ManagementTaskAttribute クラス

定義

ManagementTask 属性は、ターゲット メソッドが WMI メソッドを実装することを示します。

注: WMI .NET ライブラリは最終的な状態と見なされます。これらのライブラリに影響を与えるセキュリティ以外に関連する問題については、さらなる開発、機能拡張、または更新は利用できません。 MI API は新しい開発すべてに使用する必要があります。

public ref class ManagementTaskAttribute sealed : System::Management::Instrumentation::ManagementMemberAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false)]
public sealed class ManagementTaskAttribute : System.Management.Instrumentation.ManagementMemberAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Method, AllowMultiple=false)>]
type ManagementTaskAttribute = class
    inherit ManagementMemberAttribute
Public NotInheritable Class ManagementTaskAttribute
Inherits ManagementMemberAttribute
継承
ManagementTaskAttribute
属性

次の例は、メソッドを ManagementTask 属性でマークして、メソッドを WMI に公開する方法を示しています。 このメソッドは、WMI で ResetCounters として表示されます。

// Use the ManagementTask attribute to specify that a method  
// is exposed to WMI through this provider. Consumers will be  
// able to execute this method through WMI.  
[ManagementTask]  
public void ResetCounters()  
{  
    counter.Reset();  
}  

注釈

既定では、WMI メソッド名はターゲットメソッドの名前になります。 この属性の親クラスである ManagementMemberAttribute には、Name パラメーターが含まれています。 このパラメーターを使用すると、内部メソッド名を変更せずに、WMI を介して公開されるメソッドの名前を変更できます。

メソッドはパブリックである必要があり、静的である可能性があります。 [In]、[out]、[in/out]、配列、またはオブジェクト参照パラメーターの任意の組み合わせを含めることができます。 WMI による制限のため、配列パラメーターを多次元またはジャグにすることはできません。

メソッドの戻り値の型は、void、スカラー、string、datetime、または object です。 配列を指定することはできません。

コンストラクター

ManagementTaskAttribute()

ManagementTaskAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。 これはパラメーターなしのコンストラクターです。

プロパティ

Name

管理属性の名前を取得または設定します。

(継承元 ManagementMemberAttribute)
Schema

ManagementTask 属性でマークされたメソッドが出力する出力の型を定義する値を取得または設定します。

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください