IHttpClientFactory.CreateClient(String) メソッド

定義

name で指定した論理名に対応する構成を使用して、HttpClient インスタンスを作成および構成します。Creates and configures an HttpClient instance using the configuration that corresponds to the logical name specified by name.

public:
 System::Net::Http::HttpClient ^ CreateClient(System::String ^ name);
public System.Net.Http.HttpClient CreateClient (string name);
abstract member CreateClient : string -> System.Net.Http.HttpClient
Public Function CreateClient (name As String) As HttpClient

パラメーター

name
String

作成するクライアントの論理名。The logical name of the client to create.

戻り値

HttpClient

新しい HttpClient インスタンス。A new HttpClient instance.

注釈

への各呼び出し CreateClient(String) は、新しいインスタンスを返すことが保証されてい HttpClient ます。Each call to CreateClient(String) is guaranteed to return a new HttpClient instance. 呼び出し元は、返されたインスタンスを無期限にキャッシュしたり、使用する HttpClient ブロックで使用をブロックし、必要なときに破棄することができます。Callers may cache the returned HttpClient instance indefinitely or surround its use in a using block to dispose it when desired.

既定の実装では、 IHttpClientFactory パフォーマンスを向上させるために、基になるインスタンスがキャッシュされる場合があり HttpMessageHandler ます。The default IHttpClientFactory implementation may cache the underlying HttpMessageHandler instances to improve performance.

呼び出し元は、返された HttpClient インスタンスのパブリックプロパティを必要に応じて自由に変化させることもできます。Callers are also free to mutate the returned HttpClient instance's public properties as desired.

適用対象