Peer クラス

定義

このクラスはリモート ピアを表します。This class represents a remote peer.

public ref class Peer abstract : IDisposable, IEquatable<System::Net::PeerToPeer::Collaboration::Peer ^>, System::Runtime::Serialization::ISerializable
[System.Serializable]
public abstract class Peer : IDisposable, IEquatable<System.Net.PeerToPeer.Collaboration.Peer>, System.Runtime.Serialization.ISerializable
type Peer = class
    interface IDisposable
    interface IEquatable<Peer>
    interface ISerializable
Public MustInherit Class Peer
Implements IDisposable, IEquatable(Of Peer), ISerializable
継承
Peer
派生
属性
実装

注釈

抽象Peerクラスの目的は、やPeerContactなどPeerNearMeの派生クラスで共有できる共通の基本クラス定義を提供することです。The purpose of the abstract Peer class is to provide a common base class definition that can be shared by derived classes such as PeerNearMe and PeerContact. 抽象であるため、直接構築することはできません。It cannot be directly constructed, since it is abstract. 開発者は、代わりにサブクラス PeerNearMe または PeerContact を使用する必要があります。Developers should use the subclasses PeerNearMe or PeerContact instead.

Contact、peer、remote peer、 PeerNearMe LocalContact、、およびPeerContactは、コンテキストに基づいて同義の用語です。Contact, peer, remote peer, PeerNearMe, LocalContact, and PeerContact are synonymous terms, based on context.

"呼び出し元のピア" と "リモートピア" は、一般的に同義です。"Calling peer" and "remote peer" are commonly synonymous. 呼び出し元のピアは、指定されたメソッドを呼び出すアプリケーションを参照していません。Calling peer does not refer to the application calling a given method.

コンストラクター

Peer(SerializationInfo, StreamingContext)

Peer 型の新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the Peer type.

プロパティ

IsOnline

Peer が現在 "オンライン" であるかどうかを指定する値を取得します。Gets a value specifying if the Peer is currently 'online'.

PeerEndPoints

PeerEndPointCollection に関連付けられている Peer を取得します。Gets the PeerEndPointCollection associated with the Peer.

SynchronizingObject

このプロパティ値を設定すると、非同期操作の結果として発生したわけではないすべてのイベントが、特定の SynchronizingObject を作成したスレッドでコールバックされるイベント ハンドラーに関連付けられます。When this property value is set, all events not fired as the result of an asynchronous operation will have the associated event handlers called back on the thread that created the specific SynchronizingObject.

メソッド

Dispose()

この Peer オブジェクトによって使用されているすべてのリソースを解放します。Releases all resources used by the Peer object.

Dispose(Boolean)

Peer オブジェクトによって使用されているアンマネージド リソースを解放します。オプションでマネージド リソースも解放できます。Releases the unmanaged resources used by the Peer object and optionally releases the managed resources.

Equals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
Equals(Peer)

現在の Peer と指定されたピアに対し、大文字と小文字を区別する比較を行います。Performs a case-sensitive comparison of the current Peer and the specified peer.

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo オブジェクトに、対象 Peer をシリアル化するために必要なデータを設定します。Populates a SerializationInfo object with the data needed to serialize the target Peer.

GetObjects()

データ オブジェクトのコレクションをローカル キャッシュから取得します。Gets the collection of data objects from a local cache.

GetObjects(Guid)

指定された Peer に関連付けられた Guid オブジェクトを PeerObjectCollection から取得します。Gets the Peer object associated with the supplied Guid from the PeerObjectCollection.

GetPresenceInfo(PeerEndPoint)

PeerEndPoint に関して得ることができるプレゼンス情報を取得します。Gets the available presence information for a PeerEndPoint.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Invite()

Peer に招待を送信して、特定の PeerApplication を起動します。Sends an invitation to a Peer to start a specific PeerApplication.

Invite(PeerApplication, String, Byte[])

Peer に招待を送信して、特定の PeerApplication を起動します。Sends an invitation to a Peer to start a specific PeerApplication.

InviteAsync(Object)

非同期招待操作を開始して、Peer に招待を送信し特定の PeerApplication を開始します。Begins an asynchronous invitation operation which sends an invitation to a Peer to start a specific PeerApplication.

InviteAsync(PeerApplication, String, Byte[], Object)

非同期招待操作を開始して、Peer に招待を送信し特定の PeerApplication を開始します。Begins an asynchronous invitation operation which sends an invitation to a Peer to start a specific PeerApplication.

InviteAsyncCancel(Object)

InviteAsync(PeerApplication, String, Byte[], Object) メソッドで送信された招待をキャンセルします。Cancels the invitation that was sent with the InviteAsync(PeerApplication, String, Byte[], Object) method.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
OnInviteCompleted(InviteCompletedEventArgs)

InviteCompleted イベントを発生させます。Raises the InviteCompleted event.

ToString()

String に関連付けられた PeerName を表す Peer を返します。Returns a String representing the PeerName associated with the Peer.

イベント

InviteCompleted

リモート ピアの招待処理が完了したときに発生します。Raised when the invitation process for a remote peer has completed.

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo クラス インスタンスを、指定した PeerObject インスタンスをシリアル化するのに必要なデータで、事前設定します。Populates a SerializationInfo class instance with the data required to serialize the specified PeerObject instance. 派生型は基本型の GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) メソッドを呼び出す必要があります。A derived type must call the base type GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext) method.

適用対象

こちらもご覧ください