PeerNearMe.RefreshDataAsync(Object) PeerNearMe.RefreshDataAsync(Object) PeerNearMe.RefreshDataAsync(Object) PeerNearMe.RefreshDataAsync(Object) Method

定義

ネットワーク操作を開始し、PeerNearMe インスタンスに固有のアプリケーション、オブジェクト、およびプレゼンスの各データを取得します。Initiates a network operation to retrieve the application, object and presence data specific to a PeerNearMe instance.

public:
 void RefreshDataAsync(System::Object ^ userToken);
[System.Security.SecurityCritical]
public void RefreshDataAsync (object userToken);
member this.RefreshDataAsync : obj -> unit
Public Sub RefreshDataAsync (userToken As Object)

パラメーター

userToken
Object Object Object Object

このメソッドが操作を完了したときデリゲートに渡される、ユーザー指定の状態オブジェクト。User-specified state object that is passed to the delegate when this method completes the operation.

例外

PeerNearMe オブジェクトは破棄されました。The PeerNearMe object has been disposed.

引数 userTokennull を指定しています。The userToken argument specifies null.

前の RefreshDataAsync(Object) の呼び出しがまだ完了していません。The prior RefreshDataAsync(Object) call has not yet completed.

注釈

取得されるデータは、 GetApplicationsおよびGetObjects PresenceStatusメソッドとプロパティによってアクセスされるキャッシュに格納されます。The data retrieved is stored in a cache accessed by the GetApplications and GetObjects methods as well as the PresenceStatus property. メソッドInternalRefreshDataは、呼び出し元が指定さPeerれた、 PeerNearMe、またはPeerContactをサブスクライブしていない場合にのみ使用する必要があります。The InternalRefreshData method only needs to be used if the caller is not subscribed to the specified Peer, PeerNearMe, or PeerContact.

このメソッドは、ネットワーク操作が完了してキャッシュが更新されるまで、追加の呼び出しをブロックします。This method blocks additional calls until the network operation is complete and cache has been updated.

呼び出し元は、この操作を正常に完了SignInするために、メソッドまたはのユーザーインターフェイスを使用してサインインする必要はありません。The caller is not required to sign in with the SignIn method or via a user interface in to complete this operation successfully.

適用対象