SmtpClient.EnableSsl SmtpClient.EnableSsl SmtpClient.EnableSsl SmtpClient.EnableSsl Property

定義

SmtpClient が、接続を暗号化するために SSL (Secure Sockets Layer) を使用するかどうかを指定します。 Specify whether the SmtpClient uses Secure Sockets Layer (SSL) to encrypt the connection.

public:
 property bool EnableSsl { bool get(); void set(bool value); };
public bool EnableSsl { get; set; }
member this.EnableSsl : bool with get, set
Public Property EnableSsl As Boolean
プロパティ値

SmtpClient が SSL を使用する場合は true。それ以外の場合は false true if the SmtpClient uses SSL; otherwise, false. 既定値は、false です。 The default is false.

次のコード例では、SMTP サーバーで SSL 接続を確立し、接続を使用して電子メールを送信します。The following code example establishes an SSL connection with the SMTP server and uses the connection to send an email.

public static void CreateTestMessage(string server)
{
	string to = "jane@contoso.com";
	string from = "ben@contoso.com";
	MailMessage message = new MailMessage(from, to);
	message.Subject = "Using the new SMTP client.";
	message.Body = @"Using this new feature, you can send an email message from an application very easily.";
	SmtpClient client = new SmtpClient(server);
	// Credentials are necessary if the server requires the client 
	// to authenticate before it will send email on the client's behalf.
	client.UseDefaultCredentials = true;
                      client.EnableSsl = true;
	client.Send(message);
}

注釈

EnableSslプロパティは、指定の SMTP メール サーバーへのアクセスに SSL が使用されるかどうかを指定します。The EnableSsl property specifies whether SSL is used to access the specified SMTP mail server.

このプロパティの既定値は、マシンで設定することもできます。 またはアプリケーション構成ファイル。The default value for this property can also be set in a machine or application configuration file. 加えられた変更、EnableSslプロパティは、構成ファイルの設定をオーバーライドします。Any changes made to the EnableSsl property override the configuration file settings.

SmtpClientクラスのみをサポート SMTP サービスの拡張機能のセキュリティで保護された SMTP トランスポート層セキュリティ経由で RFC 3207 で定義されています。The SmtpClient class only supports the SMTP Service Extension for Secure SMTP over Transport Layer Security as defined in RFC 3207. このモードでは、SMTP セッションの非暗号化チャネルで開始し、STARTTLS コマンドが SSL を使用してセキュリティで保護された通信を切り替えるためにサーバーにクライアントによって発行されたします。In this mode, the SMTP session begins on an unencrypted channel, then a STARTTLS command is issued by the client to the server to switch to secure communication using SSL. 詳細についてはインターネット技術標準化委員会 (IETF) によって発行された RFC 3207 を参照してください。See RFC 3207 published by the Internet Engineering Task Force (IETF) for more information.

代替の接続方法は、任意のプロトコルのコマンドを送信する前の SSL セッションの事前の確立します。An alternate connection method is where an SSL session is established up front before any protocol commands are sent. この接続方法が、SMTP/SSL とも呼ばれます、SMTP 経由で、SSL または SMTPS され、既定では、ポート 465 を使用します。This connection method is sometimes called SMTP/SSL, SMTP over SSL, or SMTPS and by default uses port 465. SSL を使用してこの代替の接続方法は現在サポートされていません。This alternate connection method using SSL is not currently supported.

使用することができますClientCertificatesを指定するクライアント証明書を SSL 接続を確立するために使用する必要があります。You can use ClientCertificates to specify which client certificates should be used to establish the SSL connection. ServerCertificateValidationCallback SMTP サーバーによって提供された証明書を拒否することができます。The ServerCertificateValidationCallback allows you to reject the certificate provided by the SMTP server. SecurityProtocolプロパティでは、使用する SSL プロトコルのバージョンを指定することができます。The SecurityProtocol property allows you to specify the version of the SSL protocol to use.

注意

場合、EnableSslプロパティに設定されてtrue、SMTP メール サーバーが、EHLO への応答で STARTTLS コマンドは、その後への呼び出しをアドバタイズしていないと、SendまたはSendAsyncメソッドがスローされます、SmtpExceptionします。If the EnableSsl property is set to true, and the SMTP mail server does not advertise STARTTLS in the response to the EHLO command, then a call to the Send or SendAsync methods will throw an SmtpException.

適用対象

こちらもご覧ください