StreamReader.ReadToEndAsync メソッド

定義

現在位置からストリームの末尾まですべての文字を非同期的に読み取り、1 つの文字列として返します。

public:
 override System::Threading::Tasks::Task<System::String ^> ^ ReadToEndAsync();
public override System.Threading.Tasks.Task<string> ReadToEndAsync ();
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public override System.Threading.Tasks.Task<string> ReadToEndAsync ();
override this.ReadToEndAsync : unit -> System.Threading.Tasks.Task<string>
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
override this.ReadToEndAsync : unit -> System.Threading.Tasks.Task<string>
Public Overrides Function ReadToEndAsync () As Task(Of String)

戻り値

Task<String>

非同期の読み取り操作を表すタスク。 TResult パラメーターの値には、現在位置からストリームの末尾までの文字から成る文字列が含まれます。

属性

例外

文字数が MaxValue を超えています。

ストリームは破棄されています。

リーダーは、前の読み取り操作によって現在使用されています。

次の例は、 メソッドを使用してファイルの内容を読み取る方法を示 ReadToEndAsync() しています。

using System;
using System.IO;

namespace ConsoleApplication
{
    class Program
    {
        static async Task Main()
        {
            await ReadCharacters();
        }

        static async Task ReadCharacters()
        {
            String result;
            using (StreamReader reader = File.OpenText("existingfile.txt"))
            {
                Console.WriteLine("Opened file.");
                result = await reader.ReadToEndAsync();
                Console.WriteLine("Contains: " + result);
            }
        }
    }
}
Imports System.IO

Module Module1

    Sub Main()
        ReadCharacters()
    End Sub

    Async Sub ReadCharacters()
        Dim result As String

        Using reader As StreamReader = File.OpenText("existingfile.txt")
            Console.WriteLine("Opened file.")
            result = Await reader.ReadToEndAsync()
            Console.WriteLine("Contains: " + result)
        End Using
    End Sub
End Module

適用対象