Message.UseEncryption プロパティ

定義

メッセージをプライベートにするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to make the message private.

public:
 property bool UseEncryption { bool get(); void set(bool value); };
[System.Messaging.MessagingDescription("MsgUseEncryption")]
public bool UseEncryption { get; set; }
[<System.Messaging.MessagingDescription("MsgUseEncryption")>]
member this.UseEncryption : bool with get, set
Public Property UseEncryption As Boolean

プロパティ値

Boolean

メッセージ キューにメッセージを暗号化するように要求する場合は true。それ以外の場合は falsetrue to require Message Queuing to encrypt the message; otherwise, false. 既定では、 falseです。The default is false.

属性

例外

メッセージ キューがフィルター処理され、UseEncryption プロパティを無視します。The message queue is filtered to ignore the UseEncryption property.

次のコード例では、メッセージのプロパティの値を取得して設定し UseEncryption ます。The following code example gets and sets the value of a message's UseEncryption property.

注釈

メッセージがプライベートである場合、受信時にメッセージが送信され、暗号化が解除される前に、その本文が暗号化されます。If a message is private, its body is encrypted before it is sent and decrypted when it is received. プライベートメッセージを送信するには、送信アプリケーションで暗号化を使用するように指定し、必要に応じて暗号化アルゴリズムを指定する必要があります。To send a private message, the sending application must specify that encryption be used and, optionally, the encryption algorithm.

プライベートメッセージを送信する場合、アプリケーションでメッセージの暗号化を実行する必要はありません。When sending private messages, your application does not need to perform the message encryption. アプリケーションが Microsoft Windows 2000 enterprise 内でディレクトリサービスにアクセスできるメッセージを送信する場合、メッセージキューはメッセージ本文を暗号化できます。Message Queuing can encrypt the message body for you if your application is sending messages within a Microsoft Windows 2000 enterprise, which has access to the directory service. 受信キューマネージャーは、プライベートメッセージを受信するときに、常にメッセージ本文の暗号化を解除します。When receiving private messages, the receiving Queue Manager always decrypts the message body.

適用対象

こちらもご覧ください