ContentDispositionHeaderValue クラス

定義

Content-Disposition ヘッダーの値を表します。Represents the value of the Content-Disposition header.

public ref class ContentDispositionHeaderValue : ICloneable
public class ContentDispositionHeaderValue : ICloneable
type ContentDispositionHeaderValue = class
    interface ICloneable
Public Class ContentDispositionHeaderValue
Implements ICloneable
継承
ContentDispositionHeaderValue
実装

注釈

コンテンツの廃棄ヘッダーは、通常、ファイルのアップロードとダウンロードを操作するために使用されます。The Content-Disposition header is normally used for working with file uploads and downloads. 形式は、他のヘッダーとは異なります。これは、1つのヘッダーであり、その後にパラメーターの一覧が続き、その一部が適切に定義されています。The format differs from other headers in that it is a single header with a disposition type followed by a list of parameters, some of which are well defined.

このヘッダーは、次の2つの異なるコンテキストで使用されます。This header is used in two different contexts:

  1. MultipartFormDataContentクラスの入れ子になった本文コンテンツの MIME ヘッダー。A MIME header for nested body content in the MultipartFormDataContent class. 詳細については、「IETF RFC 2183」を参照してください。For more information, see IETF RFC 2183.

  2. クラスのHttpContentHeaders HTTP ヘッダー。An HTTP header in HttpContentHeaders class. 詳細については、「IETF RFC 6266」を参照してください。For more information, see IETF RFC 6266.

コンストラクター

ContentDispositionHeaderValue(ContentDispositionHeaderValue)

ContentDispositionHeaderValue クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ContentDispositionHeaderValue class.

ContentDispositionHeaderValue(String)

ContentDispositionHeaderValue クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the ContentDispositionHeaderValue class.

プロパティ

CreationDate

ファイルが作成された日付。The date at which the file was created.

DispositionType

コンテンツのボディ部の配置タイプです。The disposition type for a content body part.

FileName

メッセージ ペイロード (エンティティがデタッチされ別のファイルに格納されている場合に使用する) を格納するためのファイル名を作成する方法に関する提案。A suggestion for how to construct a filename for storing the message payload to be used if the entity is detached and stored in a separate file.

FileNameStar

メッセージ ペイロード (エンティティがデタッチされ別のファイルに格納されている場合に使用する) を格納するためのファイル名を作成する方法に関する提案。A suggestion for how to construct filenames for storing message payloads to be used if the entities are detached and stored in a separate files.

ModificationDate

ファイルの最終更新日。The date at which the file was last modified.

Name

コンテンツのボディ部の名前です。The name for a content body part.

Parameters

パラメーターのセットには、Content-Disposition ヘッダーが含まれています。A set of parameters included the Content-Disposition header.

ReadDate

ファイルが最後に読み取られた日付。The date the file was last read.

Size

ファイルのおおよそのサイズ (バイト単位)。The approximate size, in bytes, of the file.

メソッド

Equals(Object)

指定した Object が、現在の ContentDispositionHeaderValue オブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified Object is equal to the current ContentDispositionHeaderValue object.

GetHashCode()

ContentDispositionHeaderValue オブジェクトのハッシュ関数として機能します。Serves as a hash function for an ContentDispositionHeaderValue object.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
Parse(String)

文字列を ContentDispositionHeaderValue インスタンスに変換します。Converts a string to an ContentDispositionHeaderValue instance.

ToString()

現在の ContentDispositionHeaderValue オブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current ContentDispositionHeaderValue object.

TryParse(String, ContentDispositionHeaderValue)

文字列が有効な ContentDispositionHeaderValue 情報かどうかを判断します。Determines whether a string is valid ContentDispositionHeaderValue information.

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()

現在の ContentDispositionHeaderValue インスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。Creates a new object that is a copy of the current ContentDispositionHeaderValue instance.

適用対象