ByteArrayContent.SerializeToStreamAsync(Stream, TransportContext) ByteArrayContent.SerializeToStreamAsync(Stream, TransportContext) ByteArrayContent.SerializeToStreamAsync(Stream, TransportContext) Method

定義

コンス トラクターで指定したバイト配列を、非同期操作として HTTP コンテンツ ストリームにシリアル化し書き込みます。Serialize and write the byte array provided in the constructor to an HTTP content stream as an asynchronous operation.

protected public:
 override System::Threading::Tasks::Task ^ SerializeToStreamAsync(System::IO::Stream ^ stream, System::Net::TransportContext ^ context);
protected internal override System.Threading.Tasks.Task SerializeToStreamAsync (System.IO.Stream stream, System.Net.TransportContext context);
override this.SerializeToStreamAsync : System.IO.Stream * System.Net.TransportContext -> System.Threading.Tasks.Task

パラメーター

stream
Stream Stream Stream

対象のストリーム。The target stream.

context
TransportContext TransportContext TransportContext

トランスポートに関する情報 (チャネル バインディング トークンなど)。Information about the transport, like channel binding token. このパラメーターは null の場合もあります。This parameter may be null.

戻り値

非同期操作を表すタスク オブジェクト。The task object representing the asynchronous operation.

注釈

この操作はブロックされません。This operation does not block. ときに、返されたTaskオブジェクトが完了したら、全体のバイト配列に書き込まれた、streamパラメーター。When the returned Task object completes, the whole byte array has been written to the stream parameter.

適用対象