MarshalByRefObject.CreateObjRef(Type) メソッド

定義

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

public:
 virtual System::Runtime::Remoting::ObjRef ^ CreateObjRef(Type ^ requestedType);
[System.Security.SecurityCritical]
public virtual System.Runtime.Remoting.ObjRef CreateObjRef (Type requestedType);
abstract member CreateObjRef : Type -> System.Runtime.Remoting.ObjRef
override this.CreateObjRef : Type -> System.Runtime.Remoting.ObjRef
Public Overridable Function CreateObjRef (requestedType As Type) As ObjRef

パラメーター

requestedType
Type

新しい Type が参照するオブジェクトの ObjRefThe Type of the object that the new ObjRef will reference.

戻り値

プロキシを生成するのに必要な情報。Information required to generate a proxy.

属性

例外

このインスタンスが有効なリモート処理オブジェクトではありません。This instance is not a valid remoting object.

直前の呼び出し元に、インフラストラクチャ アクセス許可がありません。The immediate caller does not have infrastructure permission.

注釈

メソッドは、やAppDomain.CreateInstance AppDomain.CreateInstanceAndUnwrapなどのリモートオブジェクトの作成メソッドによって呼び出されます。 CreateObjRefThe CreateObjRef method is called by remote object creation methods such as AppDomain.CreateInstance and AppDomain.CreateInstanceAndUnwrap. ほとんどの場合、このメソッドをオーバーライドする必要はありません。In most cases, there is no need to override this method.

セキュリティ

SecurityCriticalAttribute
直前の呼び出し元に完全信頼が必要です。requires full trust for the immediate caller. このメンバーは、部分的に信頼されているコードまたは透過的なコードでは使用できません。This member cannot be used by partially trusted or transparent code.

適用対象