HttpWebRequest クラス

定義

WebRequest クラスの HTTP 固有の実装を提供します。Provides an HTTP-specific implementation of the WebRequest class.

public ref class HttpWebRequest : System::Net::WebRequest, System::Runtime::Serialization::ISerializable
[System.Serializable]
public class HttpWebRequest : System.Net.WebRequest, System.Runtime.Serialization.ISerializable
type HttpWebRequest = class
    inherit WebRequest
    interface ISerializable
Public Class HttpWebRequest
Inherits WebRequest
Implements ISerializable
継承
属性
実装

URI http://www.contoso.com/HttpWebRequest を作成するコード例を次に示します。The following code example creates an HttpWebRequest for the URI http://www.contoso.com/.

HttpWebRequest^ myReq = dynamic_cast<HttpWebRequest^>(WebRequest::Create( "http://www.contoso.com/" ));

HttpWebRequest myReq =
(HttpWebRequest)WebRequest.Create("http://www.contoso.com/");


Dim myReq As HttpWebRequest = _
    WebRequest.Create("http://www.contoso.com/")

注釈

重要

新規の開発には HttpWebRequest を使用しないことをお勧めします。We don't recommend that you use HttpWebRequest for new development. 代わりに、System.Net.Http.HttpClient クラスを使用します。Instead, use the System.Net.Http.HttpClient class.

HttpWebRequest クラスは、WebRequest で定義されているプロパティとメソッド、および HTTP を使用してユーザーが直接サーバーと対話できるようにする追加のプロパティとメソッドをサポートします。The HttpWebRequest class provides support for the properties and methods defined in WebRequest and for additional properties and methods that enable the user to interact directly with servers using HTTP.

HttpWebRequest コンストラクターは使用しないでください。Do not use the HttpWebRequest constructor. WebRequest.Create メソッドを使用して、新しい HttpWebRequest オブジェクトを初期化します。Use the WebRequest.Create method to initialize new HttpWebRequest objects. Uniform Resource Identifier (URI) のスキームが http:// または https://の場合、CreateHttpWebRequest オブジェクトを返します。If the scheme for the Uniform Resource Identifier (URI) is http:// or https://, Create returns an HttpWebRequest object.

GetResponse メソッドは、RequestUri プロパティで指定されたリソースへの同期要求を行い、応答オブジェクトを含む HttpWebResponse を返します。The GetResponse method makes a synchronous request to the resource specified in the RequestUri property and returns an HttpWebResponse that contains the response object. 応答データは、GetResponseStreamによって返されたストリームを使用して受信できます。The response data can be received by using the stream returned by GetResponseStream. 応答オブジェクトまたは応答ストリームが閉じている場合、残りのデータは失わになります。If the response object or the response stream is closed, remaining data will be forfeited. 残りのデータはドレインされ、次の条件に該当する場合は、応答オブジェクトまたはストリームを閉じるときに、後続の要求に対してソケットが再利用されます。これは、次のような状況が発生した場合、受信する必要があるデータの量が少ない場合、または残りのデータは、短い間隔で受信されます。The remaining data will be drained and the socket will be re-used for subsequent requests when closing the response object or stream if the following conditions hold: it's a keep-alive or pipelined request, only a small amount of data needs to be received, or the remaining data is received in a small time interval. 上記のいずれの条件も保持しない場合、またはドレイン時間を超過した場合、ソケットは閉じられます。If none of the mentioned conditions hold or the drain time is exceeded, the socket will be closed. キープアライブまたはパイプライン接続の場合、アプリケーションが EOF までストリームを読み取ることを強くお勧めします。For keep-alive or pipelined connections, we strongly recommend that the application reads the streams until EOF. これにより、後続の要求でソケットが再利用されるため、パフォーマンスが向上し、使用されるリソースが少なくなります。This ensures that the socket will be re-used for subsequent requests resulting in better performance and less resources used.

リソースにデータを送信する場合、GetRequestStream メソッドは、データの送信に使用する Stream オブジェクトを返します。When you want to send data to the resource, the GetRequestStream method returns a Stream object to use to send data. BeginGetRequestStream メソッドと EndGetRequestStream メソッドは、送信データストリームへの非同期アクセスを提供します。The BeginGetRequestStream and EndGetRequestStream methods provide asynchronous access to the send data stream.

HttpWebRequestを使用したクライアント認証の場合、クライアント証明書は、現在のユーザーの My 証明書ストアにインストールする必要があります。For client authentication with HttpWebRequest, the client certificate must be installed in the My certificate store of the current user.

