Message.HashAlgorithm プロパティ

定義

ハッシュ アルゴリズムを取得または設定します。メッセージ キューは、メッセージを認証するとき、またはメッセージのデジタル署名を作成するときに、ハッシュ アルゴリズムを使用します。Gets or sets the hashing algorithm that Message Queuing uses when authenticating a message or creating a digital signature for a message.

public:
 property System::Messaging::HashAlgorithm HashAlgorithm { System::Messaging::HashAlgorithm get(); void set(System::Messaging::HashAlgorithm value); };
[System.Messaging.MessagingDescription("MsgHashAlgorithm")]
public System.Messaging.HashAlgorithm HashAlgorithm { get; set; }
member this.HashAlgorithm : System.Messaging.HashAlgorithm with get, set
Public Property HashAlgorithm As HashAlgorithm

プロパティ値

HashAlgorithm 列挙値のいずれか。One of the HashAlgorithm enumeration values. Windows XP の場合、既定値は SHA です。For Windows XP, the default is SHA. それ以外の場合、既定値は MD5 になります。Otherwise, the default is MD5.

属性

例外

メッセージ キューがフィルター処理され、HashAlgorithm プロパティを無視します。The message queue is filtered to ignore the HashAlgorithm property.

注釈

ソースコンピューターでは、メッセージキューは、メッセージのデジタル署名を作成するときにハッシュアルゴリズムを使用します。On the source computer, Message Queuing uses the hashing algorithm when creating a digital signature for a message. その後、ターゲットキューマネージャーは、受信時にメッセージを認証するために同じハッシュアルゴリズムを使用します。The target Queue Manager then uses the same hashing algorithm to authenticate the message when it is received.

MD5 と SHA1 の衝突の問題により、Microsoft は SHA256 を推奨しています。Due to collision problems with MD5 and SHA1, Microsoft recommends SHA256.

適用対象

こちらもご覧ください