TextWriter.WriteLine TextWriter.WriteLine TextWriter.WriteLine TextWriter.WriteLine Method

定義

データを、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes data to the text stream, followed by a line terminator.

オーバーロード

WriteLine(String, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object)

Format(String, Object, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as the Format(String, Object, Object) method.

WriteLine(Char[], Int32, Int32) WriteLine(Char[], Int32, Int32) WriteLine(Char[], Int32, Int32) WriteLine(Char[], Int32, Int32)

文字の部分配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a subarray of characters to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(String, Object[]) WriteLine(String, Object[]) WriteLine(String, Object[]) WriteLine(String, Object[])

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes out a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as Format(String, Object).

WriteLine(String, Object) WriteLine(String, Object) WriteLine(String, Object) WriteLine(String, Object)

Format(String, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as the Format(String, Object) method.

WriteLine(UInt64) WriteLine(UInt64) WriteLine(UInt64) WriteLine(UInt64)

8 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of an 8-byte unsigned integer to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(UInt32) WriteLine(UInt32) WriteLine(UInt32) WriteLine(UInt32)

4 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 4-byte unsigned integer to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(String, Object, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object, Object)

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes out a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as Format(String, Object).

WriteLine(StringBuilder) WriteLine(StringBuilder) WriteLine(StringBuilder) WriteLine(StringBuilder)

文字列ビルダーのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a string builder to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(String) WriteLine(String) WriteLine(String) WriteLine(String)

文字列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a string to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Single) WriteLine(Single) WriteLine(Single) WriteLine(Single)

4 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 4-byte floating-point value to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Double) WriteLine(Double) WriteLine(Double) WriteLine(Double)

8 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 8-byte floating-point value to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Object) WriteLine(Object) WriteLine(Object) WriteLine(Object)

オブジェクトで ToString メソッドを呼び出して、そのオブジェクトのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of an object to the text stream, by calling the ToString method on that object, followed by a line terminator.

WriteLine(Int64) WriteLine(Int64) WriteLine(Int64) WriteLine(Int64)

8 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of an 8-byte signed integer to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Int32) WriteLine(Int32) WriteLine(Int32) WriteLine(Int32)

4 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 4-byte signed integer to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Decimal) WriteLine(Decimal) WriteLine(Decimal) WriteLine(Decimal)

10 進値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a decimal value to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Char[]) WriteLine(Char[]) WriteLine(Char[]) WriteLine(Char[])

文字配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes an array of characters to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Char) WriteLine(Char) WriteLine(Char) WriteLine(Char)

文字を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a character to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(Boolean) WriteLine(Boolean) WriteLine(Boolean) WriteLine(Boolean)

Boolean 値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a Boolean value to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine() WriteLine() WriteLine() WriteLine()

行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a line terminator to the text stream.

WriteLine(ReadOnlySpan<Char>) WriteLine(ReadOnlySpan<Char>) WriteLine(ReadOnlySpan<Char>) WriteLine(ReadOnlySpan<Char>)

文字スパンのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a character span to the text stream, followed by a line terminator.

WriteLine(String, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object)

Format(String, Object, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as the Format(String, Object, Object) method.

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, System::Object ^ arg0, System::Object ^ arg1);
public virtual void WriteLine (string format, object arg0, object arg1);
abstract member WriteLine : string * obj * obj -> unit
override this.WriteLine : string * obj * obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, arg0 As Object, arg1 As Object)

パラメーター

format
String String String String

複合書式設定文字列。A composite format string.

arg0
Object Object Object Object

書式設定および書き込みをする最初のオブジェクト。The first object to format and write.

arg1
Object Object Object Object

書式設定および書き込みをする 2 番目のオブジェクト。The second object to format and write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。format is not a valid composite format string.

- または --or- 書式指定項目のインデックスが、0 (ゼロ) より小さいか、書式設定されるオブジェクトの数 (このメソッド オーバーロードでは 2) 以上です。The index of a format item is less than 0 (zero), or greater than or equal to the number of objects to be formatted (which, for this method overload, is two).