HttpWebRequest クラスは、リソースへのアクセス中にエラーが発生した場合に WebException をスローします。The HttpWebRequest class throws a WebException when errors occur while accessing a resource. WebException.Status プロパティには、エラーの原因を示す WebExceptionStatus 値が含まれています。The WebException.Status property contains a WebExceptionStatus value that indicates the source of the error. WebException.StatusWebExceptionStatus.ProtocolError場合、Response プロパティには、リソースから受信した HttpWebResponse が含まれます。When WebException.Status is WebExceptionStatus.ProtocolError, the Response property contains the HttpWebResponse received from the resource.

HttpWebRequest は、インターネットリソースに送信される一般的な HTTP ヘッダー値をプロパティとして、メソッドによって設定、またはシステムによって設定します。次の表に、完全な一覧を示します。HttpWebRequest exposes common HTTP header values sent to the Internet resource as properties, set by methods, or set by the system; the following table contains a complete list. Headers プロパティの他のヘッダーは、名前と値のペアとして設定できます。You can set other headers in the Headers property as name/value pairs. サーバーとキャッシュは、要求中にヘッダーを変更または追加できることに注意してください。Note that servers and caches may change or add headers during the request.

次の表に、プロパティまたはメソッドまたはシステムによって設定される HTTP ヘッダーの一覧を示します。The following table lists the HTTP headers that are set either by properties or methods or the system.

HeaderHeader 設定者Set by
AcceptAccept Accept プロパティによって設定されます。Set by the Accept property.
ConnectionConnection Connection プロパティ、KeepAlive プロパティによって設定されます。Set by the Connection property, KeepAlive property.
ContentLengthContent-Length ContentLength プロパティによって設定されます。Set by the ContentLength property.
コンテンツの種類Content-Type ContentType プロパティによって設定されます。Set by the ContentType property.
ExpectExpect Expect プロパティによって設定されます。Set by the Expect property.
DateDate システムによって現在の日付に設定されます。Set by the system to current date.
HostHost システムによって現在のホスト情報に設定されます。Set by the system to current host information.
If-Modified-SinceIf-Modified-Since IfModifiedSince プロパティによって設定されます。Set by the IfModifiedSince property.
範囲Range AddRange メソッドによって設定されます。Set by the AddRange method.
RefererReferer Referer プロパティによって設定されます。Set by the Referer property.
転送-エンコードTransfer-Encoding TransferEncoding プロパティによって設定されます (SendChunked プロパティは trueである必要があります)。Set by the TransferEncoding property (the SendChunked property must be true).
User-AgentUser-Agent UserAgent プロパティによって設定されます。Set by the UserAgent property.

注意

HttpWebRequest は自動的に登録されます。HttpWebRequest is registered automatically. http:// または https://で始まる Uri を使用する前に、System.Net.HttpWebRequest を登録するために RegisterPrefix メソッドを呼び出す必要はありません。You do not need to call the RegisterPrefix method to register System.Net.HttpWebRequest before using URIs beginning with http:// or https://.

ローカルコンピューターまたはアプリケーション構成ファイルで、既定のプロキシを使用するように指定できます。The local computer or application config file may specify that a default proxy be used. Proxy プロパティが指定されている場合、Proxy プロパティのプロキシ設定がローカルコンピューターまたはアプリケーション構成ファイルより優先され、HttpWebRequest インスタンスは指定されたプロキシ設定を使用します。If the Proxy property is specified, then the proxy settings from the Proxy property override the local computer or application config file and the HttpWebRequest instance will use the proxy settings specified. 構成ファイルでプロキシが指定されておらず、Proxy プロパティが指定されていない場合、HttpWebRequest クラスは、ローカルコンピューター上の Internet Explorer から継承されたプロキシ設定を使用します。If no proxy is specified in a config file and the Proxy property is unspecified, the HttpWebRequest class uses the proxy settings inherited from Internet Explorer on the local computer. Internet Explorer にプロキシ設定がない場合、要求はサーバーに直接送信されます。If there are no proxy settings in Internet Explorer, the request is sent directly to the server.

HttpWebRequestクラスがワイルドカード文字を Internet Explorer によって直接解析バイパス リストよりも異なる方法で Internet Explorer から継承プロキシ バイ パスの一覧を解析します。The HttpWebRequest class parses a proxy bypass list with wildcard characters inherited from Internet Explorer differently than the bypass list is parsed directly by Internet Explorer. たとえば、HttpWebRequestクラスでは「nt *」Internet Explorer からのバイパス リストを解析の正規表現として"nt.$"です。For example, the HttpWebRequest class will parse a bypass list of "nt*" from Internet Explorer as a regular expression of "nt.$". これは、Internet Explorer のネイティブの動作とは異なります。This differs from the native behavior of Internet Explorer. これの URL"http://intxxxxx"を使用してプロキシを使用しないと、HttpWebRequestクラスが、Internet Explorer を使用してプロキシをバイパスできません。So a URL of "http://intxxxxx" would bypass the proxy using the HttpWebRequest class, but would not bypass the proxy using Internet Explorer.

