Stream.WriteByte(Byte) Stream.WriteByte(Byte) Stream.WriteByte(Byte) Stream.WriteByte(Byte) Method

定義

ストリームの現在位置にバイトを書き込み、ストリームの位置を 1 バイトだけ進めます。Writes a byte to the current position in the stream and advances the position within the stream by one byte.

public:
 virtual void WriteByte(System::Byte value);
public virtual void WriteByte (byte value);
abstract member WriteByte : byte -> unit
override this.WriteByte : byte -> unit
Public Overridable Sub WriteByte (value As Byte)

パラメーター

value
Byte Byte Byte Byte

ストリームに書き込むバイト。The byte to write to the stream.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

ストリームが書き込みをサポートしていないか、既に閉じています。The stream does not support writing, or the stream is already closed.

ストリームが閉じた後でメソッドが呼び出されました。Methods were called after the stream was closed.

注釈

現在のCanWriteインスタンスが書き込みをサポートしているかどうかを判断するには、プロパティを使用します。Use the CanWrite property to determine whether the current instance supports writing.

注意 (継承者)

の既定の実装Streamでは、新しい1バイト配列が作成さWrite(Byte[], Int32, Int32)れ、が呼び出されます。The default implementation on Stream creates a new single-byte array and then calls Write(Byte[], Int32, Int32). これは正式には正しくありますが、非効率的です。While this is formally correct, it is inefficient. 内部バッファーを持つすべてのストリームは、このメソッドをオーバーライドし、バッファーに直接書き込むより効率的なバージョンを提供する必要があります。これにより、すべての呼び出しで追加の配列割り当てが回避されます。Any stream with an internal buffer should override this method and provide a much more efficient version that writes to the buffer directly, avoiding the extra array allocation on every call.

適用対象

こちらもご覧ください