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。This method uses composite formatting to convert the value of an object to its string representation and to embed that representation in a string. .NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。.NET provides extensive formatting support, which is described in greater detail in the following formatting topics:

パラメーター formatは、このメソッドのパラメーターリスト内のオブジェクトに対応する0個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目) と共に、0個以上のテキストの実行で構成されます。The format parameter consists of zero or more runs of text intermixed with zero or more indexed placeholders, called format items, that correspond to an object in the parameter list of this method. 書式設定のプロセスでは、各書式項目が対応するオブジェクトの値の文字列形式に置き換えられます。The formatting process replaces each format item with the string representation of the value of the corresponding object.

書式指定項目の構文は次のとおりです。The syntax of a format item is as follows:

{index[,length][:formatString]}{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。Elements in square brackets are optional. 次の表は、それぞれの要素の説明です。The following table describes each element. 書式指定項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「複合書式指定」を参照してください。For more information about the composite formatting feature, including the syntax of a format item, see Composite Formatting.

要素Element 説明Description
インデックスindex 書式設定するオブジェクトのパラメーターリスト内の0から始まる位置。The zero-based position in the parameter list of the object to be formatted. Indexで指定されたオブジェクトnullがの場合、書式項目はString.Emptyによって置き換えられます。If the object specified by index is null, the format item is replaced by String.Empty. このオーバーロードでは、パラメーターリストに2つのオブジェクトがあるため、 indexの値は常に0または1である必要があります。Because this overload has two objects in its parameter list, the value of index must always be 0 or 1. インデックス位置にパラメーターがない場合は、 FormatExceptionがスローされます。If there is no parameter in the index position, a FormatException is thrown.
length,length パラメーターの文字列形式の最小文字数。The minimum number of characters in the string representation of the parameter. 正の場合、パラメーターは右上にあります。負の場合は、左揃えになります。If positive, the parameter is right-aligned; if negative, it is left-aligned.
:formatString:formatString 書式設定するオブジェクトによってサポートされる標準またはカスタムの書式指定文字列。A standard or custom format string that is supported by the object to be formatted. FormatStringに使用できる値は、オブジェクトのToString(string format)メソッドでサポートされている値と同じです。Possible values for formatString are the same as the values supported by the object's ToString(string format) method. FormatStringが指定されておらず、書式設定されるIFormattableオブジェクトがnullインターフェイスを実装している場合format 、はIFormattable.ToString書式指定文字列として使用されるパラメーターの値として渡されます。If formatString is not specified and the object to be formatted implements the IFormattable interface, null is passed as the value of the format parameter that is used as the IFormattable.ToString format string.

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。The leading and trailing brace characters, "{" and "}", are required. で1つのリテラルの中かっこformat文字を指定するには、先頭または末尾に2つの中かっこ文字 ("{{" または "}}") を指定します。To specify a single literal brace character in format, specify two leading or trailing brace characters; that is, "{{" or "}}".

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。This method does not search the specified string for individual newline characters (hexadecimal 0x000a) and replace them with NewLine.

指定されたオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合、そのオブジェクトは無視されます。If a specified object is not referenced in the format string, it is ignored.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(Char[], Int32, Int32) WriteLine(Char[], Int32, Int32) WriteLine(Char[], Int32, Int32) WriteLine(Char[], Int32, Int32)

文字の部分配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a subarray of characters to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(cli::array <char> ^ buffer, int index, int count);
public virtual void WriteLine (char[] buffer, int index, int count);
abstract member WriteLine : char[] * int * int -> unit
override this.WriteLine : char[] * int * int -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (buffer As Char(), index As Integer, count As Integer)

パラメーター

buffer
Char[]

データの読み取り元の文字配列。The character array from which data is read.

index
Int32 Int32 Int32 Int32

データの読み込みを開始する、buffer 内の文字の位置。The character position in buffer at which to start reading data.

count
Int32 Int32 Int32 Int32

書き込む文字の最大数。The maximum number of characters to write.

