TextReader.Dispose メソッド

定義

この TextReader オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。

オーバーロード

Dispose()

この TextReader オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。

Dispose(Boolean)

TextReader によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

Dispose()

この TextReader オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。

public:
 virtual void Dispose();
public void Dispose ();
abstract member Dispose : unit -> unit
override this.Dispose : unit -> unit
Public Sub Dispose ()

実装

注釈

Dispose を使い終わったら TextReader を呼び出します。 Disposeメソッドによって、TextReader は使用不可の状態になります。 Dispose呼び出し後は、TextReaderによって占有されていたメモリをガベージ コレクターがクリアできるよう、TextReader へのすべての参照を解放する必要があります。

詳細については、アンマネージ リソースのクリーンアップおよびDispose メソッドの実装を参照してください。

注意

TextReaderへの最後の参照を解放する前に、必ずDisposeを呼び出してください。 そうしないと、ガベージ コレクターが TextReader オブジェクトの Finalize メソッドを呼び出すまで、使用されているリソースは解放されません。

適用対象

Dispose(Boolean)

TextReader によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

protected:
 virtual void Dispose(bool disposing);
protected virtual void Dispose (bool disposing);
abstract member Dispose : bool -> unit
override this.Dispose : bool -> unit
Protected Overridable Sub Dispose (disposing As Boolean)

パラメーター

disposing
Boolean

マネージド リソースとアンマネージド リソースの両方を解放する場合は true。アンマネージド リソースだけを解放する場合は false

注釈

このメソッドは、パブリックな Dispose メソッドと Finalize メソッドによって呼び出されます。 既定では、このメソッドは パラメーターを disposing として指定します trueFinalize は パラメーターを disposing として指定します false

disposing パラメーターが true の場合、このメソッドは、この TextReader が参照しているすべてのマネージド オブジェクトによって保持されているリソースをすべて解放します。 このメソッドは、参照される各オブジェクトの Dispose メソッドを呼び出します。

注意 (継承者)

Dispose は、他のオブジェクトから複数回呼び出すことができます。 このメソッドをオーバーライドする場合は、 の以前の呼び出しで以前に破棄されたオブジェクトを参照しないように注意してください Dispose 。 このメソッドを実装する方法の詳細については 、「Dispose メソッドの実装」を参照してください

および の詳細については Dispose() 、「アン Finalize() マネージ リソースの クリーンアップ」を参照してください

こちらもご覧ください

適用対象