Message.BodyType プロパティ

定義

メッセージ本文に含まれるデータ型を取得または設定します。Gets or sets the type of data that the message body contains.

public:
 property int BodyType { int get(); void set(int value); };
[System.Messaging.MessagingDescription("MsgBodyType")]
public int BodyType { get; set; }
[<System.Messaging.MessagingDescription("MsgBodyType")>]
member this.BodyType : int with get, set
Public Property BodyType As Integer

プロパティ値

Int32

文字列、日付、通貨、数値など、メッセージ本文の実際の型。The message body's true type, such as a string, a date, a currency, or a number.

属性

例外

メッセージ キューがフィルター処理され、Body プロパティを無視します。The message queue is filtered to ignore the Body property.

次のコード例では、メッセージのプロパティの値を表示し BodyType ます。The following code example displays the value of a message's BodyType property.

注釈

メッセージキューは、本文の内容をオブジェクトまたはシリアル化されたストリームとして認識します。Message Queuing recognizes the body contents as an object or as a serialized stream. プロパティは、 BodyType メッセージのプロパティ内のオブジェクトの型を示し Body ます。The BodyType property indicates the type of the object within the Body property of the message.

は、 XmlMessageFormatter ネイティブ型とメッセージ本文内のオブジェクトとの間のバインドを実行します。The XmlMessageFormatter performs binding between native types and the object in a message body. を使用すると XmlMessageFormatter 、フォーマッタによってプロパティが設定され BodyType ます。If you use the XmlMessageFormatter, the formatter sets the BodyType property for you.

他のフォーマッタは、次の C# コードに示すように、バインド機能を提供することもできます。Other formatters can provide binding functionality also, as shown in the following C# code.

message.Formatter = new ActiveXMessageFormatter();  
object myObject message.Body;  
if (myObject is string) {  
}  
if (myObject is int) {  
}  
if (myObject is float) {  
}  

適用対象

こちらもご覧ください