例外

バッファーの長さから index を引いた値が count 未満です。The buffer length minus index is less than count.

buffer パラメーターが null です。The buffer parameter is null.

index または count が負の値です。index or count is negative.

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

このメソッドは、 count TextWriter buffer 位置indexから始まる文字配列からこのにデータの文字を書き込みます。This method will write count characters of data into this TextWriter from the buffer character array starting at position index.

このオーバーロードWrite(Char[])は、と ( buffer index WriteLine )のindex間の各文字に対して、メソッドを呼び出した後にを呼び出すことと同じです。 + countThis overload is equivalent to calling the Write(Char[]) method followed by WriteLine for each character in buffer between index and (index + count).

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(String, Object[]) WriteLine(String, Object[]) WriteLine(String, Object[]) WriteLine(String, Object[])

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes out a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as Format(String, Object).

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, ... cli::array <System::Object ^> ^ arg);
public virtual void WriteLine (string format, params object[] arg);
abstract member WriteLine : string * obj[] -> unit
override this.WriteLine : string * obj[] -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, ParamArray arg As Object())

パラメーター

format
String String String String

複合書式設定文字列。A composite format string.

arg
Object[]

書式設定および書き込みをする 0 個以上のオブジェクトを含むオブジェクト配列。An object array that contains zero or more objects to format and write.

例外

文字列またはオブジェクトが null として渡されました。A string or object is passed in as null.

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。format is not a valid composite format string.

- または --or- 書式項目のインデックスが 0 (ゼロ) 未満であるか、arg 配列の長さ以上です。The index of a format item is less than 0 (zero), or greater than or equal to the length of the arg array.

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。This method uses composite formatting to convert the value of an object to its string representation and to embed that representation in a string. .NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。.NET provides extensive formatting support, which is described in greater detail in the following formatting topics:

パラメーター formatは、このメソッドのパラメーターリスト内のオブジェクトに対応する0個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目) と共に、0個以上のテキストの実行で構成されます。The format parameter consists of zero or more runs of text intermixed with zero or more indexed placeholders, called format items, that correspond to an object in the parameter list of this method. 書式設定のプロセスでは、各書式項目が対応するオブジェクトの値の文字列形式に置き換えられます。The formatting process replaces each format item with the string representation of the value of the corresponding object.

書式指定項目の構文は次のとおりです。The syntax of a format item is as follows:

{index[,length][:formatString]}{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。Elements in square brackets are optional. 次の表は、それぞれの要素の説明です。The following table describes each element. 書式指定項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「複合書式指定」を参照してください。For more information about the composite formatting feature, including the syntax of a format item, see Composite Formatting.

要素Element 説明Description
インデックスindex 書式設定するオブジェクトのパラメーターリスト内の0から始まる位置。The zero-based position in the parameter list of the object to be formatted. Indexで指定されたオブジェクトnullがの場合、書式項目はString.Emptyによって置き換えられます。If the object specified by index is null, the format item is replaced by String.Empty. このオーバーロードでは、パラメーターリストに配列が含まれているため、インデックスの値は常に配列の長さよりも小さくする必要があります。Because this overload has an array in its parameter list, the value of index must always be less than the length of the array. インデックス位置にパラメーターがない場合は、 FormatExceptionがスローされます。If there is no parameter in the index position, a FormatException is thrown.
length,length パラメーターの文字列形式の最小文字数。The minimum number of characters in the string representation of the parameter. 正の場合、パラメーターは右上にあります。負の場合は、左揃えになります。If positive, the parameter is right-aligned; if negative, it is left-aligned.
:formatString:formatString 書式設定するオブジェクトによってサポートされる標準またはカスタムの書式指定文字列。A standard or custom format string that is supported by the object to be formatted. FormatStringに使用できる値は、オブジェクトのToString(string format)メソッドでサポートされている値と同じです。Possible values for formatString are the same as the values supported by the object's ToString(string format) method. FormatStringが指定されておらず、書式設定されるIFormattableオブジェクトがnullインターフェイスを実装している場合format 、はIFormattable.ToString書式指定文字列として使用されるパラメーターの値として渡されます。If formatString is not specified and the object to be formatted implements the IFormattable interface, null is passed as the value of the format parameter that is used as the IFormattable.ToString format string.

