StreamReader.BaseStream プロパティ

定義

基になるストリームを返します。Returns the underlying stream.

public:
 virtual property System::IO::Stream ^ BaseStream { System::IO::Stream ^ get(); };
public virtual System.IO.Stream BaseStream { get; }
member this.BaseStream : System.IO.Stream
Public Overridable ReadOnly Property BaseStream As Stream

プロパティ値

Stream

基になるストリーム。The underlying stream.

注釈

基になるストリームにアクセスするには、このプロパティを使用します。You use this property to access the underlying stream. クラスは、 StreamReader メソッドのいずれかを呼び出すと、基になるストリームからの入力をバッファーし Read ます。The StreamReader class buffers input from the underlying stream when you call one of the Read methods. バッファーにデータを読み込んだ後に基になるストリームの位置を操作すると、基になるストリームの位置が内部バッファーの位置と一致しない場合があります。If you manipulate the position of the underlying stream after reading data into the buffer, the position of the underlying stream might not match the position of the internal buffer. 内部バッファーをリセットするには、 DiscardBufferedData メソッドを呼び出します。ただし、このメソッドはパフォーマンスを低下させるため、絶対に必要な場合にのみ呼び出す必要があります。To reset the internal buffer, call the DiscardBufferedData method; however, this method slows performance and should be called only when absolutely necessary. StreamReaderパラメーターを持つコンストラクターは、 detectEncodingFromByteOrderMarks オブジェクトから初めて読み取るときに、エンコーディングを変更でき StreamReader ます。The StreamReader constructors that have the detectEncodingFromByteOrderMarks parameter can change the encoding the first time you read from the StreamReader object.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

適用対象