PeerApplication.SynchronizingObject PeerApplication.SynchronizingObject PeerApplication.SynchronizingObject PeerApplication.SynchronizingObject Property

定義

このプロパティ値を設定すると、非同期操作の結果として発生したわけではないすべてのイベントが、特定の SynchronizingObject を作成したスレッドでコールバックされるイベント ハンドラーに関連付けられます。When this property value is set, all events not fired as the result of an asynchronous operation will have the associated event handlers called back on the thread that created the specific SynchronizingObject.

public:
 property System::ComponentModel::ISynchronizeInvoke ^ SynchronizingObject { System::ComponentModel::ISynchronizeInvoke ^ get(); void set(System::ComponentModel::ISynchronizeInvoke ^ value); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke SynchronizingObject { get; set; }
member this.SynchronizingObject : System.ComponentModel.ISynchronizeInvoke with get, set
Public Property SynchronizingObject As ISynchronizeInvoke

プロパティ値

ISynchronizeInvoke インターフェイスを実装したオブジェクト。このオブジェクトは、オブジェクトを作成したスレッドにおいてイベント ハンドラーを同期させるために、この型のインスタンスにより使用されます。Object that implements the ISynchronizeInvoke interface and is used by instances of this type for event handler synchronization on the thread that created it.

例外

呼び出し元のオブジェクトが破棄されています。The calling object has been disposed.

注釈

このプロパティの既定の設定値はnullです。これは、すべてのイベントハンドラーがシステムスレッドプールのスレッドで呼び出されることを示します。The default set value for this property is null, indicating that all event handlers are called on a system thread pool thread.

このプロパティは、通常、 Formインスタンスなどの UI 要素に設定されます。This property is typically set to a UI element such as a Form instance.

適用対象

こちらもご覧ください