PingOptions.DontFragment プロパティ

定義

リモート ホストに送信するデータのフラグメンテーションを制御する Boolean 値を取得または設定します。

public:
 property bool DontFragment { bool get(); void set(bool value); };
public bool DontFragment { get; set; }
member this.DontFragment : bool with get, set
Public Property DontFragment As Boolean

プロパティ値

Boolean

複数のパケットに分けてデータを送信できない場合は true。それ以外の場合は false。 既定値は、false です。

次のコード例は、コンストラクターを使用してこのプロパティの値を設定し、値を表示する方法を示して PingOptions います。

// Set options for transmission:
// The data can go through 64 gateways or routers
// before it is destroyed, and the data packet
// cannot be fragmented.
PingOptions ^ options = gcnew PingOptions( 64,true );
Console::WriteLine( "Time to live: {0}", options->Ttl );
Console::WriteLine( "Don't fragment: {0}", options->DontFragment );
// Set options for transmission:
// The data can go through 64 gateways or routers
// before it is destroyed, and the data packet
// cannot be fragmented.
PingOptions options = new PingOptions (64, true);

Console.WriteLine ("Time to live: {0}", options.Ttl);
Console.WriteLine ("Don't fragment: {0}", options.DontFragment);

注釈

アプリケーションでは、このプロパティを使用して、クラスによってリモートホストに送信されるデータを Ping 複数のパケットに分割できるかどうかを制御します。 このオプションは、パケットの送信に使用されるルーターとゲートウェイの最大転送単位 (MTU) をテストする場合に便利です。 このプロパティがで、 true リモートホストに送信されたデータが、送信側とリモートホストの間のゲートウェイまたはルーターの MTU を超える場合、ping 操作は失敗し、状態が返され PacketTooBig ます。

適用対象