PingOptions コンストラクター

定義

PingOptions クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

PingOptions()

PingOptions クラスの新しいインスタンスを初期化します。

PingOptions(Int32, Boolean)

PingOptions クラスの新しいインスタンスを初期化し、有効期間 (TTL) とフラグメンテーションの値を設定します。

PingOptions()

PingOptions クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 PingOptions();
public PingOptions ();
Public Sub New ()

次のコード例は、このコンストラクターを呼び出す方法を示しています。

Ping ^ pingSender = gcnew Ping;
PingOptions ^ options = gcnew PingOptions;

// Use the default Ttl value which is 128,
// but change the fragmentation behavior.
options->DontFragment = true;
Ping pingSender = new Ping ();
PingOptions options = new PingOptions ();

// Use the default Ttl value which is 128,
// but change the fragmentation behavior.
options.DontFragment = true;

注釈

次の表に、のインスタンスのプロパティの初期値を示し PingOptions ます。

プロパティ 初期値
Ttl 128
DontFragment false

またはを呼び出す前に、プロパティを新しい値に設定でき Send SendAsync ます。

適用対象

PingOptions(Int32, Boolean)

PingOptions クラスの新しいインスタンスを初期化し、有効期間 (TTL) とフラグメンテーションの値を設定します。

public:
 PingOptions(int ttl, bool dontFragment);
public PingOptions (int ttl, bool dontFragment);
new System.Net.NetworkInformation.PingOptions : int * bool -> System.Net.NetworkInformation.PingOptions
Public Sub New (ttl As Integer, dontFragment As Boolean)

パラメーター

ttl
Int32

Ping データ パケットを転送できる回数を指定する 1 以上の Int32 値。

dontFragment
Boolean

リモート ホストに送信するデータが断片化されないようにするには true。それ以外の場合は false

例外

ttl が 0 以下です。

次のコード例は、このコンストラクターを呼び出し、新しいインスタンスのプロパティ値を表示する方法を示しています。

// Set options for transmission:
// The data can go through 64 gateways or routers
// before it is destroyed, and the data packet
// cannot be fragmented.
PingOptions ^ options = gcnew PingOptions( 64,true );
Console::WriteLine( "Time to live: {0}", options->Ttl );
Console::WriteLine( "Don't fragment: {0}", options->DontFragment );
// Set options for transmission:
// The data can go through 64 gateways or routers
// before it is destroyed, and the data packet
// cannot be fragmented.
PingOptions options = new PingOptions (64, true);

Console.WriteLine ("Time to live: {0}", options.Ttl);
Console.WriteLine ("Don't fragment: {0}", options.DontFragment);

注釈

パラメーターは、 ttl データを転送できるルーターとゲートウェイの数を制限します。 これは、ローカルコンピューターとリモートコンピューター間のルートの長さをテストする場合に便利です。 パラメーターを使用すると、 dontFragment パケットの送信に使用されるルーターとゲートウェイの最大転送単位 (MTU) をテストできます。

適用対象