Stream Stream Stream Stream Class

定義

バイト シーケンスのジェネリック ビューを提供します。 Provides a generic view of a sequence of bytes. これは抽象クラスです。 This is an abstract class.

public ref class Stream abstract : MarshalByRefObject, IDisposable
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[Serializable]
public abstract class Stream : MarshalByRefObject, IDisposable
type Stream = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IDisposable
Public MustInherit Class Stream
Inherits MarshalByRefObject
Implements IDisposable
継承
派生
属性
ComVisibleAttribute SerializableAttribute
実装

次の例は、2 つを使用する方法を示しますFileStream非同期的にファイルを 1 つのディレクトリから別のディレクトリにコピーするオブジェクト。The following example demonstrates how to use two FileStream objects to asynchronously copy the files from one directory to another directory. FileStream クラスは Stream クラスから派生します。The FileStream class derives from the Stream class. 非同期のメソッドを呼び出すので、 Click コントロールの Button イベント ハンドラーは async 修飾子でマークされていることに注意してください。Notice that the Click event handler for the Button control is marked with the async modifier because it calls an asynchronous method.

using System;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows;
using System.IO;

namespace WpfApplication
{
    public partial class MainWindow : Window
    {
        public MainWindow()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private async void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
        {
            string StartDirectory = @"c:\Users\exampleuser\start";
            string EndDirectory = @"c:\Users\exampleuser\end";

            foreach (string filename in Directory.EnumerateFiles(StartDirectory))
            {
                using (FileStream SourceStream = File.Open(filename, FileMode.Open))
                {
                    using (FileStream DestinationStream = File.Create(EndDirectory + filename.Substring(filename.LastIndexOf('\\'))))
                    {
                        await SourceStream.CopyToAsync(DestinationStream);
                    }
                }
            }
        }
    }
}
Imports System.IO

Class MainWindow

    Private Async Sub Button_Click(sender As Object, e As RoutedEventArgs)
        Dim StartDirectory As String = "c:\Users\exampleuser\start"
        Dim EndDirectory As String = "c:\Users\exampleuser\end"

        For Each filename As String In Directory.EnumerateFiles(StartDirectory)
            Using SourceStream As FileStream = File.Open(filename, FileMode.Open)
                Using DestinationStream As FileStream = File.Create(EndDirectory + filename.Substring(filename.LastIndexOf("\"c)))
                    Await SourceStream.CopyToAsync(DestinationStream)
                End Using

            End Using
        Next
    End Sub

End Class

注釈

Stream すべてのストリームの抽象基本クラスです。Stream is the abstract base class of all streams. ストリームとは、ファイル、入出力デバイス、プロセス間通信のパイプ、または TCP/IP ソケットなどのバイト シーケンスを抽象化したものです。A stream is an abstraction of a sequence of bytes, such as a file, an input/output device, an inter-process communication pipe, or a TCP/IP socket. Streamクラスとその派生クラスのさまざまな種類の入力と出力のジェネリック ビューを提供し、プログラマがオペレーティング システムや基になるデバイスの具体的な詳細から分離します。The Stream class and its derived classes provide a generic view of these different types of input and output, and isolate the programmer from the specific details of the operating system and the underlying devices.

ストリームには次の 3 つの基本的な操作が含まれます。Streams involve three fundamental operations:

  • ストリームから読み取ることができます。You can read from streams. 読み取りは、バイト配列などのデータ構造にデータをストリームからの転送です。Reading is the transfer of data from a stream into a data structure, such as an array of bytes.

  • ストリームに記述することができます。You can write to streams. 書き込みでは、データ構造からストリームへのデータ転送です。Writing is the transfer of data from a data structure into a stream.

  • ストリームはシークをサポートできます。Streams can support seeking. シークは、クエリを実行して、ストリーム内の現在位置を変更することを指します。Seeking refers to querying and modifying the current position within a stream. シーク機能がストリームにバッキング ストアの種類によって異なります。Seek capability depends on the kind of backing store a stream has. たとえば、ネットワーク ストリームは、現在の位置の統一された概念をありませんして、したがって通常行っていないシークをサポートします。For example, network streams have no unified concept of a current position, and therefore typically do not support seeking.

