HashAlgorithm 列挙型

定義

メッセージを認証するときにメッセージ キューで使用するハッシュ アルゴリズムを指定します。Specifies the hash algorithm used by Message Queuing when authenticating messages.

public enum class HashAlgorithm
[System.Serializable]
public enum HashAlgorithm
type HashAlgorithm = 
Public Enum HashAlgorithm
継承
HashAlgorithm
属性

フィールド

Mac 32773

MAC キー付きハッシュ アルゴリズム。MAC keyed-hash algorithm.

Md2 32769

MD2 ハッシュ アルゴリズム。MD2 hashing algorithm.

Md4 32770

MD4 ハッシュ アルゴリズム。MD4 hashing algorithm.

Md5 32771

MD5 ハッシュ アルゴリズム。MD5 hashing algorithm.

None 0

ハッシュ アルゴリズムなし。No hashing algorithm.

Sha 32772

SHA ハッシュ アルゴリズム。SHA hashing algorithm.

Sha256 32780

SHA-256 ハッシュ アルゴリズム。SHA-256 hashing algorithm.

Sha384 32781

SHA-384 ハッシュ アルゴリズム。SHA-384 hashing algorithm.

Sha512 32782

SHA-512 ハッシュ アルゴリズム。SHA-512 hashing algorithm.

注釈

メッセージ認証では、2つのサービスが提供されます。Message authentication provides two services. メッセージの整合性を確保し、メッセージを送信したユーザーを確認する方法を提供します。It provides a way to ensure message integrity and a way to verify who sent the message. 認証を要求するには、送信側アプリケーションで、メッセージの認証レベルを [認証済み] に設定し、セキュリティ証明書をメッセージに添付する必要があります。To request authentication, the sending application must set the authentication level of the message to be authenticated and attach a security certificate to the message.

メッセージを認証するために、ソースコンピューター上のメッセージキューランタイム DLL は、メッセージのデジタル署名を作成する際にハッシュアルゴリズムを使用します。To authenticate messages, the Message Queuing run-time DLL on the source computer uses a hashing algorithm when creating a digital signature for a message. その後、ターゲットキューマネージャーは、受信時にメッセージを認証するために同じハッシュアルゴリズムを使用します。The target Queue Manager then uses the same hashing algorithm to authenticate the message when it is received.

認証プロセスの詳細については、MSDN ライブラリの「メッセージキュー認証に関するトピック」を参照してください。For more information about the authentication process, see the Message Queuing authentication topics in the MSDN Library.

適用対象