ActiveXMessageFormatter クラス

定義

MSMQ ActiveX コンポーネントと互換性のある形式を使用して、メッセージ キュー メッセージの本文との間でプリミティブ データ型と他のオブジェクトのシリアル化または逆シリアル化を行います。Serializes or deserializes primitive data types and other objects to or from the body of a Message Queuing message, using a format that is compatible with the MSMQ ActiveX Component.

public ref class ActiveXMessageFormatter : ICloneable, System::Messaging::IMessageFormatter
public class ActiveXMessageFormatter : ICloneable, System.Messaging.IMessageFormatter
type ActiveXMessageFormatter = class
    interface IMessageFormatter
    interface ICloneable
Public Class ActiveXMessageFormatter
Implements ICloneable, IMessageFormatter
継承
ActiveXMessageFormatter
実装

注釈

ActiveXMessageFormatter 、メッセージキュー com コンポーネントを使用して送信されるメッセージと互換性があるため、MSMQ com コントロールを使用するアプリケーションとの相互運用が可能になります。The ActiveXMessageFormatter is compatible with messages sent using Message Queuing COM components, allowing interoperability with applications that use the MSMQ COM control.

ActiveXMessageFormatter 、ほとんどのプリミティブ、およびIPersistStream OLE インターフェイスを実装するオブジェクトをシリアル化できます。The ActiveXMessageFormatter can serialize most primitives, as well as objects that implement the IPersistStream OLE interface. 同じプリミティブのセットを逆シリアル化することはできますが、を実装IPersistStreamする COM オブジェクト (Visual Basic 6.0 を使用して作成されたオブジェクトなど) を逆シリアル化する場合は、さらに労力が必要です。It can deserialize the same set of primitives, but requires further effort when deserializing a COM object (for example, an object created using Visual Basic 6.0) that implements IPersistStream. 逆シリアル化するオブジェクトは、最初にオブジェクトを .NET Framework アプリケーションにインポートすることによって、メモリ内に存在する必要があります。The object to deserialize must be in memory by first importing the object into a .NET Framework application.

アプリケーションがMessageQueueクラスのインスタンスを使用してメッセージをキューに送信すると、フォーマッタはオブジェクトをストリームにシリアル化し、メッセージ本文に挿入します。When an application sends a message to the queue using an instance of the MessageQueue class, the formatter serializes the object into a stream and inserts it into the message body. を使用してMessageQueueキューから読み取る場合、フォーマッタはメッセージデータをのBody Messageプロパティに逆シリアル化します。When reading from a queue using a MessageQueue, the formatter deserializes the message data into the Body property of a Message.

ActiveX のシリアル化は非常にコンパクトでありActiveXMessageFormatter 、および MSMQ COM コントロールを使用すると、非常に高速なシリアル化の方法が実現します。ActiveX serialization is very compact, which makes using the ActiveXMessageFormatter and MSMQ COM control a very fast method of serialization.

コンストラクター

ActiveXMessageFormatter()

ActiveXMessageFormatter クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ActiveXMessageFormatter class.

メソッド

CanRead(Message)

フォーマッタがメッセージのコンテンツを逆シリアル化できるかどうかを判断します。Determines whether the formatter can deserialize the contents of the message.

Clone()

現在の ActiveXMessageFormatter と同一の ActiveXMessageFormatter クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the ActiveXMessageFormatter class that is identical to the current ActiveXMessageFormatter.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitStreamedObject(Object)

IPersistStream を実装し、IPersistStreamInit の呼び出しを要求する COM オブジェクトのシリアル化を支援するユーティリティを提供します。Provides a utility to help serialize COM objects that implement IPersistStream and require IPersistStreamInit to be called.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
Read(Message)

指定されたメッセージからコンテンツを読み取り、逆シリアル化されたメッセージを含むオブジェクトを作成します。Reads the contents from the given message and creates an object that contains the deserialized message.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
Write(Message, Object)

メッセージ本文にオブジェクトをシリアル化します。Serializes an object into the body of the message.

適用対象