StringReader クラス

定義

文字列から読み取る TextReader を実装します。Implements a TextReader that reads from a string.

public ref class StringReader : System::IO::TextReader
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public class StringReader : System.IO.TextReader
type StringReader = class
    inherit TextReader
Public Class StringReader
Inherits TextReader
継承
属性

次の例は、文字列全体を非同期に読み取る方法を示しています。The following example shows how to read an entire string asynchronously.

using System;
using System.IO;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            ReadCharacters();
        }

        static async void ReadCharacters()
        {
            StringBuilder stringToRead = new StringBuilder();
            stringToRead.AppendLine("Characters in 1st line to read");
            stringToRead.AppendLine("and 2nd line");
            stringToRead.AppendLine("and the end");

            using (StringReader reader = new StringReader(stringToRead.ToString()))
            {
                string readText = await reader.ReadToEndAsync();
                Console.WriteLine(readText);
            }
        }
    }
}
// The example displays the following output:
//
// Characters in 1st line to read
// and 2nd line
// and the end
//
Imports System.IO
Imports System.Text

Module Module1

    Sub Main()
        ReadCharacters()
    End Sub

    Async Sub ReadCharacters()
        Dim stringToRead = New StringBuilder()
        stringToRead.AppendLine("Characters in 1st line to read")
        stringToRead.AppendLine("and 2nd line")
        stringToRead.AppendLine("and the end")

        Using reader As StringReader = New StringReader(stringToRead.ToString())
            Dim readText As String = Await reader.ReadToEndAsync()
            Console.WriteLine(readText)
        End Using
    End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'
' Characters in 1st line to read
' and 2nd line
' and the end
'

注釈

StringReader文字列を同期的または非同期的に読み取ることができます。StringReader enables you to read a string synchronously or asynchronously. メソッドまたはメソッドを使用ReadしてReadLine ReadLineAsync一度に1つReadAsyncの文字を読み取ることができます。また、メソッドまたはメソッドを使用ReadToEnd ReadToEndAsyncして、メソッドと文字列全体を1行ずつ読み取ることもできます。You can read a character at a time with the Read or the ReadAsync method, a line at a time using the ReadLine or the ReadLineAsync method and an entire string using the ReadToEnd or the ReadToEndAsync method.

注意

この型は IDisposable インターフェイスを実装しますが、実際に破棄するリソースはありません。This type implements the IDisposable interface, but does not actually have any resources to dispose. つまり、Dispose() を直接呼び出したり、using (C# の場合) または Using (Visual Basic の場合) といった言語構築を行ってリソースを破棄する必要はありません。This means that disposing it by directly calling Dispose() or by using a language construct such as using (in C#) or Using (in Visual Basic) is not necessary.

次の表に、その他の一般的な i/o タスクと関連する i/o タスクの例を示します。The following table lists examples of other typical or related I/O tasks.

目的To do this... 参照項目See the example in this topic...
テキスト ファイルを作成します。Create a text file. 方法: ファイルにテキストを書き込むHow to: Write Text to a File
テキストファイルに書き込みます。Write to a text file. 方法: ファイルにテキストを書き込むHow to: Write Text to a File
テキストファイルからの読み取り。Read from a text file. 方法: ファイルからテキストを読み取るHow to: Read Text from a File
ファイルにテキストを追加します。Append text to a file. 方法: ログ ファイルを開いて情報を追加するHow to: Open and Append to a Log File

File.AppendText

FileInfo.AppendText
ファイルのサイズを取得します。Get the size of a file. FileInfo.Length
ファイルの属性を取得します。Get the attributes of a file. File.GetAttributes
ファイルの属性を設定します。Set the attributes of a file. File.SetAttributes
ファイルが存在するかどうかを確認します。Determine if a file exists. File.Exists
バイナリファイルから読み取ります。Read from a binary file. 方法: 新しく作成されたデータ ファイルに対して読み書きするHow to: Read and Write to a Newly Created Data File
バイナリファイルに書き込みます。Write to a binary file. 方法: 新しく作成されたデータ ファイルに対して読み書きするHow to: Read and Write to a Newly Created Data File

コンストラクター

StringReader(String)

指定した文字列から読み取る StringReader クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the StringReader class that reads from the specified string.

メソッド

Close()

StringReader を閉じます。Closes the StringReader.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

この TextReader オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the TextReader object.

(継承元 TextReader)
Dispose(Boolean)

StringReader によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。Releases the unmanaged resources used by the StringReader and optionally releases the managed resources.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
Peek()

読み取り可能な次の文字を返しますが、その文字は使用されません。Returns the next available character but does not consume it.

Read()

入力文字列から次の文字を読み取り、1 文字分だけ文字位置を進めます。Reads the next character from the input string and advances the character position by one character.

Read(Char[], Int32, Int32)

入力文字列から文字のブロックを読み取り、count だけ文字位置を進めます。Reads a block of characters from the input string and advances the character position by count.

Read(Span<Char>)
ReadAsync(Char[], Int32, Int32)

指定した最大文字数を現在の文字列から非同期的に読み取り、バッファーの指定したインデックス位置にそのデータを書き込みます。Reads a specified maximum number of characters from the current string asynchronously and writes the data to a buffer, beginning at the specified index.

ReadAsync(Memory<Char>, CancellationToken)
ReadBlock(Char[], Int32, Int32)

指定した最大文字数を現在のテキスト リーダーから読み取り、バッファーの指定したインデックス位置にそのデータを書き込みます。Reads a specified maximum number of characters from the current text reader and writes the data to a buffer, beginning at the specified index.

(継承元 TextReader)
ReadBlock(Span<Char>)
ReadBlockAsync(Char[], Int32, Int32)

指定した最大文字数を現在の文字列から非同期的に読み取り、バッファーの指定したインデックス位置にそのデータを書き込みます。Reads a specified maximum number of characters from the current string asynchronously and writes the data to a buffer, beginning at the specified index.

ReadBlockAsync(Memory<Char>, CancellationToken)
ReadLine()

現在の文字列から 1 行分の文字を読み取り、そのデータを文字列として返します。Reads a line of characters from the current string and returns the data as a string.

ReadLineAsync()

現在の文字列から非同期的に 1 行分の文字を読み取り、そのデータを文字列として返します。Reads a line of characters asynchronously from the current string and returns the data as a string.

ReadToEnd()

現在位置から文字列の末尾まですべての文字を読み取り、1 つの文字列として返します。Reads all characters from the current position to the end of the string and returns them as a single string.

ReadToEndAsync()

現在位置から文字列の末尾まですべての文字を非同期的に読み取り、1 つの文字列として返します。Reads all characters from the current position to the end of the string asynchronously and returns them as a single string.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

このメンバーの詳細については、「Dispose()」をご覧ください。For a description of this member, see Dispose().

(継承元 TextReader)

適用対象

こちらもご覧ください