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。The leading and trailing brace characters, "{" and "}", are required. で1つのリテラルの中かっこformat文字を指定するには、先頭または末尾に2つの中かっこ文字 ("{{" または "}}") を指定します。To specify a single literal brace character in format, specify two leading or trailing brace characters; that is, "{{" or "}}".

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。This method does not search the specified string for individual newline characters (hexadecimal 0x000a) and replace them with NewLine.

指定されたオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合、そのオブジェクトは無視されます。If a specified object is not referenced in the format string, it is ignored.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(String, Object) WriteLine(String, Object) WriteLine(String, Object) WriteLine(String, Object)

Format(String, Object) メソッドと同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as the Format(String, Object) method.

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, System::Object ^ arg0);
public virtual void WriteLine (string format, object arg0);
abstract member WriteLine : string * obj -> unit
override this.WriteLine : string * obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, arg0 As Object)

パラメーター

format
String String String String

複合書式設定文字列。A composite format string.

arg0
Object Object Object Object

書式設定および書き込みをするオブジェクト。The object to format and write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。format is not a valid composite format string.

- または --or- 書式指定項目のインデックスが、0 (ゼロ) より小さいか、書式設定されるオブジェクトの数 (このメソッド オーバーロードでは 1) 以上です。The index of a format item is less than 0 (zero), or greater than or equal to the number of objects to be formatted (which, for this method overload, is one).

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。This method uses composite formatting to convert the value of an object to its string representation and to embed that representation in a string. .NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。.NET provides extensive formatting support, which is described in greater detail in the following formatting topics:

パラメーター formatは、このメソッドのパラメーターリスト内のオブジェクトに対応する0個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目) と共に、0個以上のテキストの実行で構成されます。The format parameter consists of zero or more runs of text intermixed with zero or more indexed placeholders, called format items, that correspond to an object in the parameter list of this method. 書式設定のプロセスでは、各書式項目が対応するオブジェクトの値の文字列形式に置き換えられます。The formatting process replaces each format item with the string representation of the value of the corresponding object.

書式指定項目の構文は次のとおりです。The syntax of a format item is as follows:

{index[,length][:formatString]}{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。Elements in square brackets are optional. 次の表は、それぞれの要素の説明です。The following table describes each element. 書式指定項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「複合書式指定」を参照してください。For more information about the composite formatting feature, including the syntax of a format item, see Composite Formatting.

要素Element 説明Description
インデックスindex 書式設定するオブジェクトのパラメーターリスト内の0から始まる位置。The zero-based position in the parameter list of the object to be formatted. Indexで指定されたオブジェクトnullがの場合、書式項目はString.Emptyによって置き換えられます。If the object specified by index is null, the format item is replaced by String.Empty. このオーバーロードのパラメーターリストにはオブジェクトが1つしかないため、 indexの値は常に0にする必要があります。Because this overload has only a single object in its parameter list, the value of index must always be 0. インデックス位置にパラメーターがない場合は、 FormatExceptionがスローされます。If there is no parameter in the index position, a FormatException is thrown.
length,length パラメーターの文字列形式の最小文字数。The minimum number of characters in the string representation of the parameter. 正の場合、パラメーターは右上にあります。負の場合は、左揃えになります。If positive, the parameter is right-aligned; if negative, it is left-aligned.
:formatString:formatString 書式設定するオブジェクトによってサポートされる標準またはカスタムの書式指定文字列。A standard or custom format string that is supported by the object to be formatted. FormatStringに使用できる値は、オブジェクトのToString(string format)メソッドでサポートされている値と同じです。Possible values for formatString are the same as the values supported by the object's ToString(string format) method. FormatStringが指定されておらず、書式設定されるIFormattableオブジェクトがnullインターフェイスを実装している場合format 、はIFormattable.ToString書式指定文字列として使用されるパラメーターの値として渡されます。If formatString is not specified and the object to be formatted implements the IFormattable interface, null is passed as the value of the format parameter that is used as the IFormattable.ToString format string.