一般的に使用される他のいくつかのストリームから継承するStreamFileStream、およびMemoryStreamします。Some of the more commonly used streams that inherit from Stream are FileStream, and MemoryStream.

によって、基になるデータ ソースまたはリポジトリ ストリームが、これらの機能の一部のみをサポート可能性があります。Depending on the underlying data source or repository, streams might support only some of these capabilities. 使用してその機能のためのストリームを照会することができます、 CanReadCanWrite、およびCanSeekのプロパティ、Streamクラス。You can query a stream for its capabilities by using the CanRead, CanWrite, and CanSeek properties of the Stream class.

ReadWriteメソッドは、読み取りし、さまざまな形式でデータを書き込みます。The Read and Write methods read and write data in a variety of formats. ストリームはシークをサポートする場合を使用して、SeekSetLengthメソッドとPositionLengthプロパティを照会し、ストリームの長さと現在の位置を変更します。For streams that support seeking, use the Seek and SetLength methods and the Position and Length properties to query and modify the current position and length of a stream.

この型は、IDisposableインターフェイス。This type implements the IDisposable interface. 型の使用が完了したら、直接的または間接的にそれを破棄する必要があります。When you have finished using the type, you should dispose of it either directly or indirectly. 型の直接 dispose を呼び出してそのDisposeメソッド、 try / catchブロックします。To dispose of the type directly, call its Dispose method in a try/catch block. 直接ことのない破棄する場合など、言語コンストラクトを使用してusing(で C# の場合) またはUsing(Visual Basic) でします。To dispose of it indirectly, use a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic). 詳細については、"を使用して、オブジェクトを実装する IDisposable"のセクションを参照してください、IDisposableインターフェイスに関するトピック。For more information, see the "Using an Object that Implements IDisposable" section in the IDisposable interface topic.

破棄、Streamオブジェクトは、バッファー内のデータをまとめてフラッシュし、本質的に呼び出して、Flushのための手段です。Disposing a Stream object flushes any buffered data, and essentially calls the Flush method for you. Dispose ファイル ハンドル、ネットワーク接続、または、内部バッファリングに使用されるメモリなどのオペレーティング システム リソースを解放もします。Dispose also releases operating system resources such as file handles, network connections, or memory used for any internal buffering. BufferedStreamクラスは、バッファー済みストリームをラップする向上読み取りと書き込みのパフォーマンスには別のストリームの機能を提供します。The BufferedStream class provides the capability of wrapping a buffered stream around another stream in order to improve read and write performance.

以降では、 .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5Streamクラスには、非同期操作を簡略化する async メソッドが含まれています。Starting with the .NET Framework 4.5.NET Framework 4.5, the Stream class includes async methods to simplify asynchronous operations. 非同期メソッドが含まれていますAsync、名前になどReadAsyncWriteAsyncCopyToAsync、およびFlushAsyncします。An async method contains Async in its name, such as ReadAsync, WriteAsync, CopyToAsync, and FlushAsync. これらのメソッドを使用すると、メイン スレッドをブロックすることがなくリソースを消費する I/O 操作を実行できます。These methods enable you to perform resource-intensive I/O operations without blocking the main thread. このパフォーマンスに関する考慮事項は、時間のかかるストリーム操作によって UI スレッドがブロックされ、アプリが動作していないと見なされる可能性がある Windows 8.x ストアWindows 8.x Store アプリまたはデスクトップdesktop アプリで特に重要です。This performance consideration is particularly important in a Windows 8.x ストアWindows 8.x Store app or デスクトップdesktop app where a time-consuming stream operation can block the UI thread and make your app appear as if it is not working. 非同期メソッドと組み合わせてで使用される、asyncawaitVisual Basic および c# のキーワード。The async methods are used in conjunction with the async and await keywords in Visual Basic and C#.

