Lazy<T>.Value Lazy<T>.Value Lazy<T>.Value Lazy<T>.Value Property

定義

現在の Lazy<T> インスタンスの遅延初期化された値を取得します。Gets the lazily initialized value of the current Lazy<T> instance.

public:
 property T Value { T get(); };
public T Value { get; }
member this.Value : 'T
Public ReadOnly Property Value As T

プロパティ値

T T T T

現在の Lazy<T> インスタンスの遅延初期化された値。The lazily initialized value of the current Lazy<T> instance.

例外

Lazy<T> インスタンスは、遅延初期化されている型の既定のコンストラクターを使用して初期化されており、コンストラクターに対するアクセス許可がありません。The Lazy<T> instance is initialized to use the default constructor of the type that is being lazily initialized, and permissions to access the constructor are missing.

Lazy<T> インスタンスは、遅延初期化されている型の既定のコンストラクターを使用して初期化されており、この型にはパラメーターがない public コンストラクターがありません。The Lazy<T> instance is initialized to use the default constructor of the type that is being lazily initialized, and that type does not have a public, parameterless constructor.

初期化関数が、このインスタンスで Value へのアクセスを試行します。The initialization function tries to access Value on this instance.

注釈

場合、Lazy<T>.IsValueCreatedプロパティはfalseへのアクセス、Valueプロパティ強制的に初期化します。If the Lazy<T>.IsValueCreated property is false, accessing the Value property forces initialization.

記載されている例外だけでなく、Valueプロパティが、ファクトリ メソッドに渡されたによってスローされる未処理の例外をスロー、valueFactoryのパラメーター、 Lazy<T>(Func<T>)Lazy<T>(Func<T>, LazyThreadSafetyMode)、またはLazy<T>(Func<T>, Boolean)コンス トラクターです。In addition to the exceptions that are listed, the Value property can throw any unhandled exception that is thrown by the factory method that was passed to the valueFactory parameter of the Lazy<T>(Func<T>), Lazy<T>(Func<T>, LazyThreadSafetyMode), or Lazy<T>(Func<T>, Boolean) constructor.

適用対象

こちらもご覧ください