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。The leading and trailing brace characters, "{" and "}", are required. で1つのリテラルの中かっこformat文字を指定するには、先頭または末尾に2つの中かっこ文字 ("{{" または "}}") を指定します。To specify a single literal brace character in format, specify two leading or trailing brace characters; that is, "{{" or "}}".

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。This method does not search the specified string for individual newline characters (hexadecimal 0x000a) and replace them with NewLine.

指定されたオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合、そのオブジェクトは無視されます。If a specified object is not referenced in the format string, it is ignored.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(UInt64) WriteLine(UInt64) WriteLine(UInt64) WriteLine(UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

8 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of an 8-byte unsigned integer to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::UInt64 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public virtual void WriteLine (ulong value);
abstract member WriteLine : uint64 -> unit
override this.WriteLine : uint64 -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As ULong)

パラメーター

value
UInt64 UInt64 UInt64 UInt64

書き込む 8 バイト符号なし整数。The 8-byte unsigned integer to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

指定した値のテキスト表現は、 UInt64.ToStringメソッドを呼び出すことによって生成されます。The text representation of the specified value is produced by calling the UInt64.ToString method. プロパティFormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(UInt32) WriteLine(UInt32) WriteLine(UInt32) WriteLine(UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

4 バイト符号なし整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 4-byte unsigned integer to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::UInt32 value);
[System.CLSCompliant(false)]
public virtual void WriteLine (uint value);
abstract member WriteLine : uint32 -> unit
override this.WriteLine : uint32 -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As UInteger)

パラメーター

value
UInt32 UInt32 UInt32 UInt32

書き込む 4 バイト符号なし整数。The 4-byte unsigned integer to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

指定した値のテキスト表現は、 UInt32.ToStringメソッドを呼び出すことによって生成されます。The text representation of the specified value is produced by calling the UInt32.ToString method. プロパティFormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(String, Object, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object, Object) WriteLine(String, Object, Object, Object)

Format(String, Object) と同じセマンティクスを使用して、書式設定された文字列と新しい行をテキスト ストリームに書き込みます。Writes out a formatted string and a new line to the text stream, using the same semantics as Format(String, Object).

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ format, System::Object ^ arg0, System::Object ^ arg1, System::Object ^ arg2);
public virtual void WriteLine (string format, object arg0, object arg1, object arg2);
abstract member WriteLine : string * obj * obj * obj -> unit
override this.WriteLine : string * obj * obj * obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (format As String, arg0 As Object, arg1 As Object, arg2 As Object)

パラメーター

format
String String String String

複合書式設定文字列。A composite format string.

arg0
Object Object Object Object

書式設定および書き込みをする最初のオブジェクト。The first object to format and write.

arg1
Object Object Object Object

書式設定および書き込みをする 2 番目のオブジェクト。The second object to format and write.

arg2
Object Object Object Object

書式設定および書き込みをする 3 番目のオブジェクト。The third object to format and write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

format は有効な復号書式指定文字列ではありません。format is not a valid composite format string.

- または --or- 書式指定項目のインデックスが、0 (ゼロ) より小さいか、書式設定されるオブジェクトの数 (このメソッド オーバーロードでは 3) 以上です。The index of a format item is less than 0 (zero), or greater than or equal to the number of objects to be formatted (which, for this method overload, is three).