注意

フレームワークは、作成時に SSL セッションをキャッシュし、可能であれば、新しい要求に対してキャッシュされたセッションの再利用を試みます。The Framework caches SSL sessions as they are created and attempts to reuse a cached session for a new request, if possible. SSL セッションを再利用しようとすると、フレームワークは ClientCertificates (存在する場合) の最初の要素を使用するか、ClientCertificates が空の場合は匿名セッションを再利用しようとします。When attempting to reuse an SSL session, the Framework uses the first element of ClientCertificates (if there is one), or tries to reuse an anonymous sessions if ClientCertificates is empty.

注意

セキュリティ上の理由から、cookie は既定で無効になっています。For security reasons, cookies are disabled by default. Cookie を使用する場合は、CookieContainer プロパティを使用して cookie を有効にします。If you want to use cookies, use the CookieContainer property to enable cookies.

.NET Framework 4.6 には、安全でない暗号およびハッシュ アルゴリズムの接続をブロックする、新しいセキュリティ機能が含まれています。The .NET Framework 4.6 includes a new security feature that blocks insecure cipher and hashing algorithms for connections. HttpClient、HttpWebRequest、FTPClient、SmtpClient、SslStream などの API を介して TLS/SSL を使用して、.NET Framework 4.6 を対象とするアプリケーションは、既定でセキュリティが強化された動作を取得します。Applications using TLS/SSL through APIs such as HttpClient, HttpWebRequest, FTPClient, SmtpClient, SslStream, etc. and targeting .NET Framework 4.6 get the more-secure behavior by default.

開発者は、既存の SSL3 サービスや TLS (RC4) サービスとの相互運用性を維持するために、この動作を無効にすることができます。Developers may want to opt out of this behavior in order to maintain interoperability with their existing SSL3 services OR TLS w/ RC4 services. この記事では、新しい動作が無効になるようにコードを変更する方法について説明します。This article explains how to modify your code so that the new behavior is disabled.

コンストラクター

HttpWebRequest()

HttpWebRequest クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HttpWebRequest class. このコンストラクターは今後は使用しません。This constructor is obsolete.

HttpWebRequest(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo クラスと StreamingContext クラスの指定したインスタンスから、HttpWebRequest クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HttpWebRequest class from the specified instances of the SerializationInfo and StreamingContext classes. このコンストラクターは今後は使用しません。This constructor is obsolete.

HttpWebRequest(Uri)

プロパティ

Accept

Accept HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the Accept HTTP header.

Address

要求に実際に応答するインターネット リソースの URI (Uniform Resource Identifier) を取得します。Gets the Uniform Resource Identifier (URI) of the Internet resource that actually responds to the request.

AllowAutoRedirect

要求がリダイレクト応答に従うかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether the request should follow redirection responses.

AllowReadStreamBuffering

インターネット リソースから受け取ったデータをバッファリングするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to buffer the received from the Internet resource.

AllowWriteStreamBuffering

インターネット リソースに送信するデータをバッファリングするかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to buffer the data sent to the Internet resource.

AuthenticationLevel

この要求で使用する認証レベルおよび偽装レベルを示す値を取得または設定します。Gets or sets values indicating the level of authentication and impersonation used for this request.

(継承元 WebRequest)
AutomaticDecompression

使用される圧縮解除の種類を取得または設定します。Gets or sets the type of decompression that is used.

CachePolicy

この要求のキャッシュ ポリシーを取得または設定します。Gets or sets the cache policy for this request.

(継承元 WebRequest)
ClientCertificates

この要求に関連付けられているセキュリティ証明書のコレクションを取得または設定します。Gets or sets the collection of security certificates that are associated with this request.

Connection

Connection HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the Connection HTTP header.

ConnectionGroupName

要求に対して使用する接続グループの名前を取得または設定します。Gets or sets the name of the connection group for the request.

ContentLength

Content-length HTTP ヘッダーを取得または設定します。Gets or sets the Content-length HTTP header.

ContentType

Content-type HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the Content-type HTTP header.

ContinueDelegate

インターネット リソースから HTTP 100-continue 応答を受信したときに呼び出されるデリゲート メソッドを取得または設定します。Gets or sets the delegate method called when an HTTP 100-continue response is received from the Internet resource.

