Stream.Dispose Stream.Dispose Stream.Dispose Stream.Dispose Method

定義

この Stream オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream object.

オーバーロード

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

Stream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the Stream and optionally releases the managed resources.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Stream.

public:
 virtual void Dispose();
public void Dispose ();
abstract member Dispose : unit -> unit
override this.Dispose : unit -> unit
Public Sub Dispose ()

実装

注釈

このメソッドは、バッキングストアに変更を書き込んでストリームを破棄し、リソースを解放します。This method disposes the stream, by writing any changes to the backing store and closing the stream to release resources.

Dispose呼び出すと、 Streamによって使用されるリソースを他の目的で再割り当てできます。Calling Dispose allows the resources used by the Stream to be reallocated for other purposes. の詳細Disposeについては、「アンマネージリソースのクリーンアップ」を参照してください。For more information about Dispose, see Cleaning Up Unmanaged Resources.

注意 (継承者)

ストリームオブジェクトのすべてのクリーンアップロジックをにDispose(Boolean)配置します。Place all cleanup logic for your stream object in Dispose(Boolean). をオーバーライドClose()しないでください。Do not override Close().

旧バージョンとの互換性の要件があるため、このメソッドの実装は、Dispose パターンの推奨されるガイダンスとは異なります。Note that because of backward compatibility requirements, this method's implementation differs from the recommended guidance for the Dispose pattern. このメソッドClose()は、を呼び出し、 Dispose(Boolean)次にを呼び出します。This method calls Close(), which then calls Dispose(Boolean).

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

Stream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the Stream and optionally releases the managed resources.

protected:
 virtual void Dispose(bool disposing);
protected virtual void Dispose (bool disposing);
abstract member Dispose : bool -> unit
override this.Dispose : bool -> unit
Protected Overridable Sub Dispose (disposing As Boolean)

パラメーター

disposing
Boolean Boolean Boolean Boolean

マネージド リソースとアンマネージド リソースの両方を解放する場合は true。アンマネージド リソースだけを解放する場合は falsetrue to release both managed and unmanaged resources; false to release only unmanaged resources.

注釈

にを指定trueすることで、すべてdisposingのリソースを解放する必要があります。You should release all resources by specifying true for disposing. disposingtrue場合、ストリームは、基になるバッファーにデータをフラッシュし、その他のファイナライズ可能なオブジェクトにアクセスすることもできます。When disposing is true, the stream can also ensure data is flushed to the underlying buffer, and access other finalizable objects. ファイナライザーの順序が不足しているためにファイナライザーから呼び出された場合は、これが不可能になることがあります。This may not be possible when called from a finalizer due a lack of ordering among finalizers.

ストリームがソースとの通信にオペレーティングシステムハンドルを使用している場合は、この目的SafeHandleでのサブクラスの使用を検討してください。If your stream is using an operating system handle to communicate with its source, consider using a subclass of SafeHandle for this purpose.

このメソッドは、パブリックDisposeメソッドFinalizeとメソッドによって呼び出されます。This method is called by the public Dispose method and the Finalize method. DisposedisposingパラメーターをにDispose 設定して、保護されたメソッドtrueを呼び出します。Dispose invokes the protected Dispose method with the disposing parameter set to true. Finalizeをにdisposing Dispose 設定してを呼び出しますfalseFinalize invokes Dispose with disposing set to false.

注意 (継承者)

派生クラスでは、メソッドをオーバーライドClose()せずに、すべてのストリームクリーンアップロジックをDispose(Boolean)メソッドに配置します。In derived classes, do not override the Close() method, instead, put all of the Stream cleanup logic in the Dispose(Boolean) method.

Dispose() は、他のオブジェクトから複数回呼び出すことができます。Dispose() can be called multiple times by other objects. Dispose(Boolean) をオーバーライドする場合は、以前に Dispose() を呼び出したときに破棄されたオブジェクトを参照しないように注意する必要があります。When overriding Dispose(Boolean), be careful not to reference objects that have been previously disposed of in an earlier call to Dispose(). を実装Dispose(Boolean)する方法の詳細については、「 Dispose メソッドの実装」を参照してください。For more information about how to implement Dispose(Boolean), see Implementing a Dispose Method.

Dispose() およびFinalize()の詳細については、「アンマネージリソースのクリーンアップ」を参照してください。For more information about Dispose() and Finalize(), see Cleaning Up Unmanaged Resources.

適用対象