注釈

このメソッドは、複合書式指定を使用して、オブジェクトの値を文字列形式に変換し、その表現を文字列に埋め込みます。This method uses composite formatting to convert the value of an object to its string representation and to embed that representation in a string. .NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。.NET provides extensive formatting support, which is described in greater detail in the following formatting topics:

パラメーター formatは、このメソッドのパラメーターリスト内のオブジェクトに対応する0個以上のインデックス付きプレースホルダー (書式項目) と共に、0個以上のテキストの実行で構成されます。The format parameter consists of zero or more runs of text intermixed with zero or more indexed placeholders, called format items, that correspond to an object in the parameter list of this method. 書式設定のプロセスでは、各書式項目が対応するオブジェクトの値の文字列形式に置き換えられます。The formatting process replaces each format item with the string representation of the value of the corresponding object.

書式指定項目の構文は次のとおりです。The syntax of a format item is as follows:

{index[,length][:formatString]}{index[,length][:formatString]}

角かっこ内の要素は省略可能です。Elements in square brackets are optional. 次の表は、それぞれの要素の説明です。The following table describes each element. 書式指定項目の構文など、複合書式指定機能の詳細については、「複合書式指定」を参照してください。For more information about the composite formatting feature, including the syntax of a format item, see Composite Formatting.

要素Element 説明Description
インデックスindex 書式設定するオブジェクトのパラメーターリスト内の0から始まる位置。The zero-based position in the parameter list of the object to be formatted. Indexで指定されたオブジェクトnullがの場合、書式項目はString.Emptyによって置き換えられます。If the object specified by index is null, the format item is replaced by String.Empty. このオーバーロードでは、パラメーターリストに3つのオブジェクトがあるため、 indexの値は常に0、1、または2である必要があります。Because this overload has three objects in its parameter list, the value of index must always be 0, 1, or 2. インデックス位置にパラメーターがない場合は、 FormatExceptionがスローされます。If there is no parameter in the index position, a FormatException is thrown.
length,length パラメーターの文字列形式の最小文字数。The minimum number of characters in the string representation of the parameter. 正の場合、パラメーターは右上にあります。負の場合は、左揃えになります。If positive, the parameter is right-aligned; if negative, it is left-aligned.
:formatString:formatString 書式設定するオブジェクトによってサポートされる標準またはカスタムの書式指定文字列。A standard or custom format string that is supported by the object to be formatted. FormatStringに使用できる値は、オブジェクトのToString(string format)メソッドでサポートされている値と同じです。Possible values for formatString are the same as the values supported by the object's ToString(string format) method. FormatStringが指定されておらず、書式設定されるIFormattableオブジェクトがnullインターフェイスを実装している場合format 、はIFormattable.ToString書式指定文字列として使用されるパラメーターの値として渡されます。If formatString is not specified and the object to be formatted implements the IFormattable interface, null is passed as the value of the format parameter that is used as the IFormattable.ToString format string.

先頭と末尾の中かっこ文字 "{" と "}" が必要です。The leading and trailing brace characters, "{" and "}", are required. で1つのリテラルの中かっこformat文字を指定するには、先頭または末尾に2つの中かっこ文字 ("{{" または "}}") を指定します。To specify a single literal brace character in format, specify two leading or trailing brace characters; that is, "{{" or "}}".

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。This method does not search the specified string for individual newline characters (hexadecimal 0x000a) and replace them with NewLine.

指定されたオブジェクトが書式指定文字列で参照されていない場合、そのオブジェクトは無視されます。If a specified object is not referenced in the format string, it is ignored.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(StringBuilder) WriteLine(StringBuilder) WriteLine(StringBuilder) WriteLine(StringBuilder)

文字列ビルダーのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a string builder to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::Text::StringBuilder ^ value);
public virtual void WriteLine (System.Text.StringBuilder value);
abstract member WriteLine : System.Text.StringBuilder -> unit
override this.WriteLine : System.Text.StringBuilder -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As StringBuilder)

パラメーター

value
StringBuilder StringBuilder StringBuilder StringBuilder

テキスト ストリームに書き込む文字列ビルダーとしての文字列。The string, as a string builder, to write to the text stream.

