HttpMessageHandler クラス

定義

HTTP メッセージ ハンドラーの基本データ型。A base type for HTTP message handlers.

public ref class HttpMessageHandler abstract : IDisposable
public abstract class HttpMessageHandler : IDisposable
type HttpMessageHandler = class
    interface IDisposable
Public MustInherit Class HttpMessageHandler
Implements IDisposable
継承
HttpMessageHandler
派生
実装

注釈

さまざまな HTTP メッセージハンドルを使用できます。There are various HTTP message handles that can be used. 次のようなものがあります。These include the following.

  1. DelegatingHandler-ハンドラーをハンドラーチェーンに接続するために使用されるクラス。DelegatingHandler - A class used to plug a handler into a handler chain.

  2. HttpMessageHandler-ほとんどのアプリケーションの最も一般的な要件をサポートするから派生する単純なクラスです。HttpMessageHandler - A simple class to derive from that supports the most common requirements for most applications.

  3. HttpClientHandler-HTTP トランスポート操作を実際に処理するハンドラーチェーンの一番下で動作するクラス。HttpClientHandler - A class that operates at the bottom of the handler chain that actually handles the HTTP transport operations.

  4. WebRequestHandler-System.Net.HttpWebRequest オブジェクトに固有のオプションを使用して HTTP トランスポート操作を処理する、ハンドラーチェーンクラスの下部で動作する特別なクラスです。WebRequestHandler - A specialty class that operates at the bottom of the handler chain class that handles HTTP transport operations with options that are specific to the System.Net.HttpWebRequest object.

開発者が HttpMessageHandler からクラスを派生し、SendAsync メソッドをオーバーライドする場合、SendAsync が異なるスレッドによって同時に呼び出されるようにする必要があります。If developers derive classes from HttpMessageHandler and override the SendAsync method, they must make sure that SendAsync can get called concurrently by different threads.

これは、HttpClient のメソッドを同時に呼び出すことができ、スレッドセーフを保証する必要があるために必要です。This is necessary since methods on HttpClient can be called concurrently and need a guarantee of thread safety. そのため、HttpClient インスタンスにハンドラーが割り当てられている場合、そのハンドラーの SendAsync メソッドは HttpClient インスタンスによって同時に呼び出され、スレッドセーフである必要があります。So if a handler is assigned to an HttpClient instance, the SendAsync method of the handler may get called concurrently by the HttpClient instance and needs to be thread safe.

コンストラクター

HttpMessageHandler()

HttpMessageHandler クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HttpMessageHandler class.

メソッド

Dispose()

HttpMessageHandler が使用しているアンマネージド リソースを解放し、マネージド リソースを破棄します。Releases the unmanaged resources and disposes of the managed resources used by the HttpMessageHandler.

Dispose(Boolean)

HttpMessageHandlerが使用しているアンマネージド リソースを解放します。オプションとして、マネージド リソースを破棄することもできます。Releases the unmanaged resources used by the HttpMessageHandler and optionally disposes of the managed resources.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
SendAsync(HttpRequestMessage, CancellationToken)

非同期操作として HTTP 要求を送信します。Send an HTTP request as an asynchronous operation.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

適用対象