使用すると、Windows 8.x ストアWindows 8.x Storeアプリ、 Stream 2 つの拡張メソッドが含まれています:AsInputStreamAsOutputStreamします。When used in a Windows 8.x ストアWindows 8.x Store app, Stream includes two extension methods: AsInputStream and AsOutputStream. これらのメソッドの変換、Streamストリームにオブジェクト、Windows ランタイムWindows Runtimeします。These methods convert a Stream object to a stream in the Windows ランタイムWindows Runtime. ストリームを変換することも、Windows ランタイムWindows RuntimeStreamオブジェクトを使用して、AsStreamForReadAsStreamForWriteメソッド。You can also convert a stream in the Windows ランタイムWindows Runtime to a Stream object by using the AsStreamForRead and AsStreamForWrite methods. 詳細については、次を参照してください方法: .NET Framework ストリームとの間の変換と Windows ランタイム ストリーム。For more information, see How to: Convert Between .NET Framework Streams and Windows Runtime Streams

ストリームの実装によっては、パフォーマンスを向上させるために基になるデータのローカル バッファー処理を実行します。Some stream implementations perform local buffering of the underlying data to improve performance. このようなストリームで使用することができます、FlushまたはFlushAsync内部バッファーをクリアし、すべてのデータが基になるデータ ソースまたはリポジトリに書き込まれたことを確認します。For such streams, you can use the Flush or FlushAsync method to clear any internal buffers and ensure that all data has been written to the underlying data source or repository.

バッキング ストアを持たない (ビット バケットとも呼ばれます) のストリームが必要な場合は、使用、Nullフィールドをこの目的に設計されたストリームのインスタンスを取得します。If you need a stream with no backing store (also known as a bit bucket), use the Null field to retrieve an instance of a stream that is designed for this purpose.

注意 (継承者)

派生クラスを実装する場合Stream、実装を提供する必要があります、Read(Byte[], Int32, Int32)Write(Byte[], Int32, Int32)メソッド。 When you implement a derived class of Stream, you must provide implementations for the Read(Byte[], Int32, Int32) and Write(Byte[], Int32, Int32) methods. 非同期メソッドReadAsync(Byte[], Int32, Int32)WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)CopyToAsync(Stream)同期メソッドを使用して、Read(Byte[], Int32, Int32)Write(Byte[], Int32, Int32)実装にします。 The asynchronous methods ReadAsync(Byte[], Int32, Int32), WriteAsync(Byte[], Int32, Int32), and CopyToAsync(Stream) use the synchronous methods Read(Byte[], Int32, Int32) and Write(Byte[], Int32, Int32) in their implementations. そのための実装のRead(Byte[], Int32, Int32)Write(Byte[], Int32, Int32)非同期メソッドで正常に動作します。 Therefore, your implementations of Read(Byte[], Int32, Int32) and Write(Byte[], Int32, Int32) will work correctly with the asynchronous methods. 既定の実装ReadByte()WriteByte(Byte)新しい 1 つの要素のバイト配列を作成しの実装を呼び出すRead(Byte[], Int32, Int32)Write(Byte[], Int32, Int32)します。 The default implementations of ReadByte() and WriteByte(Byte) create a new single-element byte array, and then call your implementations of Read(Byte[], Int32, Int32) and Write(Byte[], Int32, Int32). 派生させた場合Stream、1 つのパフォーマンスを大幅に向上させる必要がある場合、内部バッファーへのアクセスにこれらのメソッドをオーバーライドすることをお勧めします。 When you derive from Stream, we recommend that you override these methods to access your internal buffer, if you have one, for substantially better performance. 実装を提供する必要がありますもCanReadCanSeekCanWriteFlush()LengthPositionSeek(Int64, SeekOrigin)、およびSetLength(Int64)します。 You must also provide implementations of CanRead, CanSeek, CanWrite, Flush(), Length, Position, Seek(Int64, SeekOrigin), and SetLength(Int64). オーバーライドしない場合、Close()メソッドが代わりに、すべてを配置、Streamでのクリーンアップ ロジック、Dispose(Boolean)メソッド。 Do not override the Close() method, instead, put all the Stream cleanup logic in the Dispose(Boolean) method. 詳細については、次を参照してください。 Dispose メソッドの実装します。 For more information, see Implementing a Dispose Method.

コンストラクター

Stream() Stream() Stream() Stream()

Stream クラスの新しいインスタンスを初期化します。 Initializes a new instance of the Stream class.

フィールド

Null Null Null Null

バッキング ストアを持たない Stream A Stream with no backing store.

プロパティ

CanRead CanRead CanRead CanRead

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームが読み取りをサポートするかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current stream supports reading.