ContinueTimeout

100 回の続行まで待機するミリ秒単位のタイムアウト値をサーバーから取得または設定します。Gets or sets a timeout, in milliseconds, to wait until the 100-Continue is received from the server.

CookieContainer

要求に関連付けられているクッキーを取得または設定します。Gets or sets the cookies associated with the request.

CreatorInstance

派生クラスでオーバーライドされると、IWebRequestCreate クラスから派生するファクトリ オブジェクトを取得します。このクラスは、指定 URI に対して要求を行うためにインスタンス化される WebRequest を作成するために使用されます。When overridden in a descendant class, gets the factory object derived from the IWebRequestCreate class used to create the WebRequest instantiated for making the request to the specified URI.

(継承元 WebRequest)
Credentials

要求に対して使用する認証情報を取得または設定します。Gets or sets authentication information for the request.

Date

HTTP 要求で使用する Date HTTP ヘッダー値を取得または設定します。Gets or sets the Date HTTP header value to use in an HTTP request.

DefaultCachePolicy

この要求の既定のキャッシュ ポリシーを取得または設定します。Gets or sets the default cache policy for this request.

DefaultMaximumErrorResponseLength

HTTP エラー応答の既定の最大長を取得または設定します。Gets or sets the default maximum length of an HTTP error response.

DefaultMaximumResponseHeadersLength

MaximumResponseHeadersLength プロパティの既定値を取得または設定します。Gets or sets the default for the MaximumResponseHeadersLength property.

Expect

Expect HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the Expect HTTP header.

HaveResponse

インターネット リソースから応答が受信されたかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether a response has been received from an Internet resource.

Headers

HTTP ヘッダーを構成する名前と値のペアのコレクションを指定します。Specifies a collection of the name/value pairs that make up the HTTP headers.

Host

要求 URI に依存しない HTTP 要求で使用する Host ヘッダー値を取得または設定します。Gets or sets the Host header value to use in an HTTP request independent from the request URI.

IfModifiedSince

If-Modified-Since HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the If-Modified-Since HTTP header.

ImpersonationLevel

現在の要求に対する偽装レベルを取得または設定します。Gets or sets the impersonation level for the current request.

(継承元 WebRequest)
KeepAlive

インターネット リソースへの永続的な接続を行うかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to make a persistent connection to the Internet resource.

MaximumAutomaticRedirections

要求によって実行されるリダイレクトの最大数を取得または設定します。Gets or sets the maximum number of redirects that the request follows.

MaximumResponseHeadersLength

応答ヘッダーの許容最大長を取得または設定します。Gets or sets the maximum allowed length of the response headers.

MediaType

要求のメディア タイプを取得または設定します。Gets or sets the media type of the request.

Method

要求に対して使用するメソッドを取得または設定します。Gets or sets the method for the request.

Pipelined

インターネット リソースへの要求をパイプライン処理するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to pipeline the request to the Internet resource.

PreAuthenticate

要求で Authorization ヘッダーを送信するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to send an Authorization header with the request.

ProtocolVersion

要求に対して使用する HTTP バージョンを取得または設定します。Gets or sets the version of HTTP to use for the request.

Proxy

要求に対して使用するプロキシ情報を取得または設定します。Gets or sets proxy information for the request.

ReadWriteTimeout

ストリームへの書き込み時またはストリームからの読み取り時のタイムアウト (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets a time-out in milliseconds when writing to or reading from a stream.

Referer

Referer HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the Referer HTTP header.

RequestUri

要求の元の URI (Uniform Resource Identifier) を取得します。Gets the original Uniform Resource Identifier (URI) of the request.

SendChunked

インターネット リソースへセグメント単位でデータを送信するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to send data in segments to the Internet resource.

ServerCertificateValidationCallback

サーバー証明書を検証するコールバック関数を取得または設定します。Gets or sets a callback function to validate the server certificate.

ServicePoint

要求に対して使用するサービス ポイントを取得します。Gets the service point to use for the request.

SupportsCookieContainer

要求が CookieContainer をサポートするかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the request provides support for a CookieContainer.

Timeout

GetResponse() メソッドと GetRequestStream() メソッドのタイムアウト値 (ミリ秒単位) を取得または設定します。Gets or sets the time-out value in milliseconds for the GetResponse() and GetRequestStream() methods.

TransferEncoding

Transfer-encoding HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the Transfer-encoding HTTP header.

UnsafeAuthenticatedConnectionSharing

高速 NTLM 認証された接続共有を許可するかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value that indicates whether to allow high-speed NTLM-authenticated connection sharing.

