Cursor Cursor Cursor Cursor Class

定義

Cursor は、キューのメッセージを読み取るときに、MessageQueue 内の特定の場所を維持するために使用されます。A Cursor is used to maintain a specific location in a MessageQueue when reading the queue's messages.

public ref class Cursor sealed : IDisposable
public sealed class Cursor : IDisposable
type Cursor = class
    interface IDisposable
Public NotInheritable Class Cursor
Implements IDisposable
継承
CursorCursorCursorCursor
実装

注釈

MessageQueueカーソルを取得するには、そのCreateCursorキューに対してメソッドを呼び出します。To get a cursor for a MessageQueue, call the CreateCursor method for that queue.

は、キューの先頭にないPeek(TimeSpan, Cursor, PeekAction)メッセージReceive(TimeSpan, Cursor)を読み取る必要があるときに、やなどのメソッドと共に使用されます。 CursorA Cursor is used with such methods as Peek(TimeSpan, Cursor, PeekAction) and Receive(TimeSpan, Cursor) when you need to read messages that are not at the front of the queue. これには、同期または非同期でのメッセージの読み取りが含まれます。This includes reading messages synchronously or asynchronously. カーソルは、キュー内の最初のメッセージだけを読み取るために使用する必要はありません。Cursors do not need to be used to read only the first message in a queue.

トランザクション内でメッセージを読み取るとき、トランザクションが中止された場合、メッセージキューはカーソルの移動をロールバックしません。When reading messages within a transaction, Message Queuing does not roll back cursor movement if the transaction is aborted. たとえば、A1 と A2 という2つのメッセージを含むキューがあるとします。For example, suppose there is a queue with two messages, A1 and A2. トランザクション中にメッセージ A1 を削除すると、メッセージキューはカーソルをメッセージ A2 に移動します。If you remove message A1 while in a transaction, Message Queuing moves the cursor to message A2. ただし、何らかの理由でトランザクションが中止された場合は、メッセージ A1 がキューに戻されますが、カーソルはメッセージ A2 をポイントしたままになります。However, if the transaction is aborted for any reason, message A1 is inserted back into the queue but the cursor remains pointing at message A2.

カーソルを閉じるには、 Closeを呼び出します。To close the cursor, call Close.

メソッド

Close() Close() Close() Close()

カーソルを閉じ、メッセージ キューが関連付けられたリソースを解放できるようにします。Closes the cursor, allowing Message Queuing to release the associated resources.

Dispose() Dispose() Dispose() Dispose()

Cursor によって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Cursor.

Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object) Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(Inherited from Object)
Finalize() Finalize() Finalize() Finalize()
GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode() GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(Inherited from Object)
GetType() GetType() GetType() GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(Inherited from Object)
MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone() MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(Inherited from Object)
ToString() ToString() ToString() ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(Inherited from Object)

適用対象

こちらもご覧ください