CanSeek CanSeek CanSeek CanSeek

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームがシークをサポートするかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current stream supports seeking.

CanTimeout CanTimeout CanTimeout CanTimeout

現在のストリームがタイムアウトできるかどうかを決定する値を取得します。 Gets a value that determines whether the current stream can time out.

CanWrite CanWrite CanWrite CanWrite

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームが書き込みをサポートするかどうかを示す値を取得します。 When overridden in a derived class, gets a value indicating whether the current stream supports writing.

Length Length Length Length

派生クラスでオーバーライドされた場合は、ストリームの長さをバイト単位で取得します。 When overridden in a derived class, gets the length in bytes of the stream.

Position Position Position Position

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリーム内の位置を取得または設定します。 When overridden in a derived class, gets or sets the position within the current stream.

ReadTimeout ReadTimeout ReadTimeout ReadTimeout

ストリームがタイムアウト前に読み取りを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。 Gets or sets a value, in miliseconds, that determines how long the stream will attempt to read before timing out.

WriteTimeout WriteTimeout WriteTimeout WriteTimeout

ストリームがタイムアウト前に書き込みを試行する期間を決定する値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。 Gets or sets a value, in miliseconds, that determines how long the stream will attempt to write before timing out.

方法

BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object) BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object) BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object) BeginRead(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の読み込み動作を開始します。 Begins an asynchronous read operation. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。) (Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object) BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object) BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object) BeginWrite(Byte[], Int32, Int32, AsyncCallback, Object)

非同期の書き込み操作を開始します。 Begins an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。) (Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

Close() Close() Close() Close()

現在のストリームを閉じ、現在のストリームに関連付けられているすべてのリソース (ソケット、ファイル ハンドルなど) を解放します。 Closes the current stream and releases any resources (such as sockets and file handles) associated with the current stream. このメソッドを呼び出す代わりに、ストリームが適切に破棄されていることを確認します。 Instead of calling this method, ensure that the stream is properly disposed.

CopyTo(Stream) CopyTo(Stream) CopyTo(Stream) CopyTo(Stream)

現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。 Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

CopyTo(Stream, Int32) CopyTo(Stream, Int32) CopyTo(Stream, Int32) CopyTo(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを読み取り、別のストリームに書き込みます。 Reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

CopyToAsync(Stream) CopyToAsync(Stream) CopyToAsync(Stream) CopyToAsync(Stream)

現在のストリームからすべてのバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。 Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream.

CopyToAsync(Stream, CancellationToken) CopyToAsync(Stream, CancellationToken) CopyToAsync(Stream, CancellationToken) CopyToAsync(Stream, CancellationToken)
CopyToAsync(Stream, Int32) CopyToAsync(Stream, Int32) CopyToAsync(Stream, Int32) CopyToAsync(Stream, Int32)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、別のストリームに書き込みます。 Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size.

CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken) CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken) CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken) CopyToAsync(Stream, Int32, CancellationToken)

指定されたバッファー サイズを使用して、現在のストリームからバイトを非同期に読み取り、指定されたバッファー サイズとキャンセル トークンを使用して、別のストリームに書き込みます。 Asynchronously reads the bytes from the current stream and writes them to another stream, using a specified buffer size and cancellation token.

CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type) CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。 Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
CreateWaitHandle() CreateWaitHandle() CreateWaitHandle() CreateWaitHandle()

WaitHandle オブジェクトを割り当てます。 Allocates a WaitHandle object.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

Stream によって使用されているすべてのリソースを解放します。 Releases all resources used by the Stream.

Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean) Dispose(Boolean)

Stream によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。 Releases the unmanaged resources used by the Stream and optionally releases the managed resources.

EndRead(IAsyncResult) EndRead(IAsyncResult) EndRead(IAsyncResult) EndRead(IAsyncResult)

保留中の非同期読み取りが完了するまで待機します。 Waits for the pending asynchronous read to complete. (代わりに、ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。) (Consider using ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

EndWrite(IAsyncResult) EndWrite(IAsyncResult) EndWrite(IAsyncResult) EndWrite(IAsyncResult)

非同期書き込み操作を終了します。 Ends an asynchronous write operation. (代わりに、WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) の使用を検討してください。) (Consider using WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) instead.)