UseDefaultCredentials

既定の資格情報が要求と共に送信されるかどうかを制御する Boolean 値を取得または設定します。Gets or sets a Boolean value that controls whether default credentials are sent with requests.

UserAgent

User-agent HTTP ヘッダーの値を取得または設定します。Gets or sets the value of the User-agent HTTP header.

メソッド

Abort()

インターネット リソースへの要求を取り消します。Cancels a request to an Internet resource.

AddRange(Int32)

要求されたデータの先頭または末尾からの特定の範囲の要求にバイト範囲ヘッダーを追加します。Adds a byte range header to a request for a specific range from the beginning or end of the requested data.

AddRange(Int32, Int32)

指定した範囲の要求にバイト範囲ヘッダーを追加します。Adds a byte range header to the request for a specified range.

AddRange(Int64)

要求されたデータの先頭または末尾からの特定の範囲の要求にバイト範囲ヘッダーを追加します。Adds a byte range header to a request for a specific range from the beginning or end of the requested data.

AddRange(Int64, Int64)

指定した範囲の要求にバイト範囲ヘッダーを追加します。Adds a byte range header to the request for a specified range.

AddRange(String, Int32)

要求されたデータの先頭または末尾からの特定の範囲の要求に Range ヘッダーを追加します。Adds a Range header to a request for a specific range from the beginning or end of the requested data.

AddRange(String, Int32, Int32)

指定した範囲の要求に範囲ヘッダーを追加します。Adds a range header to a request for a specified range.

AddRange(String, Int64)

要求されたデータの先頭または末尾からの特定の範囲の要求に Range ヘッダーを追加します。Adds a Range header to a request for a specific range from the beginning or end of the requested data.

AddRange(String, Int64, Int64)

指定した範囲の要求に範囲ヘッダーを追加します。Adds a range header to a request for a specified range.

BeginGetRequestStream(AsyncCallback, Object)

データを書き込むために使用する Stream オブジェクトの非同期要求を開始します。Begins an asynchronous request for a Stream object to use to write data.

BeginGetResponse(AsyncCallback, Object)

インターネット リソースへの非同期要求を開始します。Begins an asynchronous request to an Internet resource.

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。Creates an object that contains all the relevant information required to generate a proxy used to communicate with a remote object.

(継承元 MarshalByRefObject)
EndGetRequestStream(IAsyncResult)

データを書き込むために使用する Stream オブジェクトの非同期要求を終了します。Ends an asynchronous request for a Stream object to use to write data.

EndGetRequestStream(IAsyncResult, TransportContext)

データを書き込むために使用する Stream オブジェクトに対する非同期要求を終了し、そのストリームに関連付けられている TransportContext を出力します。Ends an asynchronous request for a Stream object to use to write data and outputs the TransportContext associated with the stream.

EndGetResponse(IAsyncResult)

インターネット リソースへの非同期要求を終了します。Ends an asynchronous request to an Internet resource.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

WebRequest インスタンスのハッシュ値を返します。Returns a hash value for a WebRequest instance.

GetLifetimeService()

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。Retrieves the current lifetime service object that controls the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo に、ターゲット オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを設定します。Populates a SerializationInfo with the data required to serialize the target object.

GetRequestStream()

要求データを書き込むために使用する Stream オブジェクトを取得します。Gets a Stream object to use to write request data.

GetRequestStream(TransportContext)

要求データを書き込むために使用する Stream オブジェクトを取得し、そのストリームに関連付けられている TransportContext を出力します。Gets a Stream object to use to write request data and outputs the TransportContext associated with the stream.

GetRequestStreamAsync()

派生クラスでオーバーライドされると、インターネット リソースへのデータ書き込みの Stream を非同期操作として返します。When overridden in a descendant class, returns a Stream for writing data to the Internet resource as an asynchronous operation.

(継承元 WebRequest)
GetResponse()

インターネット リソースからの応答を返します。Returns a response from an Internet resource.

GetResponseAsync()

派生クラスでオーバーライドされると、インターネット要求への応答を非同期操作として返します。When overridden in a descendant class, returns a response to an Internet request as an asynchronous operation.

(継承元 WebRequest)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。Obtains a lifetime service object to control the lifetime policy for this instance.

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current MarshalByRefObject object.

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo に、オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを設定します。Populates a SerializationInfo with the data needed to serialize the target object.

セキュリティ

WebPermission
要求された URI または要求のリダイレクト先の URI にアクセスする場合は。to access the requested URI or any URI that the request is redirected to. 関連付けられた列挙型: ConnectAssociated enumeration: Connect

適用対象

こちらもご覧ください