HttpListener.Abort HttpListener.Abort HttpListener.Abort HttpListener.Abort Method

定義

すぐに HttpListener オブジェクトをシャットダウンし、現在キューに置かれているすべての要求を破棄します。Shuts down the HttpListener object immediately, discarding all currently queued requests.

public:
 void Abort();
public void Abort ();
member this.Abort : unit -> unit
Public Sub Abort ()

次のコード例は、このメソッドの呼び出しを示しています。The following code example demonstrates calling this method.

public static void CheckTestUrl(HttpListener listener, HttpListenerRequest request)
{
    if (request.RawUrl == "/www.contoso.com/test/NoReply")
    {
        listener.Abort ();
        return;
    }

}
Public Shared Sub CheckTestUrl(ByVal listener As HttpListener, ByVal request As HttpListenerRequest)
    If request.RawUrl = "/www.contoso.com/test/NoReply" Then
        listener.Abort()
        Return
    End If
End Sub

注釈

このメソッドは、このリスナーによって保持されているすべてのリソースを破棄します。This method disposes of all resources held by this listener. 保留中の要求は完了できません。Any pending requests are unable to complete.

このメソッドを呼び出した後、をObjectDisposedException HttpListener使用しようとすると、が表示されます。After calling this method, you will receive an ObjectDisposedException if you attempt to use this HttpListener.

注意 (呼び出し元)

このメンバーは、アプリケーションでネットワーク トレースが有効にされている場合にトレース情報を出力します。This member outputs trace information when you enable network tracing in your application. 詳細については、「 .NET Framework のネットワークトレース」を参照してください。For more information, see Network Tracing in the .NET Framework.

適用対象