス文字列。

戻り値

String

path の最後のディレクトリ区切り文字の後の文字。 path の最後の文字がディレクトリ区切り記号またはボリューム区切り記号の場合、このメソッドは Empty を返します。 pathnull の場合、このメソッドは null を返します。

例外

2.1 より古いバージョンの.NET Frameworkと .NET Core: path に定義GetInvalidPathChars()されている無効な文字が 1 つ以上含まれています。

次の例では、Windows ベースのデスクトップ プラットフォームでのメソッドのGetFileName動作を示します。

String^ fileName = "C:\\mydir\\myfile.ext";
String^ path = "C:\\mydir\\";
String^ result;
result = Path::GetFileName( fileName );
Console::WriteLine( "GetFileName('{0}') returns '{1}'", fileName, result );
result = Path::GetFileName( path );
Console::WriteLine( "GetFileName('{0}') returns '{1}'", path, result );

// This code produces output similar to the following:
//
// GetFileName('C:\mydir\myfile.ext') returns 'myfile.ext'
// GetFileName('C:\mydir\') returns ''
string fileName = @"C:\mydir\myfile.ext";
string path = @"C:\mydir\";
string result;

result = Path.GetFileName(fileName);
Console.WriteLine("GetFileName('{0}') returns '{1}'",
    fileName, result);

result = Path.GetFileName(path);
Console.WriteLine("GetFileName('{0}') returns '{1}'",
    path, result);

// This code produces output similar to the following:
//
// GetFileName('C:\mydir\myfile.ext') returns 'myfile.ext'
// GetFileName('C:\mydir\') returns ''
Dim fileName As String = "C:\mydir\myfile.ext"
Dim pathname As String = "C:\mydir\"
Dim result As String

result = Path.GetFileName(fileName)
Console.WriteLine("GetFileName('{0}') returns '{1}'", fileName, result)

result = Path.GetFileName(pathname)
Console.WriteLine("GetFileName('{0}') returns '{1}'", pathname, result)

' This code produces output similar to the following:
'
' GetFileName('C:\mydir\myfile.ext') returns 'myfile.ext'
' GetFileName('C:\mydir\') returns ''

注釈

返される値は、 null ファイル パス nullが .

ファイル名の先頭を決定するために使用される区切り文字は、次のとおりですDirectorySeparatorCharAltDirectorySeparatorChar

Unix では有効なファイル名であるため \、Unix ベースのプラットフォームで実行されている場合、 GetFileName C:\mydirmyfile.ext\ のようなWindowsベースのパスからファイル名を正しく返すことはできませんがGetFileName、Windows ベースのプラットフォームで実行すると 、/tmp/myfile.ext のような Unix ベースのパスからファイル名が正しく返される可能性があるため、Unix ベースと Unix ベースではメソッドのGetFileName動作が厳密に同じではありません。Windows ベースのプラットフォーム。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象