RandomAccess.WriteAsync メソッド

定義

オーバーロード

WriteAsync(SafeFileHandle, IReadOnlyList<ReadOnlyMemory<Byte>>, Int64, CancellationToken)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

WriteAsync(SafeFileHandle, ReadOnlyMemory<Byte>, Int64, CancellationToken)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

WriteAsync(SafeFileHandle, IReadOnlyList<ReadOnlyMemory<Byte>>, Int64, CancellationToken)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

public static System.Threading.Tasks.ValueTask WriteAsync (Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeFileHandle handle, System.Collections.Generic.IReadOnlyList<ReadOnlyMemory<byte>> buffers, long fileOffset, System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
static member WriteAsync : Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeFileHandle * System.Collections.Generic.IReadOnlyList<ReadOnlyMemory<byte>> * int64 * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.ValueTask
Public Shared Function WriteAsync (handle As SafeFileHandle, buffers As IReadOnlyList(Of ReadOnlyMemory(Of Byte)), fileOffset As Long, Optional cancellationToken As CancellationToken = Nothing) As ValueTask

パラメーター

handle
SafeFileHandle

ファイル ハンドル。

buffers
IReadOnlyList<ReadOnlyMemory<Byte>>

メモリ バッファーの一覧。 このメソッドは、これらのバッファーの内容をファイルにコピーします。

fileOffset
Int64

書き込むファイルの位置。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル要求を監視するためのトークン。 既定値は None です。

戻り値

ValueTask

書き込み操作の非同期完了を表すタスク。

例外

handle または buffersnull です。

handle が無効です。

ファイルは閉じられています。

ファイルはシーク (パイプまたはソケット) をサポートしていません。

fileOffset が負の値です。

handle 書き込み用に開かれていません。

I/O エラーが発生しました。

注釈

ファイルの位置が高度ではありません。

適用対象

WriteAsync(SafeFileHandle, ReadOnlyMemory<Byte>, Int64, CancellationToken)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

public static System.Threading.Tasks.ValueTask WriteAsync (Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeFileHandle handle, ReadOnlyMemory<byte> buffer, long fileOffset, System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
static member WriteAsync : Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeFileHandle * ReadOnlyMemory<byte> * int64 * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.ValueTask
Public Shared Function WriteAsync (handle As SafeFileHandle, buffer As ReadOnlyMemory(Of Byte), fileOffset As Long, Optional cancellationToken As CancellationToken = Nothing) As ValueTask

パラメーター

handle
SafeFileHandle

ファイル ハンドル。

buffer
ReadOnlyMemory<Byte>

メモリの領域。 このメソッドは、この領域の内容をファイルにコピーします。

fileOffset
Int64

書き込むファイルの位置。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル要求を監視するためのトークン。 既定値は None です。

戻り値

ValueTask

書き込み操作の非同期完了を表すタスク。

例外

handlenullです。

handle が無効です。

ファイルは閉じられています。

ファイルはシーク (パイプまたはソケット) をサポートしていません。

fileOffset が負の値です。

handle 書き込み用に開かれていません。

I/O エラーが発生しました。

注釈

ファイルの位置が高度ではありません。

適用対象