注釈

指定した値のテキスト表現は、 StringBuilder.ToStringメソッドを呼び出すことによって生成されます。The text representation of the specified value is produced by calling the StringBuilder.ToString method.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

WriteLine(String) WriteLine(String) WriteLine(String) WriteLine(String)

文字列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a string to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::String ^ value);
public virtual void WriteLine (string value);
abstract member WriteLine : string -> unit
override this.WriteLine : string -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As String)

パラメーター

value
String String String String

書き込む文字列。The string to write. valuenull の場合は、行終端記号だけを書き込みます。If value is null, only the line terminator is written.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

このオーバーロードは、 Write(Char[])オーバーロードに相当します。This overload is equivalent to the Write(Char[]) overload.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

このメソッドは、指定した文字列で個別の改行文字 (16 進数で 0x000a) を検索しないため、改行文字は NewLine に置き換えられません。This method does not search the specified string for individual newline characters (hexadecimal 0x000a) and replace them with NewLine.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(Single) WriteLine(Single) WriteLine(Single) WriteLine(Single)

4 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 4-byte floating-point value to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(float value);
public virtual void WriteLine (float value);
abstract member WriteLine : single -> unit
override this.WriteLine : single -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Single)

パラメーター

value
Single Single Single Single

書き込む 4 バイト浮動小数点値。The 4-byte floating-point value to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

プロパティFormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting. 共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

こちらもご覧ください

WriteLine(Double) WriteLine(Double) WriteLine(Double) WriteLine(Double)

8 バイト浮動小数点値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 8-byte floating-point value to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(double value);
public virtual void WriteLine (double value);
abstract member WriteLine : double -> unit
override this.WriteLine : double -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Double)

パラメーター

value
Double Double Double Double

書き込む 8 バイト浮動小数点値。The 8-byte floating-point value to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

プロパティFormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting. 共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

こちらもご覧ください

WriteLine(Object) WriteLine(Object) WriteLine(Object) WriteLine(Object)

オブジェクトで ToString メソッドを呼び出して、そのオブジェクトのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of an object to the text stream, by calling the ToString method on that object, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::Object ^ value);
public virtual void WriteLine (object value);
abstract member WriteLine : obj -> unit
override this.WriteLine : obj -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Object)

パラメーター

value
Object Object Object Object

書き込むオブジェクト。The object to write. valuenull の場合は、行終端記号だけを書き込みます。If value is null, only the line terminator is written.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

このオーバーロードは、 Write(String, Object)オーバーロードに相当します。This overload is equivalent to the Write(String, Object) overload. プロパティFormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(Int64) WriteLine(Int64) WriteLine(Int64) WriteLine(Int64)

8 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of an 8-byte signed integer to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(long value);
public virtual void WriteLine (long value);
abstract member WriteLine : int64 -> unit
override this.WriteLine : int64 -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Long)

パラメーター

value
Int64 Int64 Int64 Int64

書き込む 8 バイト符号付き整数。The 8-byte signed integer to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

指定した値のテキスト表現は、 Int64.ToStringメソッドを呼び出すことによって生成されます。The text representation of the specified value is produced by calling the Int64.ToString method. プロパティTextWriter.FormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The TextWriter.FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(Int32) WriteLine(Int32) WriteLine(Int32) WriteLine(Int32)

4 バイト符号付き整数のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a 4-byte signed integer to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(int value);
public virtual void WriteLine (int value);
abstract member WriteLine : int -> unit
override this.WriteLine : int -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Integer)

パラメーター

value
Int32 Int32 Int32 Int32

書き込む 4 バイト符号付き整数。The 4-byte signed integer to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

指定した値のテキスト表現は、 Int32.ToStringメソッドを呼び出すことによって生成されます。The text representation of the specified value is produced by calling the Int32.ToString method. プロパティTextWriter.FormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The TextWriter.FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(Decimal) WriteLine(Decimal) WriteLine(Decimal) WriteLine(Decimal)

10 進値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a decimal value to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(System::Decimal value);
public virtual void WriteLine (decimal value);
abstract member WriteLine : decimal -> unit
override this.WriteLine : decimal -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Decimal)

