StreamContent クラス

定義

ストリームに基づいて HTTP コンテンツを提供します。Provides HTTP content based on a stream.

public ref class StreamContent : System::Net::Http::HttpContent
public class StreamContent : System.Net.Http.HttpContent
type StreamContent = class
    inherit HttpContent
Public Class StreamContent
Inherits HttpContent
継承
StreamContent

コンストラクター

StreamContent(Stream)

StreamContent クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the StreamContent class.

StreamContent(Stream, Int32)

StreamContent クラスの新しいインスタンスを作成します。Creates a new instance of the StreamContent class.

プロパティ

Headers

RFC 2616 で定義された HTTP コンテンツ ヘッダーを取得します。Gets the HTTP content headers as defined in RFC 2616.

(継承元 HttpContent)

メソッド

CopyToAsync(Stream)

HTTP コンテンツをバイト ストリームにシリアル化し、stream パラメーターとして指定されたストリーム オブジェクトにコピーします。Serialize the HTTP content into a stream of bytes and copies it to the stream object provided as the stream parameter.

(継承元 HttpContent)
CopyToAsync(Stream, TransportContext)

HTTP コンテンツをバイト ストリームにシリアル化し、stream パラメーターとして指定されたストリーム オブジェクトにコピーします。Serialize the HTTP content into a stream of bytes and copies it to the stream object provided as the stream parameter.

(継承元 HttpContent)
CreateContentReadStreamAsync()

非同期操作として HTTP ストリーム コンテンツをメモリ ストリームに書き込みます。Write the HTTP stream content to a memory stream as an asynchronous operation.

Dispose()

HttpContent が使用しているアンマネージド リソースを解放し、マネージド リソースを破棄します。Releases the unmanaged resources and disposes of the managed resources used by the HttpContent.

(継承元 HttpContent)
Dispose(Boolean)

StreamContent が使用しているアンマネージド リソースを解放します。オプションとして、マネージド リソースを破棄することもできます。Releases the unmanaged resources used by the StreamContent and optionally disposes of the managed resources.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
LoadIntoBufferAsync()

HTTP コンテンツを非同期操作としてメモリ バッファーにシリアル化します。Serialize the HTTP content to a memory buffer as an asynchronous operation.

(継承元 HttpContent)
LoadIntoBufferAsync(Int64)

HTTP コンテンツを非同期操作としてメモリ バッファーにシリアル化します。Serialize the HTTP content to a memory buffer as an asynchronous operation.

(継承元 HttpContent)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ReadAsByteArrayAsync()

非同期操作として HTTP コンテンツをバイト配列にシリアル化します。Serialize the HTTP content to a byte array as an asynchronous operation.

(継承元 HttpContent)
ReadAsStreamAsync()

HTTP コンテンツをシリアル化し、非同期操作としてコンテンツを表すストリームを返します。Serialize the HTTP content and return a stream that represents the content as an asynchronous operation.

(継承元 HttpContent)
ReadAsStringAsync()

非同期操作として HTTP コンテンツを文字列にシリアル化します。Serialize the HTTP content to a string as an asynchronous operation.

(継承元 HttpContent)
SerializeToStreamAsync(Stream, TransportContext)

非同期操作として HTTP コンテンツをストリームにシリアル化します。Serialize the HTTP content to a stream as an asynchronous operation.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
TryComputeLength(Int64)

ストリーム コンテンツが有効なバイト長であるかどうかを判断します。Determines whether the stream content has a valid length in bytes.

適用対象