TextWriter.Flush メソッド

定義

現在のライターのすべてのバッファーをクリアし、バッファー内のデータを基になるデバイスに書き込みます。Clears all buffers for the current writer and causes any buffered data to be written to the underlying device.

public:
 virtual void Flush();
public virtual void Flush ();
abstract member Flush : unit -> unit
override this.Flush : unit -> unit
Public Overridable Sub Flush ()

注釈

この既定のメソッドは何も行いませんが、派生クラスはメソッドをオーバーライドして適切な機能を提供できます。This default method does nothing, but derived classes can override the method to provide the appropriate functionality.

またはを明示的に呼び出す場合を除き、ストリームをフラッシュしても、基になるエンコーダーはフラッシュされません Flush CloseFlushing the stream will not flush its underlying encoder unless you explicitly call Flush or Close. AutoFlushをに設定すると、 true バッファーからストリームにデータがフラッシュされますが、エンコーダーの状態はフラッシュされません。Setting AutoFlush to true means that data will be flushed from the buffer to the stream, but the encoder state will not be flushed. これにより、エンコーダーは次の文字ブロックを正しくエンコードできるように、その状態 (部分文字) を保持できます。This allows the encoder to keep its state (partial characters) so that it can encode the next block of characters correctly. このシナリオは、エンコーダーが隣接する文字を受け取ると、特定の文字のみをエンコードできる UTF8 と UTF7 に影響します。This scenario affects UTF8 and UTF7 where certain characters can only be encoded after the encoder receives the adjacent character or characters.

適用対象

こちらもご覧ください