パラメーター

value
Decimal Decimal Decimal Decimal

書き込む 10 進値。The decimal value to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

プロパティFormatProviderは、カルチャ固有nullの書式を指定します (存在しない場合)。The FormatProvider property, if not null, specifies the culture-specific formatting. 共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

こちらもご覧ください

WriteLine(Char[]) WriteLine(Char[]) WriteLine(Char[]) WriteLine(Char[])

文字配列を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes an array of characters to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(cli::array <char> ^ buffer);
public virtual void WriteLine (char[] buffer);
abstract member WriteLine : char[] -> unit
override this.WriteLine : char[] -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (buffer As Char())

パラメーター

buffer
Char[]

データの読み取り元の文字配列。The character array from which data is read.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

bufferのすべての文字が、基になるストリームに書き込まれます。All the characters in buffer are written to the underlying stream. 文字配列が null の場合は、行終端記号だけが書き込まれます。If the character array is null, only the line terminator is written.

このオーバーロードは、 Write(Char[]) WriteLine()の後に続くに相当します。This overload is equivalent to Write(Char[]) followed by WriteLine() .

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(Char) WriteLine(Char) WriteLine(Char) WriteLine(Char)

文字を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a character to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(char value);
public virtual void WriteLine (char value);
abstract member WriteLine : char -> unit
override this.WriteLine : char -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Char)

パラメーター

value
Char Char Char Char

テキスト ストリームに書き込む文字。The character to write to the text stream.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

このオーバーロードは、 Write(Char) WriteLine()の後に続くに相当します。This overload is equivalent to Write(Char) followed by WriteLine() .

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(Boolean) WriteLine(Boolean) WriteLine(Boolean) WriteLine(Boolean)

Boolean 値のテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a Boolean value to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(bool value);
public virtual void WriteLine (bool value);
abstract member WriteLine : bool -> unit
override this.WriteLine : bool -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (value As Boolean)

パラメーター

value
Boolean Boolean Boolean Boolean

書き込む Boolean 値。The Boolean value to write.

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

指定した値のテキスト表現は、 Boolean.ToStringメソッドを呼び出すことによって生成されます。The text representation of the specified value is produced by calling the Boolean.ToString method.

このメソッドBoolean.TrueStringは、またBoolean.FalseStringはを出力します。This method outputs either Boolean.TrueString or Boolean.FalseString.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine() WriteLine() WriteLine() WriteLine()

行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes a line terminator to the text stream.

public:
 virtual void WriteLine();
public virtual void WriteLine ();
abstract member WriteLine : unit -> unit
override this.WriteLine : unit -> unit
Public Overridable Sub WriteLine ()

例外

I/O エラーが発生します。An I/O error occurs.

注釈

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

こちらもご覧ください

WriteLine(ReadOnlySpan<Char>) WriteLine(ReadOnlySpan<Char>) WriteLine(ReadOnlySpan<Char>) WriteLine(ReadOnlySpan<Char>)

文字スパンのテキスト表現を、続いて行終端記号をテキスト ストリームに書き込みます。Writes the text representation of a character span to the text stream, followed by a line terminator.

public:
 virtual void WriteLine(ReadOnlySpan<char> buffer);
public virtual void WriteLine (ReadOnlySpan<char> buffer);
abstract member WriteLine : ReadOnlySpan<char> -> unit
override this.WriteLine : ReadOnlySpan<char> -> unit
Public Overridable Sub WriteLine (buffer As ReadOnlySpan(Of Char))

パラメーター

buffer
ReadOnlySpan<Char>

テキスト ストリームに書き込む文字スパン値。The char span value to write to the text stream.

注釈

指定された値のテキスト表現は、 ReadOnlySpanを呼び出すことによって生成されます。ToStringメソッド。The text representation of the specified value is produced by calling the ReadOnlySpan.ToString method.

行終端記号は、CoreNewLine フィールドで定義されます。The line terminator is defined by the CoreNewLine field.

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。For a list of common I/O tasks, see Common I/O Tasks.

適用対象