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。 Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
Flush() Flush() Flush() Flush()

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、ストリームに対応するすべてのバッファーをクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。 When overridden in a derived class, clears all buffers for this stream and causes any buffered data to be written to the underlying device.

FlushAsync() FlushAsync() FlushAsync() FlushAsync()

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。 Asynchronously clears all buffers for this stream and causes any buffered data to be written to the underlying device.

FlushAsync(CancellationToken) FlushAsync(CancellationToken) FlushAsync(CancellationToken) FlushAsync(CancellationToken)

ストリームに対応するすべてのバッファーを非同期にクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込み、キャンセル要求を監視します。 Asynchronously clears all buffers for this stream, causes any buffered data to be written to the underlying device, and monitors cancellation requests.

GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。 Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService() GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。 Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。 Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService() InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。 Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(Inherited from MarshalByRefObject)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean) MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。 Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(Inherited from MarshalByRefObject)
ObjectInvariant() ObjectInvariant() ObjectInvariant() ObjectInvariant()

Contract のサポートを提供します。 Provides support for a Contract.

Read(Byte[], Int32, Int32) Read(Byte[], Int32, Int32) Read(Byte[], Int32, Int32) Read(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームからバイト シーケンスを読み取り、読み取ったバイト数の分だけストリームの位置を進めます。 When overridden in a derived class, reads a sequence of bytes from the current stream and advances the position within the stream by the number of bytes read.

Read(Span<Byte>) Read(Span<Byte>) Read(Span<Byte>) Read(Span<Byte>)
ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) ReadAsync(Byte[], Int32, Int32) ReadAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進めます。 Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream and advances the position within the stream by the number of bytes read.

ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) ReadAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームからバイト シーケンスを非同期に読み取り、読み取ったバイト数だけストリーム内の位置を進め、キャンセル要求を監視します。 Asynchronously reads a sequence of bytes from the current stream, advances the position within the stream by the number of bytes read, and monitors cancellation requests.

ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken) ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken) ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken) ReadAsync(Memory<Byte>, CancellationToken)
ReadByte() ReadByte() ReadByte() ReadByte()

ストリームから 1 バイトを読み取り、ストリーム内の位置を 1 バイト進めます。ストリームの末尾の場合は -1 を返します。 Reads a byte from the stream and advances the position within the stream by one byte, or returns -1 if at the end of the stream.

Seek(Int64, SeekOrigin) Seek(Int64, SeekOrigin) Seek(Int64, SeekOrigin) Seek(Int64, SeekOrigin)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリーム内の位置を設定します。 When overridden in a derived class, sets the position within the current stream.

SetLength(Int64) SetLength(Int64) SetLength(Int64) SetLength(Int64)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、現在のストリームの長さを設定します。 When overridden in a derived class, sets the length of the current stream.

Synchronized(Stream) Synchronized(Stream) Synchronized(Stream) Synchronized(Stream)

指定した Stream オブジェクトをラップするスレッド セーフな (同期された) ラッパーを作成します。 Creates a thread-safe (synchronized) wrapper around the specified Stream object.

ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)
Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32) Write(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスによってオーバーライドされた場合は、現在のストリームにバイト シーケンスを書き込み、書き込んだバイト数の分だけストリームの現在位置を進めます。 When overridden in a derived class, writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>) Write(ReadOnlySpan<Byte>)
WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) WriteAsync(Byte[], Int32, Int32) WriteAsync(Byte[], Int32, Int32)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進めます。 Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream and advances the current position within this stream by the number of bytes written.

WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken) WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

現在のストリームにバイト シーケンスを非同期に書き込み、書き込んだバイト数だけストリーム内の現在位置を進め、キャンセル要求を監視します。 Asynchronously writes a sequence of bytes to the current stream, advances the current position within this stream by the number of bytes written, and monitors cancellation requests.

WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken) WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken) WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken) WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)
WriteByte(Byte) WriteByte(Byte) WriteByte(Byte) WriteByte(Byte)

ストリームの現在位置にバイトを書き込み、ストリームの位置を 1 バイトだけ進めます。 Writes a byte to the current position in the stream and advances the position within the stream by one byte.

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose() IDisposable.Dispose()

適用対象

こちらもご覧ください